デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


自由ポータルZ
枠線
 

自由ポータルZとは? 応募する


2017年10月20日号
他人の思い出に写り込む・毒キノコから紙づくり

石川です。今日偶然知ったのですが、14インチモニタのサイズがだいたいA4と同じです。絶妙に使う機会のなさそうな知識ですよね。こういう捨て知識、集めたいです。というわけで今週の投稿作品。



インドア人間的海水浴の楽しみ方 〜思い出ジャイアン大作戦〜

作品画像

[作品名]インドア人間的海水浴の楽しみ方 〜思い出ジャイアン大作戦〜
[投稿者]みつまりさん (ケーキのフィルムをペロペロする奴は大体友達
[コメント]インターネットが大好きでカナヅチでインドアな私が不慣れな海水浴に挑戦した記事です。とても楽しかったです。


#write($writerdata 'catalog_title') 石川大樹 のコメント

ぜんぜん知らない人の写真に写りこんであとで見つける、ってそんなことが可能なんですね。その執念がすごい。
惜しいなと思ったのは現場での様子があまり書かれていなかったところです。写真に撮られるためにどういう狙いでどういう行動をして結果どうだったか、という流れになってると一連のストーリーになっていいと思うんですよね。結果だけだと「おー、すげー」とは思うんですがそれだけの感想になっちゃうので。そのあたりふまえて次回作もぜひ!




毒キノコから紙を作ろうとした話

作品画像

[作品名]毒キノコから紙を作ろうとした話
[投稿者]こーだいさん (海底クラブ
[コメント]キノコの面白さを発信しようとしたのですが、結果的に手の込んだ失敗談になりました。


#write($writerdata 'catalog_title') 石川大樹 のコメント

面白かったです!「毒キノコ」の不穏さと「紙を作る」の平和さのギャップで、タイトルからひきつけられました。あと僕こういう失敗記事大好きなんですよ(個人的な趣味ですけど…)。

失敗記事はノウハウ情報としての価値に頼れないので、必然的に心象風景とか焦りみたいな、文学方面のアプローチになるんですよね。そこで北海道の写真が出てきたりコンコルド効果の話が出てきたりで、効果的に説明していたのがよかったです。
そして最後、「臭い!」の表情は何より雄弁でした。これぞ失敗記事といういい2コマ。
口直しの写真に個性が
海底クラブさんは記事としては形ができてるので、あとは書き終えたあとに文章の面白さをさらに増やすような作業をするといいのかなと思いました。フラットに書いた部分をうまい表現やたとえ話などに置き換えていくとか。次回作もたのしみにしております!




おわりに

口直しの写真に個性が

これはノウハウというか余談なんですけど、記事の絵が汚くなったときに出す「ここできれいな○○の写真をご覧ください」で何の写真を出すかは個性出ますよね。何を口直しに選ぶかというチョイスもあるし、ふだん何の写真を撮っているかという制約もある。振り返ってみると、僕は食べ物や犬の写真を入れがちです。
こういうところにもライターの素が見えるようで、面白いなと思います。ではまた来週!



>>> 記事の投稿はこちらから <<<

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ

個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.