デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


コラボ企画
WARMBIZ
 
いちばん体が温まる鍋はどれだ
最強の鍋を見つけます

環境省の提唱する冬のエコ対策ウォームビズ。ウォームビズでは、「鍋でウォームビズ」を提唱している。なるほど、鍋は体が温まる。

しかし鍋、といってもその種類はふえている。むかしはオーソドックスな寄せ鍋だけだったのに、いまやカレー鍋や豆乳鍋などそのバリエーションは広い。

こういう状況では「鍋は体が温まる」と漠然とした言い方ではなく、「○○鍋は体があたたまる」ともういっぽ踏み込んだ言い方をしたいところである。

サーモグラフィカメラで実験するぜ。

林雄司
(はやしゆうじ)

1971年東京生まれ。デイリーポータルZウェブマスター。
好きな鍋は豆乳鍋。でも白菜とウインナーが入っていればどんな鍋でも構いません。


今回の実験鍋

今回の実験の対象は以下の5種類の鍋である。
・カレー鍋
・激辛キムチ鍋
・とろみ鍋
・寄せ鍋
・豆乳しょうが鍋

5人の被験者がそれぞれひとつの鍋を食べる。被験者ごとに食べたあとにどれだけ体温が上がったか、その温度差で鍋の実力を測りたい。
ちなみに被験者は当サイトのライター・編集だが、今回の仕事は鍋を食べるだけという自らの技能(ライティング)をいかさない仕事である。

実験場所はお台場のイベントスペース、カルチャーカルチャーのバルコニー
左からカレー鍋、激辛キムチ鍋、とろみ鍋、寄せ鍋、豆乳しょうが鍋

鍋の写真が全体に煮立っているのは寒いので早く暖まろうとしたからだろう。むかし話だったら損をするタイプである。
上の写真を撮ってから気づいたのだが、服装がよくない。あんなに厚着をしていては表面温度を測れないだろう。

ということでシャツ1枚になってもらいました。

この日の気温は3度。絶好の鍋日和である。参加者は口々に「寒い!」「小学校の体育を思い出す!」と言っていたが企画を盛り上げようと気遣っていってくれているものだと考えることにした(バラエティなどではよくありますよね)。

いただきます!

まずは食べる前にサーモグラフィカメラで温度を測った。サーモグラフィカメラはものの表面温度を測ることができるカメラである。テレビの実験番組などでよく登場する、あれだ。

カレー鍋 激辛キムチ鍋 とろみ鍋 寄せ鍋 豆乳鍋
額 28.6℃ 額 27.8℃ 額 28.8℃ 額 27.1℃ 額 30.1℃

上着を脱いでからまだ時間がたってないため、腕がやや温度高めである。これがどれだけあがってゆくだろう。
この温度は食べた後との温度の比較用なので軽く流していただいて構わない。おもにサーモグラフィカメラの自慢である(私物)。

全員カメラ目線で
いただきます!

とろみ鍋ともうひとつのとろみ鍋

今回の鍋のなかにあるとろみ鍋とは鍋のスープに片栗粉を入れてとろみを出したものである。

スープをすくうといなかっぺ大将の涙のようなきれいなとろみ。

そしてとろみ鍋の横でとろみ鍋みたいになっている男がいた。

激辛キムチ鍋(ライター大北氏)である
辛いものを食べると顔だけ激しく汗をかくため、顔じゅうから汁が出ている(とろみはついてません)。
市販のキムチ鍋のスープはあまり辛くないため、追加で香辛料を足したのが功を奏した。
チリシードオイル(とうがらしの種を搾った油)、ハバネロペッパー、七味唐辛子
「汗をかくとメガネがすべってずれるんです」と三木のり平状態。ズボンの上のドット模様は汗がたれたシミ

これだけ汗をかいたら鍋で体が温まっても逆に冷えるかもしれない。さっきも書いたがいま気温3度である。
そして撮影をしている僕(ウェブマスター)はダウンジャケットを着ている。こういうところからサイトは崩壊してゆくのかもしれない。

寒いので玉手箱のように湯気が出る


つぎへ >
 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation