デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


ひらめきの月曜日
 
関東〜九州でも雪?お騒がせな低気圧が来る あと出し天気予報
寒波(青)の様子。いま日本列島へ来ている寒波は、グリーンランド産!後ろにも、少し弱い寒波。寒さが続きそう。

1週間の天気予報を振り返って当たったかどうかを検証する週1連載。
勝敗とその理由を振り返ります。はたして今週の成績はどうだったのか。

(本連載は振り返りが中心で、詳しい予報は行っていません。予報が見たいかたはウェザーマップなどの専門サイトをどうぞ)

増田雅昭
(ますだまさあき)

1977年滋賀生まれ。お天気キャスター。的中率、夢の9割をめざす気象予報士です。 好きな言葉は「予報当たりましたね」。株式会社ウェザーマップ所属。 ツイッターでも気象情報やってます。
>個人サイト ウェザーマップ・増田雅昭
ツイッター(@MasudaMasaaki



やっぱり寒くなった!

先週の記事で書いた通りの展開!
グリーンランド発の強い寒波が、9日(木)からやってきた。

「寒いー」と街なかで聞こえてくる声に、「でしょ!でしょ!」と心の中で一人ガッツポーズ。

と、あからさまにやると、性格が悪い人になるので、自分も肩をすくめて、「寒いですねー」という顔をしておく。

ところで、今回の寒波、「最強寒波」の見出しが、あちこちにおどる。

この「最強」って、けっこうズルい言葉。
これだけ見ると、「歴史上最も強い」とも、「ここ数年で最も強い」とも、とれる。

正確には、「今季」の「ここまでで」一番強いということ。
真冬には毎年のように来るレベル。

「最強接着剤(ただし、今年の当社製品比べ)」くらい、微妙な表現だと思う。

ひとまず、今回の寒波は、ピークを越えつつあるが、しばらく滞在しそう。今週も寒さは続く。


1週間を振り返る(東京都心周辺)

日付 予報 実際 結果
1/6(月) 晴れ 晴れ
1/7(火) 晴れ、夕方から曇り 晴れ、夜は曇り
1/8(水) 曇り、午後から雨 晴れのち曇り、夕方から雨 ×
1/9(木) 曇りときどき晴れ一時雨か雪 曇りときどき晴れ、一時雨、夜は雪
1/10(金) 晴れ 晴れ
1/11(土) 晴れ 晴れ
1/12(日) 晴れときどき曇り 晴れときどき曇り

雨、2時間遅れでパーフェクト逃す

 

8日(水)の雨。

雨、雨と言ってたのに、午前中はまさかの快晴。疑いの視線が、痛い。

「午後からですよ。これからですよ」となだめるも、雨雲が西から静岡までは来てるのに、そこからなかなか来ない。

「あれ?午後から降るって言ってなかったっけ?」と聞かれるたびに、「午後って、夕方も夜も午後ですから」と、苦しい言い訳を始めるしまつ。

そんな日もあるということで、この日ははずれ。

あと、2時間早く降ってくれてたら、今週はパーフェクトだったのに。

15日の雪は、「降る」勢力 vs 「降らない」勢力

気象予報士が、ザワザワしている。

15日(水)は、本州の南を進む「南岸低気圧」が来て、関東から西の太平洋側に、雪が降ることもあるパターンだ。

先月、難易度的にボスキャラレベルと紹介したが、そのときは微妙ながらも雨だった。

今回は、12月の時より気温が下がっていて、明らかに雪寄り。

あとは、雪(雨)雲がどこまで、太平洋側の陸地にかかってくるかがポイント。

実は、国ごとのスパコンによって、見解が分かれていた。

10日(金)頃までは、
≪がっつり降る≫日本 ≪ちょっと降る≫ヨーロッパ ≪ほぼ降らない≫アメリカ
と、それぞれが主張。

それが、12日(日)には、
≪がっつり降る≫なし ≪ちょっと降る≫日本 ≪ほぼ降らない≫ヨーロッパ・アメリカ
と、主張を変え始めてきた。

さらに、13日(月)には、
≪がっつり降る≫なし ≪ちょっと降る≫なし ≪ほぼ降らない≫日本・ヨーロッパ・アメリカ

つまり、「降る」と言っていた日本のスパコンも、降らないほうへ、手のひらを返し始めている。

ということで、太平洋側では、降らない、か、雪が降ってもちょこっと。と考える。
結果は来週!

ちなみに、各国そろって、はずすということも、たまにあります(ぼそっ)

15日の各国のスパコンの予測。日本:青色が雪や雨の範囲。アメリカ:緑色が雪や雨の範囲。ヨーロッパは、低気圧すらはっきりしない状態…。

質問:昔はもっと寒かったと言いますが、どれくらい寒かったのですか?

こたえ:東京都心は、−9.2℃まで下がったことがあります。
大昔ではなく、近代になってからの1876年の記録です。

大阪は−7.5℃(1945年)、名古屋は−10.3℃(1927年)、札幌は−28.5℃(1929年)が最低記録です。
今じゃ、考えられない気温ですね。

東京都心だと、前回の東京五輪前までは、−5〜−6℃まで下がっていました。

この時代を生きていた人は、今の寒さなんか全然たいしたことないはず。 でも、そういう人達も、今は「寒い寒い」と言ってるのを見るたびに、人間は弱い生き物だなぁと思ったりもします。

ちなみに、東京都心で最も雪が積もったのは、46センチ(1883年)。
今は起こりにくくなってますが、生きているうちに一度は、こういう量を予報する日が来てほしい!

 

編集部より:増田さんへの質問を募集しています。
あて先は dailyportalz@mlc.nifty.com まで

 

 
 

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation