デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


ひらめきの月曜日
 
魚の練り物で粕漬け作り
板粕。これで1kg。酒屋、スーパーや通販などで買えます。安いものは4、500円ぐらいから買えます。

日本酒作りの際に出る酒粕で、魚の切り身などを漬けた粕漬け。米の飯好きや酒飲みの方は、大体が好きな物ではないでしょうか。

一切れの粕漬けがあれば、ご飯が何杯も、酒も何杯もいけそうになるぐらいうまい物です。食材の旨味を引き出すだけでなく、更に新しいうまさに変えて食材へ追加する。粕漬けは最強のご飯のお供と言ってもいいぐらいでしょう。

しかし、いざ買ってくるとなると意外といい値段します。ならば自分で作ってしまおうという話です。

馬場 吉成



粕漬け作りはとても簡単

粕漬け作りはとても簡単です。用意するものは酒粕。あと、味噌、ミリン、酒なども使います。分量は酒粕の量に対して味噌が3分の1から5分の1ぐらい。ミリン、酒は適量で。


見切り品で安くなっているような切り身で構いません。驚くほど旨くなります。

まず今回は私のオススメの粕漬け食材。鮭の粕漬けをやります。切り身の生鮭を用意してください。生鮭がなければ、多少塩気が強くなりますが甘塩の鮭でも大丈夫です。


鮭の切り身6枚に対して用意した酒粕が500g。味噌は100g入れます。

最初は酒粕と味噌を混ぜ合わせます。


酒粕は包丁などで細かく刻み、ボールに入れて味噌と混ぜ合わせる。
そのままでは硬いので、酒、ミリンを適量入れて延ばす。今回はそれぞれ大サジ5杯程度使ったでしょう。

酒粕と味噌を混ぜ合わせたら酒、ミリンを入れて柔らかくします。それをヘラなどで崩す様によく混ぜて馴染ませる。すり鉢やフードプロセッサーを使ってもいいです。


このぐらいのペースト状になればOK.。酒粕が小さな塊になって残っていても構いません。

よく混ざり、柔らかくなったら切り身を漬けていきます。適当な深さのあるタッパーかジップロックなどの保存容器を用意します。タッパーは一度熱湯をかけて殺菌しておく方がいいです。


まず容器の底に混ぜ合わせた酒粕を薄く敷く。その上に切り身を並べ、切り身の表面全体に酒粕が触れるように、切り身と切り身の間にも入れていきます。
上からも被せて切り身全体を酒粕で包めば漬け込み作業終了。

切り身を漬ける時は、切り身の表面全体が混ぜ合わせた酒粕に触れるように容器に詰めます。後は冷蔵庫に入れて3、4日から1週間程度保存すれば完成です。


この時点で醸された旨そうな香りがしてくるのです。即座にご飯を炊き始め、酒の準備もしましょう。

出来上がった粕漬けは、焼いたり、汁物に入れたりして食べます。


もう、なんといいますか。この照り具合を見ているだけで腹が減ってきて、喉の渇きを覚える感じですよ。

粕漬けを焼くときは、焦げやすいので火加減や焼き時間に十分注意して焼きましょう。黒コゲではあまりにも悲しすぎる。


粕漬けを焼くと家庭での米の消費量が増えます。
酒の消費量も増えます。困ったものです。


このように、粕漬けは混ぜて数日埋めるだけ。非常に簡単に出来ます。しかも非常に旨くなる。安い切り身が家庭でも数倍旨くなり、料亭の味になってしまうのです。

是非、皆さんにもやっていただきたい!

 

同じ魚でも練り物だとどうだ?

さて、安い切り身でも数倍旨くしてしまう酒粕漬け。こんなものも旨くなるのか実験してみました。


魚練り物各種。手前から時計まわりにカマボコ、さつま揚げ、ハンペン、カニカマ、チクワ。中央が魚肉ソーセージ。

魚のすり身の練り物です。魚の切り身よりもリーズナブルで旬などありません。年中手に入ります。もともと美味しい練り物類が、粕漬けにして数倍旨くなるなら、お安く年中旨い粕漬けが食べられる。

早速漬けてみます。


漬け方は魚の切り身と全く同じ。
1週間漬けたものがこちら。あまり色の変化はない。しかし、香りは間違いなく粕漬け。

切り身同様に酒粕に漬け込み1週間。問題なく漬けられました。見た目の変化はあまりありません。しかし、香りは間違いなく粕漬けで、この時点ではどれもとても旨そうに思える。


大体がそのまま食えるものですが、一応全部焼きます。焼いた香りはどれもとてもいい。

大体の練り物がそのまま食べられる食材ですが、漬けて日数が経っているので、一応通常の粕漬け同様焼いて食べます。焼きあがったものがこちらです。


お好きなところからどうぞ。

さあ、あなたはどの練り物粕漬けから食べますか?
番号をクリックして好きな所から食べるもよし。1番から順に食べるのもよし。お好きな順番で食べてみてください。


つぎへ >
 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation