コラボ企画 2014年3月17日

むかしの絵葉書に写っている場所を探す

この場所をさがしてきました
この場所をさがしてきました
リクルート住まいカンパニーが運営する不動産・住宅情報サイトSUUMOが開設した「スーモ地元自慢」というサイトがある。

自分の住んでいる「地元」の自慢できるところを写真に撮って投稿しようという趣向だ。

厳かな神社仏閣、そびえ立つビル、のどかな里山、きれいな海、美しい山……投稿された地元自慢の写真を眺めていると、日本がいかに多様であるかが実感できると思う。

しかし、これってよく考えると何かに似ている。

そう、むかしの絵葉書だ。
鳥取県出身。東京都中央区在住。フリーライター(自称)。境界や境目がとてもきになる。尊敬する人はバッハ。

前の記事:「過去最高難度の問題……それでも正解者がいた! ~ここはどこでしょう?第7回~」
人気記事:「料理のレシピを鉄道路線図っぽく表現してみる」

> 個人サイト 新ニホンケミカルTwitterID:tokyo26

むかしから「地元自慢」してた

観光地に行くと、その土地の観光名所や名勝が印刷された「絵葉書」をよく見かける。

まだカメラが高価だったむかしは各地のようすを伝える手段として「絵葉書」はたいへん重宝された。

地元のきれいな風景の写真(絵葉書)に、近況を綴って親しい人に送る。今、スマホとSNSでやっているようなことを、昔の人は絵葉書と郵便を使ってやっていたのだ。
「スーモ地元自慢」コンセプトは絵葉書と同じだ
「スーモ地元自慢」コンセプトは絵葉書と同じだ
「自慢の名所や名勝が印刷された絵葉書に自分のコメントを添えて人に送る」という行為は、そのまま「自分の住んでいる地元の自慢できるところの写真をみんなで共有する」という「スーモ地元自慢」のコンセプトと同じではないだろうか?

家にある古い絵葉書を見てみる

古い絵葉書が家にいくつかある。

観光地の絵葉書は、建物や風景が今とそんなに変わらないのであまり興味をそそられないけのだけれど、観光地として有名ではない場所の絵葉書が好きで以前からすこしづつ買い集めていた。
うちにある絵葉書
うちにある絵葉書
ぼくの持っている絵葉書は、広島・呉のものが幾つかと、福岡のものが十数枚。いずれも観光地とはいえない地味な場所の絵葉書ばかりだ。
広島の絵葉書。宮島のような観光地ではなく、広島市内の風景だ
広島の絵葉書。宮島のような観光地ではなく、広島市内の風景だ
福岡市の絵葉書。右下の絵葉書の建物は今でも残ってるはず(福岡に行った時に見た)
福岡市の絵葉書。右下の絵葉書の建物は今でも残ってるはず(福岡に行った時に見た)
ひとつづつ見ていくと、ちょっと長くなってしまうので、今回は特に気になった呉の絵葉書について見てみたい。

まずはこちらの公園の写真。
絵葉書1「呉二河公園(要塞認可)」
絵葉書1「呉二河公園(要塞認可)」
絵葉書2「【呉名所】二河公園(大正八年八月要塞司令部許可済)」
絵葉書2「【呉名所】二河公園(大正八年八月要塞司令部許可済)」
呉市にある「二河公園」という場所の絵葉書だ。

絵葉書1は庭園だろうか? 真ん中に東屋が見える。右側にはなにか塔のようなものが建っている。

絵葉書2は同じ二河公園だけれども、解説が若干詳しく、大正八年八月に要塞司令部に認可を受けた写真らしい。

両脇に灯籠のある大きな道が写っている。
絵葉書3「呉鯛宮記念碑(要塞認可)」
絵葉書3「呉鯛宮記念碑(要塞認可)」
絵葉書3は「呉鯛宮記念碑」と書かれた慰霊塔のようなものが写った写真。
絵葉書4「呉市街全景」
絵葉書4「呉市街全景」
絵葉書4は「呉市街全景」と書かれた写真だ。びっしりと並んだ瓦屋根の家が写真の真ん中辺りまで続く。

どこか小高い場所から撮影されたものだということはわかる。

おそらく、この二河公園や呉市街全景なんて今とはずいぶん変わっているのではないだろうか。

この絵葉書の写真を撮った同じ場所で、今の風景を撮って見比べてみたい。

呉にやってきた

ということで、呉にやってきた。
うっかりキス顔に
うっかりキス顔に
せっかく呉までやってきたので、ネットで色々調べるのは必要最低限にし、地元の人に直接話をきいて絵葉書の場所を探しに行きたいと思う。

そこでまずむかったのは呉の観光案内所。

観光を案内するぐらいなので、むかしの絵葉書に詳しい人がいてもおかしくない。受付にいたお姉さんに聞いてみた。
絵葉書を出すとしばらく言葉がでなかったお姉さん
絵葉書を出すとしばらく言葉がでなかったお姉さん
ーーあの、これ呉のむかしの絵葉書なんですが……この場所に行って同じ場所から写真を撮りたいんですけど……場所分かりますか?

「えーっ? これですか……」

お姉さんはちょっと言葉につまっているようだった。

おっさんが突然訪ねてきて、古い絵葉書を取り出したというのがよほどの想定外だったのだろうか。

ただ、持っていった4枚の絵葉書のうち、絵葉書1~絵葉書3はどこのものなのかすぐに特定できた。

「二河公園」の2枚は今でも同じ名前の公園が市内にあるのでおそらくそこ、そして「呉鯛宮記念碑」は市内に鯛の宮神社という神社があり、そこにこの記念碑は今でもありますよ。とのことだった。
戦後の空中写真の史料を出してもらって見比べるけれど、さっぱりわからない
戦後の空中写真の史料を出してもらって見比べるけれど、さっぱりわからない
しかし、絵葉書4の「呉市街全景」これが全く見当もつかない様子だった。

ーー市内が一望できる場所ってどこですかね?
「うーん、市内が一望できる場所といえば200階段ですかね?」
観光案内所からは歩くとちょっと遠い
観光案内所からは歩くとちょっと遠い
200階段。名前を聞いただけでようすが想像できそうな場所である。200階段は「海猿」などのロケで使われた場所で最近訪れる観光客が増えたらしい。

お姉さんの推理にしたがって絵葉書をもう一度よく見てみる。

言われてみれば左下のすみに階段の手すりのようなものが写っているような気がする。
階段の手すり?
階段の手すり?
「あれ? これいきなり正解見つかっちゃったんじゃないか?」と、この時はまだのんきに考えていた。

自転車を借りてまずは二河公園へ

とりあえず、4枚の絵葉書のうち、現在位置の確実な3枚を先にたずねることにした。

大和ミュージアムで行っているレンタサイクルを利用し、観光案内所でもらった情報を手がかりに、まずは「二河公園」へ向かった。
とつぜん写真がニュース風になったのは「スーモ地元自慢」で写真を加工したからです。
とつぜん写真がニュース風になったのは「スーモ地元自慢」で写真を加工したからです。
観光案内所のお姉さんによると、むかし「二河公園」のあった場所は現在球場になっているらしい。
写真には写ってないけど、雪ふってきた
写真には写ってないけど、雪ふってきた
呉は中心街の平野部分は範囲がそんなに広くないので自転車で移動するぶんには申し分ないのだが、あいにくこの日は風がつよく、しかも海からの風だったのでことのほか冷たく、雪まで降ってきた。

瀬戸内だからそんなに寒くないだろうと勝手に思い込んで薄着できたので大変後悔した。

DPZトップへ

この記事を送る

お知らせ

デイリーポータルZをサポートする
じゃあせめてこれだけでも メルマガ SNS!


イッツ・コミュニケーションズ株式会社