ひらめきの月曜日 2013年7月15日

1970年の東京の風景を探しに行く

左、2013年。右、1970年。
左、2013年。右、1970年。
1970年の東京の地理の本を手に入れた。
本に載っている場所がいまどうなっているか、観に行ってきた。
1984年うまれ、石川県金沢市出身。邪道と言われることの多い人生です。東京とエスカレーターと高架橋脚を愛しています。

前の記事:「線路を歩ける橋、赤川鉄橋をくぐる、渡る」
人気記事:「関西のエスカレーターがヤバい」

> 個人サイト 東京エスカレーター高架橋脚ファンクラブ

興奮の『わたしたちの地理』

ある日、母が上京した際に、お土産として「こういうの、好きでしょ」と言って持ってきたのがこの本である。
昭和38年(1963年)刊、『わたしたちの地理』九州編、四国編。
昭和38年(1963年)刊、『わたしたちの地理』九州編、四国編。
裏側はこんな感じ。
裏側はこんな感じ。
祖母の家の納戸の整理をしていたら、母が小学生のとき購読していたこのシリーズが出てきたらしい。
うむ、大好物である。
昔の学習雑誌に描かれる「未来予想図」は乙幡さんがこちらの記事で紹介されていたが、この本が描くのは、高度経済成長まっただ中のリアル日本だ。環境問題が社会科の基本コンテンツになるちょっと前の時代、九州編に登場する工場地帯には、全体的にがんがんいこうぜ的雰囲気がみなぎっていた。
八幡製鉄所。「世界第4位の製鉄会社」として紹介されている。
八幡製鉄所。「世界第4位の製鉄会社」として紹介されている。
戸畑製造所。「上の写真で左のはしにある溶鉱炉は、一日に二○○○トンの銑鉄をつくる世界最大のものです。」とある。
戸畑製造所。「上の写真で左のはしにある溶鉱炉は、一日に二○○○トンの銑鉄をつくる世界最大のものです。」とある。
世界最大の溶鉱炉とか、世界一の敷地面積とか、自信に満ちている八幡製鉄所。Wikipediaによると戸畑製造所の発足は1958年。できたばっかり自信満々なのだ。
そして、軍艦島。
そして、軍艦島。
当然、現役で、当時の名前「端島」として紹介されている。
空撮だけでなく、島のひとびとの暮らしを紹介するコーナーもあった。せっかくなので、先日のT・斎藤さんの記事から写真を拝借して比べさせてもらおう。
1963年
1963年
ちょうど半世紀後、2013年(T・斎藤さん撮影)
ちょうど半世紀後、2013年(T・斎藤さん撮影)
2013年(T・斎藤さん撮影)
2013年(T・斎藤さん撮影)
1963年。配管の形状からして、同じ建物だろうか。
1963年。配管の形状からして、同じ建物だろうか。
「せまい」が強調されている。
「せまい」が強調されている。
子どももいっぱい。屋上には温室があったということだが
子どももいっぱい。屋上には温室があったということだが
 50年経って、緑化大成功である(T・斎藤さん撮影)
50年経って、緑化大成功である(T・斎藤さん撮影)
いいわー。
これは、現代の風景ともっといろいろ比べたいわー。

DPZトップへ

この記事を送る



イッツ・コミュニケーションズ株式会社