デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


自由ポータルZ
枠線
 

自由ポータルZとは? 応募する


2018年04月06日号
狛犬のお尻・忘れられたメモリーカード・環状交差点を曲がろう

こんにちは、石川です。デイリーの記事内の動画をアップしているYoutubeアカウントがあるのですが(エイプリルフールのYoutuber企画でも使ったやつです)、そのアカウントがなぜかバーチャルYoutuberのアカウントをチャンネル登録しています。編集部のだれかが個人アカウントと間違えて登録したのでしょう。おかげで新しい動画がアップされると僕のPCに通知がきます。こないだは動画でクリオネ食べてました。

というわけで今日の自由ポータルは3本です。



狛犬のお尻を愛でる春

作品画像

[作品名]狛犬のお尻を愛でる春
[投稿者]ファンク・ダ・ネオーンさん (私立ねお学園
[コメント]春なので狛犬のお尻を愛でてきました。



重大な発見をしたので、ぜひ最後まであきれずに読んでいただけると嬉しいです。



ちなみに僕は神社検定3級の合格者です。(2級は落ちました)


#write($writerdata 'catalog_title') 石川大樹 のコメント

狛犬ネタはデイリーでも何度か登場しているのですが、お尻に注目という着眼点はなかったです。目からうろこ。そしてお尻にもしっかり個性があるんですね。常連のファンク・ダ・ネオーンさんですが今回は特にうまかった気がしました。「銭湯でみかける、おじいちゃんのお尻」みたいな絶妙なたとえもありましたし、べたっと並列にしないで、穴を大発見に据えて緩急つける構成もうまいですよね。あと狛犬がいなかったスポットもしっかり収録してるのが個人的には好きです!

集めものなので、ベタですが「かわいさ★★★ かっこよさ★★☆」みたいな星評価とか、パラメータ的なものがあるといいかなと思いました。あとは最後にお尻の写真を並べてみるとか。個々に見ても違いはわかるし文章でもしっかり説明されているのですが、そういう比較情報があると違いが際立って、集めた面白さがより濃く出ると思います。




まだ間に合う!忘れられたメモリーカードをひもといて作るオリジナルC級カレンダーのすすめ

作品画像

[作品名]まだ間に合う!忘れられたメモリーカードをひもといて作るオリジナルC級カレンダーのすすめ
[投稿者]kogeさん (ひざかけちゃーはん2
[コメント]4月ですが、いまだカレンダーを決めかねている人必見。

もしくは来年の参考によろしくお願いします。


#write($writerdata 'catalog_title') 石川大樹 のコメント

いきなりメモリースティックの写真が出てきてハッとしました。カレンダーが主題ですが月ごとに書かれているエピソードがいいですね。むしろこっちが醍醐味というか。最後の方、ちょっと活用してる感じになってるのも憎くて良いです。

これはですね、後半に出てくる人の写ってる写真を前半に持ってくるとよかったのではないかと思います。記事って書き手の顔(顔写真の話をしてるのでまぎらわしいですが、顔写真のことじゃなくてパーソナリティですね)が見えたほうが面白いので、人の写真を先に出して読者に人となりを見せる。で、この人がなぜか撮った花の写真、みたいに展開していくと生物写真のほうがより味わい深くひきたったのではないかなと思います。




さあ、行こう。環状交差点を曲がろうぜ。

作品画像

[作品名]さあ、行こう。環状交差点を曲がろうぜ。
[投稿者]ナ月さん (ナ月|note
[コメント]どうしても環状交差点で曲がってみたくて、行きました。


#write($writerdata 'catalog_title') 石川大樹 のコメント

ここ数年、たまに話題になるラウンドアバウト。実際に走ったレポートは初めてみました。ラウンドアバウトの標識があるんですね!

レポートとしてはわりと淡白なので、ナ月さんは文章書ける人なのでもうちょっと盛ってもいいかなと思いました。パノラマ写真があったり看板など余談が入っているのはナイスなのですが、肝心の乗ってるところが動画に任せっぱなしになってるので、もうちょっと描写してもいいかも。あるいは丸い中心は行ってみるべきだったかもしれません。あそこで回りを車がぐるぐるしてる映像をVRコンテンツにしたいですね。

次回作も期待しております!




おわりに

人と行こう

今日は東京滞在中のネルソン水嶋さんの取材に安藤さんと同行してきました。写真に関するネタだったのですが、同じインタビューでも3人いると3人の視点(今回のネタに興味のある水嶋さん、写真好きの安藤さん、現場にある工具や道具が気になる石川)があって、話が広がりました。あと写真も自分撮りより人に撮ってもらった方が、楽だし表情も柔らかくなることが多いです。

ただ往々にして友達のいない人の書いた記事が面白いというのは有りうることですので、できれば、という感じで…。気を遣う間柄だとかえって逆効果ですしね。

ではまた来週!



>>> 記事の投稿はこちらから <<<

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ

個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.