デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


自由ポータルZ
枠線
 

自由ポータルZとは? 応募する


2015年05月08日号
奄美大島で売ってる木・みそ味こいのぼりケーキ

デイリーポータルZはなんでも面白がって、寝食を忘れて面白そうなことをやって、興奮して写真をたくさん撮って文章にまとめる。言ってみれば1年じゅうゴールデンウイークみたいなものです。

僕のゴールデンウイークはパン侍を作ってました。あんなどうでもいい記事を書くとアドバイスの説得力がなくなりますが、強い気持ちでアドバイスします。



みそ味こいのぼりケーキができるまで

作品画像

[作品名]みそ味こいのぼりケーキができるまで
[投稿者]たかはしゆかさん (yukatta-yokatta
[コメント]みそあんの柏餅を食べていて、みそ味の洋菓子を作りたくなりました。

生クリームとの相性は良さそうだったので、みそホイップに合うフルーツを探し、こどもの日らしくこいのぼり型のケーキを作りました。


#write($writerdata 'catalog_title') 林雄司 のコメント

今回も完成度の高いお菓子ですね!
柏餅・みそあん・こどもの日・鯉のぼりというテーマが一貫してて決まってます。それでいてこいのぼりの目や鱗の手作り感がかわいくて親しみやすい。

最初に完成写真を持ってきているのもいいと思います。これはデイリーのライターにお願いしている構成なんですよ。工作や料理の記事って時間軸に沿って書くと、最初が材料ばっかりで地味なんですよね。ネタバレとか言わずに最初に完成図を見せて気を引くのが肝要です。

うーん、読んでどこが悪いというところはないです。
「このままでは、人に薦めるのはみそパンチをお見舞いするような状態」とか言い回しもいいですしね。

でもデイリーに載せるとしたら、もっとyukattaさんのエピソードを増やしたいかな。ここまで料理がうまい人はどんな人なのか気になりますし。
たとえば、料理を作っている途中に目に入ったものの写真を1枚挟むのはどうでしょうか。料理に無関係でいいです。冷蔵庫のドアに貼ってあるマグネットや、食卓の上にあるガスの検針票とか、それの説明を書くといい息継ぎになるのではないかと思います。
よろしくおねがいします!




奄美大島のその辺で売っている木(と、うまい鶏飯)

作品画像

[作品名]奄美大島のその辺で売っている木(と、うまい鶏飯)
[投稿者]松本ジュンイチローさん (ろまん快道
[コメント]奄美大島で普通に売っていた木片が気になったので買ってきました。美味しい鶏飯の情報もあります。


#write($writerdata 'catalog_title') 安藤昌教 のコメント

木のまさかの使い方には単純に驚きました。旅先で見つけた変なものって旅のテンションだから面白いってことも多々あるんですが、この木みたいに帰ってからも気になり続ける案件は本物ですね。そこの見極めは大切だと思います。

木の束が売られている、しかも表記が野菜、それを煮出して飲むとさほど美味しくない。これだけ面白要素にあふれているネタなので、もっとテンション高く面白がってしまっても良かったかもしれないですね。書き手のテンションが読み手の興味に負けてしまっているような気がしました。具体的には飲んだ時の感想をもう少し膨らませてもいいんじゃないかと。そこでいい表現が見つかったらタイトルにも反映できると思います。例えば「奄美で売られている木の煮汁がホームセンターの味」とか。

あとおまけの鶏飯がものすごく美味しそうなので、おまけにしておくのがもったいないです。衝撃的なほどうまい、って書いてあるのにおまけとは!構成としてはこれを文章の途中に出して、最後に木の煮汁に戻ってもよかったかもしれないですね。記事全体で見てどこに盛り上がりの山を持ってくるかを気にしながら書いてみてください。




ギガヘボコンに出てきた話

作品画像

[作品名]ギガヘボコンに出てきた話
[投稿者]chocoxinaさん (chocoxina's blog
[コメント]普通にギガヘボコンのレポートを書いていたんですが、読み返してみたら構成がモロにデイリーポータルZに影響されてました。仕事中に読みすぎてたせいだと思います。


#write($writerdata 'catalog_title') 古賀及子 のコメント

ヘボコンというのは当サイトが主催する、技術力の低い人が作ったロボット同士のロボット相撲イベント。ここへ不幸続きでパッとしないのを原動力に参加したというレポートです。

不幸話が枕になっているだけに、ヘボコンへの参加と当日のレポートに不幸エピソードがちょいちょい混ぜ込まれているのがうまいです。せっかくなのでiPhoneの壊れ方とか引越しが反故になったくだりだけじゃなく、もっと不幸話を入れてもよかったのではないでしょうか。盗まれたカバンには何が入っていたのか、どんな女の子にどう振られたのか、友人はなにをすっぽかしてきたのか。思い出しながら涙ながらにヘボコンの準備をし戦う。求めるところのアホさも増したはずです。

あと、ヘボコンと不幸話でそこそこおなかいっぱいのところにチャールズ・エリスの教えを織り込んだところは私は嫌いじゃないのですが(急なでかい写真とか)もしかしたらトゥーマッチだったかもしれないです。

ギガヘボコンは当日観戦しましたが、機能美めちゃかっこよかったです!




おわりに

レベルがもりもり上がっていきますね。デイリーではライター改造講座も始めますので興味のある方はそちらにもどうぞ。懇親会抜きのハードな講座です。


さて、今週のテクニック。
「頭のおかしいふり+冷静な第三者視点」

自分の好きなものを紹介するとき、意図的に頭がおかしいふりをして書くと書きやすいです。「す、す、すごい!毛穴が全部開いて体毛が抜けいちゃいそうなぐらい!」
とか。でもそのままだと狙ってる感があるので、冷静な第三者視点のコメントを書くと締まります。
「す、す、すごい!毛穴が全部開いて体毛が抜けいちゃいそうなぐらい!(抜けないけど)」
といった感じに。これはちょっと林っぽいですかね。

でも、「す、す、すごい!」って書いてる時点で、「su読点su読点su」って変換してるのでかなり冷静なんですよね。興奮を伝えようとは誰もが言いますが、書くという行為はやっぱり冷静なんだなといま気づきました。



ではまた来週。僕も頑張って記事書きます。



 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ

アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation