デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


自由ポータルZ
枠線
 

自由ポータルZとは? 応募する


2018年07月13日号
りんごジュース飲み比べ・食材Tシャツ

石川です。いきなりですがお知らせ!夏のライター通信講座を開催します。
受講者の方には編集がつき、デイリーポータルZの新人ライターにしているのと同じやり方で、いっしょに記事を1本仕上げていきます。すべてオンラインで行う講座のため、地方在住の方もご心配なくお申込みいただけます。
通信講座は8月からスタート。参加希望の方は7月中にお申し込みください。(応募多数の場合は過去作品を見て選ばせていただきます…!)

ライター通信講座申し込み

というわけで自由ポータル、スタートです!



【もう一息】りんごジュースを8種類飲みくらべてわかったこと。

作品画像

[作品名]【もう一息】りんごジュースを8種類飲みくらべてわかったこと。
[投稿者]少年Bさん (Low cost, Low price & High return
[コメント]りんごジュースがいっぱい売ってたので飲みくらべてみました。楽しかったです。


#write($writerdata 'catalog_title') 林雄司 のコメント

これは飲み比べたくなる種類の多さです。これだけ種類があると「買う・買わない」という判断から「どれを買う?」って気持ちにさせますよね。そしてわれわれ好事家はすべて買ってしまう。

レーダーチャートももっともらしいのですが、ちょーっと淡々としすぎている感じがあります。どうしたらいいだろう…いくつか考えてみました。

・飲んでいる人の顔を出す
・酸味や甘味などの表現から離れて「濡れた犬のよう」「ジュース界のクロアチア代表」などインパクトのある表現にする
・言葉だけじゃなくてイラスト、動画などで表現する
・ひとつだけ選んで「失恋したら〇〇がおすすめ」などをタイトルに持ってくる

ほとんどの人はりんごジュースの味の知りたいんじゃなくて、面白い読み物を読みたいんですよね(そもそも特定のお店じゃないと手に入らないジュースだし)。

だからりんごジュースから離れていいと思います。

ただ、入り口としてりんごジュース飲み比べという一般性があるテーマを装うのは大事です。読んでもらうために。



#write($writerdata 'catalog_title') 石川大樹 のコメント

飲み比べにまさかの正解が登場。いままでになかった展開で新鮮でした。

全体の構成としてちょっと散らかった感じがしますね。まず飲み比べパートがあって、これがみんなで飲み比べた結果なのかなと思ったら、そのあと別の結果がどんどん出てきて、最後に正解登場で。ジュース間の味の比較→個人の評価の比較→正解との比較、ってどんどんトピックがずれていくんですよね。ここは1つか、せめて2つにしたいかも。

自分がこれと同じ情報を持ってたら、正解があることを生かして「飲み比べの結果はどこまで個人差か」というテーマで書くのではないかなと思います。



#write($writerdata 'catalog_title') 古賀及子 のコメント

選評のコメントなんですが、林、石川、私の3人で木曜日から金曜日にかけて査読して共有しています。早い人が先にコメントを出すので後半になるにつれ言うことがなくなっていくんですよ……!

こちらもすでにかなり厚くアドバイスは出ているので私はもうニコニコするくらいかなとも思ったのですが、一つ言えるとしたら、味の傾向で登場順を整理するともう少しまとまったのかなと思いました。

「衝撃だったやつから紹介します!」とかそういうパターン、よくありますよね。




【もう一息】食材の写真をTシャツにプリントしたら意外とオシャレだった日

作品画像

[作品名]【もう一息】食材の写真をTシャツにプリントしたら意外とオシャレだった日
[投稿者]kogeさん (ふんがふんがブログ(仮)
[コメント]ざっくり言うとアイロンプリントでTシャツを作るノウハウです。

みじかいのでサクッと読めると思います。

よろしくお願いします。


#write($writerdata 'catalog_title') 林雄司 のコメント

いいTシャツだと思います。アスパラベーコンTシャツとか最高じゃないですか。

これは実際に着て、外で写真を撮るといいと思いますよ。カーディガンとかパンツとかTシャツの写真に合わせてコーディネートしたり。

八百屋の前で撮ったりしておもしろに行くか、ファッションスナップ風にしてかっこいい系に行くか迷いますが、後者のほうがいいかな。
前者だとおもしろが中途半端になってしまいそうなので。

写真を撮ったその場でアイロンプリントしてTシャツを作るって企画を考えているのでやるときは声かけます。



#write($writerdata 'catalog_title') 石川大樹 のコメント

個人的には大根のが好きです。写真が縦長なのが大根の長さを感じさせていいですよね。

各Tシャツの評価がぜんぶ主観なので、外部の視点が欲しいなと思いました。自分で作って自分がどう思ったか、だけだとちょっと自作自演っぽくなっちゃうんですよね。料理とかだとそれでもいけるのですが、特にTシャツって好みの問題なので、読者と評価軸が共有しにくいのです。ここは有識者(たとえばアパレルやってる友人)に聞くとか、女性にきいてモテそうなTシャツか決めるとか、人を巻き込むといいのではと思いました。



#write($writerdata 'catalog_title') 古賀及子 のコメント

いいですねー! Tシャツはファッションではなくカルチャーなんですよね。

企画として高める方法は林や石川もいうとおりいろいろ余地がありそうです。

私だったらおばあちゃんとお母さんに来てもらって3人でそれぞれの手料理を各々のTシャツにプリントして写真館行って記念写真撮るのはどうかなと思ったのですが明らかにやりすぎですね。




おわりに

夏休みはイベント情報に注目

皆さん、もうすぐ学校は夏休みです!社会人にとってはそれほど関係のない話かと思いますが、しかし夏休みが始まるとですね、めちゃくちゃいっぱいイベントがあるんですよ。中には取材ネタにうってつけの変わったイベントもあるので、ぜひチェックしておくことをお勧めします。

情報ソースとしてはイベント情報サイトのほか、区報などでローカル情報を狙うのもアリ。あとはニッチなところで研究所の一般開放など狙っていくのもおすすめです。
https://scienceportal.jst.go.jp/events/events.php

ではまた来週!



>>> 記事の投稿はこちらから <<<

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ

個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.