はっけんの水曜日 2013年11月20日

魔法びんはかつてなぜ花柄だったのか?

花柄の魔法びん
花柄の魔法びん
そういえば、花柄の魔法びんって、さいきんあまり見かけない。

おばあちゃんの家に行くと置いてあったあの鮮やかな花柄魔法びんは、いったいどこへ行ってしまったのだろう?

たまには花柄の魔法びんをながめて、その実家っぽさに癒やされたい。
鳥取県出身。東京都中央区在住。フリーライター(自称)。境界や境目がとてもきになる。尊敬する人はバッハ。

前の記事:「外骨格ロボや立体地下鉄路線図に鼻息を荒くした「Maker Faire Tokyo 2013」」
人気記事:「料理のレシピを鉄道路線図っぽく表現してみる」

> 個人サイト 新ニホンケミカルTwitterID:tokyo26

家の中の花柄を探しだす

ところで、いま家の中に花柄の家財道具はどれほどあるだろうか? 探しだしてみた。
これだけ
これだけ
以前、シチューをかき回しながら都心をぐるりと歩いたことがあったのだが、その時に使ったホーローの鍋とプラスチック製のトレイだけだった。

トレイの方は正確に言うとフルーツのような気もするのだが、花も果実も、鳥取と島根みたなもので一緒くたに考えてもさしつかえないだろう。

それにしてもたった2つである。子供のころ暮らした家のなかのようすを思い出してみると、もっと花柄があふれていたような気がする。

テーブルクロス(ビニールのやつ)、炊飯器、食器棚のガラス……中でも印象に残っているのはやはり、魔法びんの花柄だ。

花柄の魔法びんを見ると、よくポットのお湯で抹茶を点ててくれた祖母のことを思い出すのだ。

花柄の魔法びんはどこへ行けばあるのか?

「花柄の魔法びんをひとめ見たい」

調べてみると、大阪にある「まほうびん記念館」では昔の魔法びんも展示されているという。

これは行くしかない。
大阪の象印マホービンにやってきた
大阪の象印マホービンにやってきた
「まほうびん記念館」は象印マホービンの運営する企業博物館ではあるものの、象印に限らず「魔法びん」という道具の発展の歴史をふり返ることができる展示が行われている。

事前予約が必要だが、記念館の方がつきっきりで解説してくださるのが嬉しい。
当たり前だけど、まほうびんについてほんとに詳しい
当たり前だけど、まほうびんについてほんとに詳しい
ぼくが行った日は館長の山口さんが解説してくださった。
花柄魔法びんはどこかな~
花柄魔法びんはどこかな~
あ、花柄のまほうびん。見つけた!
おぉ、こんなかんじのまほうびん! 探してたんです!
おぉ、こんなかんじのまほうびん! 探してたんです!
極彩色の花柄。農家の友達の家にあったやつっぽい
極彩色の花柄。農家の友達の家にあったやつっぽい
象的なイラストの花柄。団地に住んでたいとこの家にあったやつっぽい
象的なイラストの花柄。団地に住んでたいとこの家にあったやつっぽい
バラと野菊だろうか。サイケデリックなまほうびん
バラと野菊だろうか。サイケデリックなまほうびん
控えめだけど、しっかり花柄。上のサイケなやつとは同じ花柄でも印象がまったく違う
控えめだけど、しっかり花柄。上のサイケなやつとは同じ花柄でも印象がまったく違う
さすが、魔法びん記念館だ。花柄の魔法びんには事欠かない。

いやー、花柄の魔法びんを見ることができ、眼福眼福。以上で取材終了……というわけにはいかない。

やはり、話を聞かなければならないだろう。

どうして花柄が流行ったのか?

花柄は訪問着

山口さんによると、そもそも、花柄の魔法びんは1967年(昭和42年)に、大阪の魔法びんメーカー「エベレスト魔法びん」が発売したものが最初だ。

それに追随する形で象印、タイガーなどのメーカーも花柄の魔法びんの発売をはじめた。

昭和42年は「花柄魔法びん元年」である。
最初期の象印の魔法びん
最初期の象印の魔法びん
しかし、1967年にとつぜん花柄ブームがはじまるのはなぜなのか? 

山口さんが準備してくださった、『日本の魔法瓶』という本に、そのヒントとなる一文があった。

そこには、業界で最初に花柄の魔法びんを売りだしたエベレスト魔法瓶の西岡社長の言葉としてこんな言葉が載っている。

『適齢期になった女性が訪問着をほしがるように魔法瓶では花柄を求めると思う。これは花柄が良いかどうかはムードの問題だ。魔法瓶業界もデザイン、色彩面で適齢期になってきたということだろう。』(全国魔法瓶工業組合『日本の魔法瓶』132ページ)
魔法瓶業界の発展の歴史を記した書物
魔法瓶業界の発展の歴史を記した書物
ーー適齢期の女性というのが独特な言い回しですが……当時は花柄というデザインが斬新だったんでしょうか?
「そうですね、それまでの魔法びんや家電製品は単色のものが多かったんです。それこそ白物家電と言われるように白いものが多かった。だから、どこのメーカーの商品なのか区別がつきにくかったんです」

ーーメーカーがデザインに個性を出すようになったということですか?
「そうですね、あわせて昭和40年代といえば高度経済成長で国民がずいぶん豊かになっていたということもあり、デザインで商品を選ぶぐらい余裕が出てきたということもあるんでしょう」
花柄ポットのラインナップ
花柄ポットのラインナップ
以下はぼくの勝手な考察だが、昭和42年といえば東京オリンピックから3年後、カラーテレビが台数こそ少ないものの、一般家庭に普及し始めた時期と一致する。

そして、7年後の昭和49年にはカラーテレビの普及率が85%を超え、完全に白黒テレビと逆転する。

そのカラーテレビで鮮やかな色の花柄魔法びんをCMする。となると、花柄がブームにならないわけがない。

花柄魔法びんのブームは、まさに世の中が「色づき始めた」時期と一緒なのだ。

むかしのテレビCM。キョウリュウジャーでいうと、レッドとゴールドの部分が花柄の魔法びんだ
むかしのテレビCM。キョウリュウジャーでいうと、レッドとゴールドの部分が花柄の魔法びんだ
エベレスト魔法瓶、西岡社長の「花柄が良いかどうかはムードの問題だ。魔法瓶業界もデザイン、色彩面で適齢期になってきた」という言葉の「ムード」や「適齢期」というキーワードの意味は、こういう時代をみこしての言葉だったのではないだろうか?

DPZトップへ

この記事を送る



イッツ・コミュニケーションズ株式会社