デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


クラブ活動
 

缶詰ポータル
  2012年、ゴールデンウィークは缶詰が熱い!

4/29 11:00〜5/6 9:00まで、毎時1缶詰から2缶詰のレビューを更新していきます。
しょっぱいの、あまいの、日本の、海外の、肉、魚、野菜、果物……。
幅広い缶詰情報をどうか受け止めてください。

インドの人に教えたい「コンビーフ」

インドの人に教えたい「コンビーフ」

率直に言って、コンビーフの缶詰に魅せられなかった男子などいないと思う。
開封するときに特殊な道具を使うわくわく感、巻き巻きしていくときの疾走感、ぐっとくる台形のかたちをそのまま取り出せたときの達成感、しかも中に入っているのは、肉のかたまり!!!
全てにおいて男子を熱狂させる要素の集合体である。
正直に言うと、大人になった今でも楽しい。

インドの人に教えたい「コンビーフ」
できた!完璧な開封!

さて、コンビーフのすごいところはそのまま食べる缶詰として完成されているところである。
コンビーフサンドイッチやサラダなどもあるが、基本的にはそのまま食べる。フォークでほぐして、ナイフで切って、そのまま食べる。うまい。超うまい。
口に広がる塩漬け肉の独特のうまみ。廉価版の「コンミート」と比べて味はやわらかく、「獣の肉だぞ!!」という感じも少ない。
今日はこれに焼きたてのナンを合わせてみた。

インドの人に教えたい「コンビーフ」
これが凄い相性の良さ!

あつあつのナンがコンビーフの脂肪分を溶かし、うまみは倍増、三倍増! ナンのもちっとした口当たりとコンビーフのぎゅっとした密度感もしっかり噛み合って、合わせる炭水化物の中では最高のタッグなのではないかと思えた。「そのままで最高においしいコンビーフに最高の相方が見つかりました」、などと書くと結婚式の祝辞のようである。
しかしよく考えるとインド人は牛肉を食べないので、これはかなり禁忌の組み合わせなのではないだろうか。
申し訳ない、ヒンドゥーの神に申し訳ないなあと思いながら、この日の昼食をあっさりと完食した。


購入価格 344円
メーカー:ノザキ

加藤まさゆき

( 2012/05/01 06:00:00 )



△いちらんへ

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation