はっけんの水曜日 2013年10月30日

観葉植物の土には金が混ざっていないか

!
小さいころから観葉植物の土には金が混ざっていると思っていた。あれを集めたら大金持ちになれるのでは、と。

その気付きを得ていながらくすぶらせて続けて十数年。観葉植物の鉢を見て燃え上がった。やっぱこれ、金じゃない!?
1983年三重県生まれ、大阪在住の司法書士。 手土産を持参する際は消費期限当日の赤福で受け取る側に過度のプレッシャーを与える。

前の記事:「食べるラー油が成熟している」
人気記事:「青春18うどん旅」

> 個人サイト owariyoshiaki.com

金だな、これは

子供のころは身の回りに宝石が沢山あった。運動場の土には石と引っ付いた水晶が混ざっていたし、海には半透明のトパーズやアメジストが落ちていた。
ほら、土たちに混じって金があるよ(観葉植物の受け皿に残った土たち)。
ほら、土たちに混じって金があるよ(観葉植物の受け皿に残った土たち)。
それらは石英というものであったり、ガラスのすり減ったものだと知らされ輝きが褪せていったが、花壇でよく見つけた金は金のままである。
ほら、これは金だよ。
ほら、これは金だよ。
金の輝きを胸に秘めたまま、縁遠い生活を過ごし十数年。自分で観葉植物を育て始め、再会して燃え上がる。やっぱりこいつは金なんじゃね?という思い。

これをたくさん集めたら大金持ちになれるんじゃないだろうか。

金じゃなかった

金をたくさん集めるため、混ざっている可能性のある土を集めようとホームセンターへ。そこで店員さんに「観葉植物の土の金…」と話しかけた所で止まってしまう。

金「みたいな」と言った時点で金でなくなってしまうのではないか、しかし金と言うのもはばかられる…だが、店員さんは「それでしたら」と言いながら案内してくれた。「土の金」で通じるのか。
金の袋詰め。5リットル。リットル単位なのか。
金の袋詰め。5リットル。リットル単位なのか。
本当にあるのかと思いながらついていって差し出されたのはこれ。なんと、金そのものの袋詰め。混ざった土ではなく、金そのもの。

秘かに流れていた鉱脈を自分だけが見つけていたと思っていたのに、なんとパック詰めして売られていた。しかも5リットル298円。
なんだこれ。
なんだこれ。
もしかしてあれは金じゃなかったのか、いや、店員さんが僕の言う金と違うものを思い浮かべていたのかもしれない。複雑な思いを胸に早速金袋を開いてみてみる。

が、襲う混乱。土、いや、何か鉱石のかけらっぽい。そして金も混ざっている。でも、ほぼ鉱石。が、そこかしこから感じる金の雰囲気…。
右奥には砂金があるね。
右奥には砂金があるね。
一体これは何なのか、金は一体何なのか。大多数のものはパイ生地の様に幾層にも重なって出来ている様に見える。
あっ、ペラッと。
あっ、ペラッと。
もしや、と思って層の間にナイフの刃を入れてみるとペラッと剥がれた。するとキラキラと輝きだす岩。
あっ、金!
あっ、金!
なんと、金が現れた。そして包まれる現実感。金は金(ゴールド)ではなく、バーミキュライトという5リットル298円の物質の薄くなった状態の物。だった。

金じゃない。金じゃないのか。

いや、でも、金として使えるんじゃないか

金だと思っていた物は軽くて経済的で保水性、通気性に優れた、金とは真逆の様な性質を持った物質であった。
これ、金じゃんね。やっぱり。
これ、金じゃんね。やっぱり。
しかしながら薄くなった時の見た目は金そのもの。薄くして使う場面、たとえば金箔として張り付けたりしたら、そのまんま金として使えるんじゃないだろうか。
銀閣寺は銀貼りたかったけどお金無くなっちゃったから貼れなかった。って言うの、嘘だったんですね(調べた)。
銀閣寺は銀貼りたかったけどお金無くなっちゃったから貼れなかった。って言うの、嘘だったんですね(調べた)。
例えば、金閣寺に対抗して何かキラキラした建物建てたい!でも、お金があんまりない…って場合でも
バーミキュライ閣寺(2013年建立)
バーミキュライ閣寺(2013年建立)
バーミキュライトなら非常に安価でキラキラさせられる。見た目には十分金なので、浮いたお金で海外旅行などにも行けるかもしれない。

これは、とてもいい。むしろバーミキュライトは金よりも有用なのではないか。よし、バーミキュライ閣寺を作ってみよう。

DPZトップへ

この記事を送る



イッツ・コミュニケーションズ株式会社