ロマンの木曜日 2011年9月29日

久留米の地獄や極楽に行こう

駐車場、だだっ広い。
駐車場、だだっ広い。
先日、福岡へ旅行に行ってきた。事前に周りにおすすめスポットはないかと聞いていたところ、「久留米に地獄がありますよ!」という情報が。

え、久留米に地獄!?調べてみるとそこは『大本山 成田山久留米分院』。たまにB級スポットとしても取り上げられてたりする場所だ。

ついでに調べていくと出てくる単語がなんかおかしい。
「インド村」だとか「地獄極楽館」だとか・・・
「白豪には直径30センチの純白板に3カラットのダイヤモンドが18個ついてます」とか。
とにかく気になったので見に行くことにした。
島根県生まれ。毛糸を自在に操れる人になりたい。地元に戻ったり上京したりを繰り返してるため、一体どこにいるのか分からないと言われることが多い。プログラマーっぽい仕事が本業。

前の記事:「こんにゃくゼリーを溶かして振る舞う」
人気記事:「卵で食べるインスタント麺」

> 個人サイト それにつけてもおやつはきのこ

お台場ガンダム3個分強、牛久大仏の半分

成田山久留米分院の巨大観音は高さ62メートル。結構遠くからも見えるんじゃないかな・・・と思いつつ、久留米駅からバスに乗る。

ずっとバスの窓の外を眺めつつ、でかい仏がいつ現れるかいつ現れるかと構えていたが、バス乗車30分後、すぐ近くまできてやっと見えた。
62メートルって意外と近くまで行かないと見えないのか。確かに20階建てのビルぐらいと言われれば、そんなに遠くからは見えないか。
どう考えても早めに構えすぎてたか。
はじめてきた久留米駅。駅前がきれい。
はじめてきた久留米駅。駅前がきれい。
成田山最寄りバス停は三軒・・・じゃなくて二軒茶屋。
成田山最寄りバス停は三軒・・・じゃなくて二軒茶屋。
ちなみに小野さんの記事(超巨大仏を見て混乱する)に出てた「牛久大仏」は120メートル!え?この倍??

ついでに、見に行った時に大きいという印象だった、以前お台場に居た等身大ガンダムとも比較してみたところ、ガンダムは18メートルなので成田山の巨大観音の3分の1以下??え、そんなに小さかったのかあのガンダム!

巨大なもの同士の大きさの比較って全然見当がつかないものだなーと思う。
比率としてはこのぐらいの差!
比率としてはこのぐらいの差!
こう比較すると全く訳が分からなくなってくる
こう比較すると全く訳が分からなくなってくる

意外にまだ築30年弱

インド風の建物と仏像が見える以外は、ごく普通の地方の住宅地といった風景だ。
これが住人にとっては当たり前の風景なのか、と思うと慣れってすごいなぁとも思うが、この仏像は昭和57年に建造されたものらしいので、そんなに古いものでもない。
突然こんな大きなものが現れてさぞかし町は騒然としたのでは・・・と勝手に想像する。
周辺は普通の住宅地
周辺は普通の住宅地
建物の間から見えた「古着屋 西海岸」が気になった
建物の間から見えた「古着屋 西海岸」が気になった

何故か幼稚園に迷い込む

大仏が遠くから見えてはいるが、どこからどうやって近づけばいいのかよく分からなかった。
バス停からちょっと歩き、寺院へ繋がる一本道を見つければあとは分かり易いのだが、どういう訳か施設に辿り着くまでにすごく時間がかかったのだ。まず最初、隣接している幼稚園の方へ迷い込んだ。


仏像の真横に幼稚園がある、ってことはそこの園児はこれを当たり前の風景として育つってことか・・・など考えつつ通過。
あのネズミに徐行を促される
あのネズミに徐行を促される
インドっぽい建造物のすぐ隣がまさかこんなことに
インドっぽい建造物のすぐ隣がまさかこんなことに
間違ってたので幼稚園からは引き返し、更にウロウロ。なんとか正式なルートを見つけ、入場した。
どうして発見できなかったのか分からないほど分かり易い入口だったので、これから行く方は幼稚園に迷い込む心配はそんなにされなくて良いと思う。
通常の入口。どう見ても入口。
通常の入口。どう見ても入口。
インド風建造物の隣の建物の前には福の神
インド風建造物の隣の建物の前には福の神
地獄館ってなんだ
地獄館ってなんだ
近づくとこの異国感!周りは普通の住宅地なのに。
近づくとこの異国感!周りは普通の住宅地なのに。
更に至近距離!今倒れてこられたらアウト。
更に至近距離!今倒れてこられたらアウト。

仏像の足元から入る

この仏像は中に入って肩の辺りまで登れるらしい。そして、地下通路から地獄極楽館、歴史館(別館)へと繋がっているという説明を受けた。

さて、入ってみるか。
こっちこっち!
こっちこっち!
飛び込め観音様!
飛び込め観音様!

DPZトップへ

この記事を送る