デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


チャレンジの日曜日
 
モールス信号で港のヨーコヨコハマヨコスカin横須賀

モールス信号の存在は昔から知ってはいましたが実際に打ったことはありませんでした。

横須賀にモールス信号を打つ機械が展示してある軍艦「三笠」という記念艦があります。

トントン、ツーツー、押す感じがゲームぽいしこれはゲームにできるのではないでしょうか?さっそくモールス信号を体験しに行ってきました。

平野真章
(ひらのまさあき)
1975年茨城生まれ東京在住。 雑魚雑魚というモノ作り ユニットで活動しています。 平野が文を書いて相方の栗原がゲームをつくってます。
> 個人サイト 雑魚の唐揚げ
平野facebook / 栗原twitter


思わずアメリカン気分になる三笠公園周辺

軍艦三笠が展示されている三笠公園へ続く道の奥はアメリカ海軍キャンプのゲートになっています。
いきなりの異国情緒あふれる街の風景にビックリしました。


明らかにアメリカ人のほうが多い

立ち飲み屋もここではTACHINOMIです
不動産屋の間取りも英語表記

SCHOOL BOYやGIRLがいる学校の標識
サバゲー中じゃない軍服の方も歩いています

海軍ゲートに向かってカメラをむけていたら 「DON’T PICTURE!」みたいな事をアメリカ人の守衛さんに言われました。

思わずシュワちゃんみたいに親指を立ててOKサインをしてしまいました。行動がアメリカンになってしまった瞬間でした。ヨコスカマジック。

記念艦「三笠」は海に浮いていなかった

海軍ゲートまえを抜けて遊歩道をしばらく進むと、 遠くに船のマストが見えてきました。


木々の間からマストらしき棒
木々を抜けると三笠が見えてきました

ワーイワーイ軍艦だー!でもちょっとなんか変です…。

あれ?
あれあれ?

公園の陸地部分に軍艦が乗っかっていました

遠くにみえたときは海に浮いているとばかり思っていましたが、近づいてみると、コンクリートでしっかり固められていました。

海には浮いてなくてちょっとガッカリでしたがモールス信号打ちたいので入艦します

入艦してすぐにビデオ放映室でみた軍艦三笠が大活躍のVTRを見ました。

クライマックスは「坂野上の雲」でも有名な”東郷ターン”のシーンでした。

NHKの制作らしく映像も演出もクオリティが高く見応えがありました

実際に東郷ターンの指示をだしたといわれているデッキにあがり海に向かって平野ターンを決めてみました。


平野
ターン!

イザというときに最善の判断ができるような男になりたいものです

司令長官と一緒に写真も撮れます
作戦会議もできます

お腹がぶつかって速射砲の操縦席には入ることができませんでした

一人タイタニック

自撮りなのでタイマー設定をしてしばらくこのままの格好で待ちます。 丁度向こう岸から三笠先頭部分にむかって撮影をしているおじさんと目があってとても恥ずかしかったです。

興味深い展示物が多い艦内

午前中に入艦しましたが気がついたら色々回ってお昼を過ぎていました。徐々に観光客が増えてきて一人タイタニックみたいな事をするのも恥ずかしくなってきたのでモールス信号打ちに向かいます。

 

モールス符号が”ページ区切り”に見えてきた

モールス信号が打てる無線送信室展示ゾーンは見学コースの入り口付近なのでひっきりなしに観光客がやってきます。人の流れの合間を狙ってモールス信号を打ちます。


中にカツオ君みたいな人形がいて当時の様子を再現しています

実際モールス信号うつ装置。はじめて見た。

イロハニホヘト配列は文字を探すのも一苦労

まずは自分の名前でも打ってみようと思いましたが、 イロハニホヘトチリヌルヲ・・・・・・・・(この先覚えてない) モールス符号がイロハ配列で示してあってお目当ての字がすぐに探せません。

簡単に打てると思ってました。なめてました。ごめんなさい。

という訳で作戦変更。 一旦ノートにモールス符号を書き起してから再度トライすることにします。


後ろから係員が覗き込んできました
不慣れな符号に配分間違って余白が多い

和文モールス符号は平仮名の他に濁点や半濁点、長音などがありそれらを組み合わせて言葉をつくっていきます。当たり前ですが短い言葉でも符号で書き起したら文字数が多いです。
例えば「ピープル」

−−・・− ・・−−・ ・−−・− −−・・ ・・−−・ −・−−・−
(ひ) (半濁音) (長音) (ふ) (半濁音) (る)

1行に収めようとするとWebサイトでよくみる“ページ区切り”みたいです。

モールス符号をつかえばWebページに暗号を埋め込むことができるかもしれません。

モールス信号だと”きゃりーぱみゅぱみゅ”だって噛むことはない

モールス符号の書き起しには30分程かかったでしょうか。長時間居座る僕に係員の冷たい視線を感じました怯む訳にはいきません。

「そうです。僕はモールス信号を打ちにここまで来たのです!」

ではさっそく書き込んだノートを見ながらモールス信号を打ちこみます。


奥に見えるカツオ君とはもう同期の桜です

正確に打てているのか定かではありませんが音声データと動画でお楽しみください。ちなみにほとんど1発録りです。最初ということでおなじみの「ハローワールド」です。

−・・・ ・−・− ・−−・−    
(は) (ろ)

(長音)

   
−・− ・−−・− −・−−・ ・・−・・ ・・
 (わ) (長音) (る) (と) (濁音)

           
モールス信号の生みの親モールスさんは最初にどんな会話をしたのか気になります

つづいて、覚えやすいとよく言われる我らがチーム名「雑魚雑魚」

−・−・− ・・ −−−− −・−・− ・・ −−−−
(さ) (濁音) (こ) (さ) (濁音) (こ)

           
繰り返しなのでモールス信号でも覚えやすかった!

そして昨年10周年を迎えた「デイリーポータルゼット」
語尾を英語表記の「Z」にすべきだったと気がついたのは家でした。


・−・−− ・・ ・− −−・ ・−−・−
(て) (濁点) (い) (り) (長音)
−・・ ・・−−・ ・−−・− −・ −・−−・
 (ほ) (半濁音) (長音) (た) (る)
・−−−・ ・・ ・−−・ ・・−・・  
(せ)  (濁音) (つ) (と)  

           
大分もっさりして緊迫感のないモールス信号に仕上がりました

でました時代の寵児。
モールス信号なら噛む心配はまったくありません。
オシャレなスカジャンも沢山持っているであろうファッションモンスター 「きゃりーぱみゅぱみゅ」


−・−・・ ・−− −−・ ・−−・−
(き) (や) (り) (長音)
−・・・ ・・−−・ ・・−・− −・・−−
(は) (半濁音) (み) (ゆ)
−・・・ ・・−−・ ・・−・− −・・−−
(は) (半濁音) (み) (ゆ)

司令長官きこえますか?きゃりーぱみゅぱみゅです

最後は横須賀にぴったりなこのフレーズ。
ダウンタウンでブギウギなナンバー。打たせてくれよ。
「港のヨーコ、ヨコハマ、ヨコスカー」

・・−・− ・−・ ・・−・・ ・・−− −− ・−−・− −−−−
(み) (な) (と) (の) (よ) (長音) (こ)
−− ・−−・− −−−− −・・・ −・・−    
(よ) (長音) (こ) (は) (ま)    
−− −−−− −−−・− ・−・・ ・−−・−    
(よ) (こ) (す) (か) (長音)    

あんた、あの娘の、なんなのさ。

リズム遊びの楽しさと絶妙のタイミングの妙が味わえるゲームつくります

モールス信号を打つ感じはゲームっぽくて楽しかったです。トントン、ツーツーの連続はまるでリズムゲームそのものでした。

そしてVTRでみた東郷ターンは一歩間違えば敵軍にやられてしまうようなこれ以上ない絶妙のタイミングで繰り出された合図だったそうです。

「モールス信号のリズム」と「これ以上にない絶妙のタイミング」
今回はモールス信号をつかってリズム遊びの楽しさと絶妙のタイミングの妙を味わうことができるゲームを作りました。
舞台も1853年横須賀にペリーさんが来航した頃にしてみました。

トントン、ツーツー、取舵いっぱーい!

モールス信号で黒船を操縦するゲーム「YOKOSUKA MORSE」

あなたは黒船のキャプテン。 ちょっと横須賀までいって”開国”してもらってきてください。
ただし黒船のコントロールはモールス信号で行います。 タイミングよく島を避けて進みながら横須賀港を目指してください。さぁ出航の時間です!



★遊び方

マウスでモールス信号が打てます。
マウスボタン単押し:  (トン)
マウスボタン長押し:  (ツー)

黒船の左右移動コントロールをモールス信号で行います。
左移動はL   ・−・・     (トン、ツー、トントン)
右移動はR  ・−・        (トン、ツー、トン)

移動は左右のみです。 間違った信号を入力すると失敗して移動できません。 壁にあたると爆発します。
148m先の横須賀港がゴールです。

横須賀でインドカレーを食べてきた

午前中から何も食べていなかったので 取材が終わった頃にはお腹がグーグーなっていました。
せっかく横須賀にきたので海軍カレーを食べて帰ろうと思ってお店を探していたのですが途中で美味しそうなインドカレー屋さんがあったので入ってインドカレーを食べてしまいました。
でも美味しかったです。

次回横須賀に行く事があれば必ず海軍カレーと黒船シチューを食べたいと思います。


 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation