ちしきの金曜日 2013年5月31日

奈良の豆腐屋さんの試食が凄い

!
奈良にとても美味しい豆腐屋さんがあって、しかもいっぱい試食させてくれたりとサービスが凄いらしい。しかもそんなお店が二件あるという。

なんだ、奈良。一体なぜそんなことになっているのか。いっぱい試食させてもらいに行ってきました。
1983年三重県生まれ、大阪在住の司法書士。 手土産を持参する際は消費期限当日の赤福で受け取る側に過度のプレッシャーを与える。
> 個人サイト owariyoshiaki.com
その豆腐屋さんがあるという五條市にやってきた。
五條市の五条駅。
五條市の五条駅。
五條市にある駅の名前は五条駅。五條駅で検索すると漢字が違うため検索には引っかからないし、五条駅で検索したら京都の情報ばかりが出るという非常にインターネット上の隠密性が高い駅だった。
伊勢屋豆腐店
伊勢屋豆腐店
これまで磨いたインターネットスキルを総動員して五条駅、そして目的のお豆腐屋さんへたどり着いた。そのお豆腐屋さんは勝手なイメージとは違っておしゃれな感じの店構え。本当に試食とかそんな気軽に出来るのだろうか。
豆腐の種類が多い。
豆腐の種類が多い。
恐る恐る店の中に入ってみると一面お豆腐。もの凄く種類が多いが、別に試食用のものなんて置いていない。あれっ、何か、おかしい。
飲食店のようだが、試食スペース。
飲食店のようだが、試食スペース。
そう思っていたらば、レジの奥に飲食スペースらしき所を見つけた。えっ、あっ、あれは。と店員さんに聞いてみると「ご購入いただいた商品などを召し上がっていただけるんですよ」とのこと。

えっ、なに、そのためだけのスペース!?「じゃあ、食べさせてください!」と言って商品を購入した。

歌って踊れる豆腐

青大豆豆腐と湯葉あんかけを購入。
青大豆豆腐と湯葉あんかけを購入。
飲食店ではないので、あまりお気づかいが出来ずすみませんねぇ。と言いながらお豆腐を用意してくださった。そう言いつつも席に器にお茶に調味料とこ至れり尽くせり。
青大豆豆腐。
青大豆豆腐。
見たことがないので選んだ青大豆豆腐、これが凄い。モロモロッと崩れてねっとりと広がる濃厚なチーズケーキの様な食感。そしてその味が濃いんだこれ。

木綿豆腐よりも濃くて絹ごし豆腐よりもなめらか。爽やかに甘くて炒り大豆みたいに香ばしい。食べ終わってしばらくしても鼻を抜ける空気が香ばしくてビックリした。
湯葉あんかけ豆腐
湯葉あんかけ豆腐
いやはや、青大豆豆腐凄いわねぇと湯葉あんかけ豆腐にも手を伸ばすとこれがまた。さっきとは打って変わってふるふるのお豆腐。口に入れた瞬間とろけていく。

というか多分これは液体で、スプーンですくっても何か奇跡的に形を保っていたけれど口の中で魔法が解けた。って感じの食感。一瞬であんかけの餡と混ざり合って、うわぁー!ってなる。うわぁーっ!!って。なのに香りは広がるのな。

これは凄い、違うわ。食感担当:豆腐、味担当:醤油、香りと旨味担当:鰹節。みたいな従来の構成じゃなくて、歌って踊れて、曲も書く豆腐だ。ここの豆腐。

今からスタート

はぁー、美味い。試食というのとは少し違う気はするがこれは良いなぁと思っていたらば、良かったらこちらもどうぞ~。と言って三種盛りのお皿を出してくださった。

し、試食だ!
左から胡麻絹ごし豆腐、ざる豆腐、青大豆豆腐。また青大豆豆腐来た!
左から胡麻絹ごし豆腐、ざる豆腐、青大豆豆腐。また青大豆豆腐来た!
買って食べているのに試食が来た。しかもこんなに。って思っていたら、次に来たお客さんにはまずダイレクトに試食を勧めていた。なんだ、なにが違ったのか。
もったりとした食感の胡麻絹ごし豆腐(ごま豆腐ともまた違う)。断面で伝わるだろうか。
もったりとした食感の胡麻絹ごし豆腐(ごま豆腐ともまた違う)。断面で伝わるだろうか。
あとから来たお客さんも一口食べて「これはッ…」みたいな表情になっていて、何故か僕が「そうだろう…」と誇らしい気持ちになった。

が、また僕も違う種類の豆腐を食べて「ハッ…!!」となる。胡麻絹ごしはババロアのみたいにもったりとしてガツンとくる。ざる豆腐はさっぱりとしながらクリーミーでホワイトソースのよう。
追撃、わらび餅とこんにゃくの天ぷら。双方ともに凄く美味い。
追撃、わらび餅とこんにゃくの天ぷら。双方ともに凄く美味い。
更に、こちらもどうぞ。と言いながら更にもう一皿と豆乳まで。まさかこんなに来るとは思わなかった。なんだこれ、これが、試食が凄い。か。

確かに凄い、これで十分だ。自分で買った分持ち帰りにすればよかったと思うくらい(実際食べるの超必死だった)。
豆乳、凄く濃いのに苦みとかえぐみがない。
豆乳、凄く濃いのに苦みとかえぐみがない。
豆腐自体も凄いし、サービスも素晴らしい。なんでこんなにサービスしているんですかと聞くと「味わって買っていっていただければなと。でも、用意できるかわからないのでタイミングですね」とおっしゃっていた。

タイミングか、後のお客さんがダイレクト試食に入ったのもそのせいだろうか。過剰サービスにも思う試食だが食べた後だと効果が分かる。これは効く。

お客さんが「あの試食でいただいた物はどれですか?」といって買っていくのだ。僕も、これだけおいしいのだから他の物も美味しいだろう。という魂胆で厚揚げと揚げだし豆腐を買った。

サービスと商売が完璧に合致している試食が凄い豆腐屋さん。でもご厚意なのでそれを期待していくのではなく、もしもあったらありがとう。位の気持ちで行きましょう(これが試食を目当てに二時間電車に乗った男の発言)。

DPZトップへ

この記事を送る