デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについて無間地獄無間地獄
アット・ニフティロゴ


デイリー道場デイリー道場
枠線
 

デイリー道場とは? 応募する


2012年08月31日号
カメラ目線を好まない「ペットボトルキャップでフルコース料理」、行楽地でカウントする「東京ひとりぼっち率調べ」など4本です。

押忍!

高円寺に気になるサークルKサンクスがある。おそらくは店員さん作と思われる自作ポスターがいつも貼ってあり、そこに独特の世界観が垣間見えるのです。しかも、日々進化を遂げているので、こちらも負けられない。あれ、そして今気づいたんですが、本来なら今日が8月のお題DE道場でしたね。暑さのせいで、ぼけておりました。すみません。

挨拶画像
「串カツの極み!!!」という扇情的なキャッチ

なお、次回のお題DE道場テーマは人気企画、「過去の気になる記事を真似する」です。DPZライターの記事で気になるものを真似したりインスパイアされたりして書いてください。〆切は9月26日(水)、発表は9月28日(金)です。コメント欄に「テーマ部門」と明記お願いします。

それでは本日のデイリー道場、行ってみよう!

入選 ペットボトルキャップでフルコース料理

作品画像

[作品名]ペットボトルキャップでフルコース料理
[投稿者]成平慎司さん (モッケイエンタテイメント
[コメント]人生初のフルコース料理体験は一瞬で終わってしまいました。


石原たきび 石原たきび のコメント

まずは実際のフルコースを作るところから。「ぎこちない」と形容していますが、めちゃめちゃおいしそうじゃないですか。そして、キャップフルコースも美しい。ペプシのおまけもこういうのにすればいいのにね。見どころは静かにシュールな動画と、基本的にカメラ目線を拒む作者のスタンスです。



林雄司 林雄司 のコメント

いいですね。え、そんなこと?という意外性があるのにきっちりきれいでかわいく完成しててすばらしい。企画のお手本みたいな展開。もう特に言うことないです。家も片付いてて素敵です。

※成平慎司さんは現在600万ポイントです




入選 東京ひとりぼっち率調べ

作品画像

[作品名]東京ひとりぼっち率調べ
[投稿者]マツバラさん (モッケイエンタテイメント
[コメント]東京のさまざまなスポットで、ひとりぼっちでいる人の割合を調べてきました。みなさん、一人でいることをゆめゆめ恥と感じることなかれ。


石原たきび 石原たきび のコメント

いやあ、夏の終わりを感じさせるいい企画ですねえ。冒頭と締めの独白も雰囲気たっぷりです。東京タワー、江ノ島ビーチと、徐々に「ぼっち割合」が減っていく様に興奮させられました。この次は勇気を出して顔出して。あ、これもしかして一人で撮影したんでしょうか。だとしたら、本当にありがとうございます。



林雄司 林雄司 のコメント

写真撮らずにイラストですますのはナイスアイデア。無理して写真撮ろうとしてプレッシャーになると取材する気が失せるので、ストレスがないやりかたにするのがいちばん。「自宅・バイト先・自動車教習所のループで夏の大三角」など文章に魅力を感じました。

※マツバラさんは現在100万ポイントです




入選 絵馬ーケティング

作品画像

[作品名]絵馬ーケティング
[投稿者]ソファミレミファレさん (無限ひとり遊び
[コメント]サイレント・マジョリティ輩の本音をさがしに神社へ行ってきました。


石原たきび 石原たきび のコメント

お、ソファミレミファレさんにしては珍しいアプローチで来ましたね。ただし、テーマが若干絞り切れていないのが残念。いっそ、「絵馬を自作する」でよかった気もします。個人的な悩みや本音を開陳したのちに、絵馬の制作から奉納までのドキュメンタリーは楽しそう。風景写真はメリハリが効いているので、見ていて楽しかったです。



林雄司 林雄司 のコメント

絵馬を見るのはちょっとわりとネット頻出のネタなので、後半の自作をメインにしてもいいと思いますよ(でも花園神社の絵馬はおもしろいですよね。意外な芸能人が絵馬を奉納していたりして)。しかし自作の絵馬がすごくうまいですね。




入選 激闘! 飯田線 ―電車に勝負を挑んでみる

作品画像

[作品名]激闘! 飯田線 ―電車に勝負を挑んでみる
[投稿者]Shunさん (キマグレオハグロドットコム
[コメント]以前西村さんが池袋〜新宿で丸ノ内線と競争してましたが、それよりももうちょっと楽に競争できるところが長野県飯田市にありました。結構有名な場所なのですが、初めて電車との勝負を挑んだレポートです。


石原たきび 石原たきび のコメント

お、お久しぶり。西村さんの記事はこれですね。電車愛が高じて競争するという心意気がすばらしい。炎天下で道を間違えることのつらさが、こちらまで伝わってくる記事でした。あとは、バテバテの人物と電車併走カットなどがあれば完ぺきでしたね。最後のマップで軌跡を見ると、女子校周辺をうろうろしているのが面白い。



林雄司 林雄司 のコメント

こういうチャレンジは失敗したほうがリアリティがあって面白いと思います。だから失敗してても問題なしです。このころ電車はここ、Shunさんはここ、という図が途中にあるとまったくまにあってないのがわかって面白いかも。




最後にまた道場主から

押忍!

先日、飲み屋で何かの拍子に血液型の話になったんですが、たまたま居合わせた初対面のフランス人によれば、「フランスでは誰も関心がないし、自分の血液型も知らない」とのこと。まあ、それだけの話なんですが、彼が何度も「フランスではこのビール1杯300円ぐらいだ」と首をかしげていたのが面白かった。

挨拶画像
携帯番号を交換したけど、たぶんお互いに電話しない

それでは、また来週!

 
  デイリー道場

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
バックナンバー(2007/5/25〜2007/9/15)
バックナンバー(2005/1/22〜2007/5/15)

アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation