デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


自由ポータルZ
枠線
 

自由ポータルZとは? 応募する


2017年08月18日号
自転車放浪・大阪〜南紀白浜(2004年)

こんにちは、編集部 石川です。子供の髪を僕が切っているのですが、2010年に小堺さんの取材についていった「美容師に聞く、セルフカット」で得たノウハウがとても役立っています。記事で知った/調べたことって忘れないんですよね。現場で一回聞いてから、あとで記事に書く(他人の記事なら、記事で再度読む)から強く印象に残るんでしょうね。小中学校で口をすっぱくして言われた、予習復習の重要さが明らかになりました。いまさら遅いですが。



【自転車放浪】大阪〜南紀白浜(2004.8)

作品画像

[作品名]【自転車放浪】大阪〜南紀白浜(2004.8)
[投稿者]斉藤ユタカさん (みるかぷねっと
[コメント]13年前、高校生の時に書いた無謀な自転車旅日記に注釈を入れて再公開しました。よく生きていたなと思います。夏休み中の高校生の方はご参考にどうぞ。


#write($writerdata 'catalog_title') 石川大樹 のコメント

いやー面白かったです。平文のところにどこまでリライト入れているのかわからないのですが、全部書き直さないでちゃんと突っ込みどころを残して、注釈で突っ込んでいるのが最高でした。高校生の視点と大人の視点がちゃんと分かれてるんですよ。
あとリライト元の文章を見たわけじゃないので推測ですが、きっと高校生時代の文章がすでにうまいんですよね。特にいい描写だなーと思ったのが、雨に降られてずぶ濡れになったときの「もう一気にヤル気喪失して、さほど急がずに屋根のある駐輪場へ避難した」。表現は書き換えてるかもしれないけど、こういう機微を含んだディテールがちゃんと抑えられているのは才能だと思いました。こういう「物を書く」ことの上手さはもともとあって、ただ若さゆえに行動に常識や計画性がなかったりするんですけど、そこは突っ込みでしっかり抑える。道路で朝まで寝るところとか最高でした。
これはシリーズのようなのでこれでもいいのですが、単体で記事として読ませるならタイトルを工夫するといいですね。せっかくの面白さなので、読む前から伝わるように。




おわりに

自分にツッコミ

デイリーの記事でもボケっぱなしだなこれというのはよくありまして、こういうときにツッコミを上手く入れられるといいなと思います。

・(上の記事のように)注釈で突っ込む
・文末にカッコ書きで突っ込む(1〜2回ならいいけどやりすぎるとくどい)
・画像でボケてキャプションで突っ込む。キャプションでボケて地の文で突っ込む、など。
・ほかの人に追記で突っ込んでもらう(編集部注、とか)
・そもそも記事を自分で書かないで違う人に書いてもらって存分に突っ込んでもらう

必ずしもボケとツッコミの構造だけが面白いわけではないのですが、ツッコミが入ることでしっくりくる場合もありますよね。

ではまた来週!



>>> 記事の投稿はこちらから <<<

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ

個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.