デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


自由ポータルZ
枠線
 

自由ポータルZとは? 応募する


2018年06月01日号
メバルのほっぺ・野菜丸ごと肉まん

こんにちは、編集部 石川です。
この自由ポータル、先日から「5回載ったらデイリー本編で執筆」システムが始まったのですが、またちょっと変わりました。
5回にカウントしない枠「もう一息」の新設です。
このままではものすごい秀作しか載せられなくなって、投稿の裾野が狭まるのでは、というのが理由です。もう一息の作品はタイトルの前に「【もう一息】」を入れますので、お見知りおきいただければ幸いです…!

というわけで今週は入選2本、もう一息1本のご紹介です。



【入選】メバルの「ほっぺ」は美味しいのか?

作品画像

[作品名]【入選】メバルの「ほっぺ」は美味しいのか?
[投稿者]ねおみのる(ファンク・ダ・ネオーン改め)さん (私立ねお学園
[コメント]良い型のメバルが釣れて良かったです!


#write($writerdata 'catalog_title') 林雄司 のコメント

かなり好みな作品です。
行動力と失敗とそのリカバリがいいですね。インターネットって(デイリーもそうなんですが)、まるで得意分野があるひとが表現する世界みたいになってますが、素人が素人考えで行動してうまくいかなくてバタバタしていることこそおもしろいんですよね。パーソナリティも伝わるし。
情報に終わらないストーリーがあります。

これだけひっぱってなにも得られないわけですが、ヤングコーンで終わらせるところもいいです。
メガネで勝手に関西の人かと思ってたんですが東京の人だったんですね。すいません。



#write($writerdata 'catalog_title') 石川大樹 のコメント

新木場に手ぶらで行って釣りができるというのが自分的に超耳寄り情報でした。近々行きます。

いきなり余談から入ってしまいましたが、いい記事でした。魚の入手から調理まで、ダメなところ盛り盛りで好感が持てました。

それでいて変に自虐に走ったり卑屈になったりしないで、あくまでおもしろテンションのまま失敗を書ききっているところがいいですよね。ネガティブに書かないで失敗を見せる。大事なのですが、意外に難しいところだと思います。そしてねおさんこれ上手いんですよね。技量です。

記事の内容とは全然関係ないのですが、一番下に出てくるTwitterのウィジェットがめちゃくちゃ文字でかくて笑いました。




【入選】肉まんに野菜丸ごと入れてみた

作品画像

[作品名]【入選】肉まんに野菜丸ごと入れてみた
[投稿者]こーだいさん (海底クラブ
[コメント]投稿する段になってタイトルが俳句調になっていることに気づきました。


#write($writerdata 'catalog_title') 古賀及子 のコメント

食べたときの心象風景としての駐車場の写真とか、淡々と進行しながらたまに出てくる「映画泥棒と本編の間にゴリラのドラミングの映像が5秒だけ流れる」みたいなひっかかってくるたとえで読まされました。

記事の動機が「タマネギと肉まんって似てる」なので、タイトルは「肉まんに玉ねぎ丸ごと入れてみた」の方がいいかなと思いました。あと本当に玉ねぎをまるごと入れるだけのパターンを作ってみてもよかったかも!



#write($writerdata 'catalog_title') 石川大樹 のコメント

古賀も言ってますが今回はいい表現が多くて読みごたえがありました!

なかでも「味付けしているつもりが、気がついたら自分が味付けされていた」のくだりが僕はオーと思ったのですが、さらに例えて「注文の多い料理店」につなげるのが素晴らしかったです。

あと「あるべき物がない」のくだりでサクッと出てくるイメージ写真も良かったです。こういうのがスッと出てくるかどうかって、日ごろからのストックにかかってるんですよね。ライターたるもの常におもしろ写真をストックしておかねばと決意を新たにしました。




【もう一息】すき家も、吉野家も、松屋もない市…

作品画像

[作品名]【もう一息】すき家も、吉野家も、松屋もない市…
[投稿者]おがわしゅうさん (おがわ収蔵館
[コメント]わがまちは市でありながら牛丼チェーンがありません。その悔しい思いが暴走しました。


#write($writerdata 'catalog_title') 古賀及子 のコメント

チェーン店の有無で土地の程度を語り合う冗談の文化ありますね。それを企画化したのはほほうと思いました。おなじくらいの人口密度の街に住む人たちで集まってマウント取り合う会とかおもしろくなりそうですね。

今回は個人的な郷土愛の爆発にとどまったのでもう一息にしましたが、読み終えたものとしてオチは胸が熱くなりました。




おわりに

ネタ帳を消さない

先日、マンボNo.5に合わせてCDトレイを開けたり閉めたりする記事を書きました。tm

このネタ、思いついたのは10年前なんですよね。当時は到底実現できなかったのですが、10年たって電子工作のスキルが付いたり協力者が現れたりして、実現しました。
思いついたネタが、とても実現できそうになくてボツにする場合ってあると思うんですよ。でもそこで捨てないで、ネタ帳にずっと残しておきましょう。5年後には科学の進歩でできるようになってるかもしれません。

ではまた来週!



>>> 記事の投稿はこちらから <<<

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ

個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.