チャレンジの日曜日 2014年5月11日

♪海はひろいなーおおきいーなー(ギターソロ)~「いじわるなぞなぞ」の答えを考えてあげよう

!
答えがどれもとんでもない30年ぐらい前の「いじわるなぞなぞ」。

そんななぞなぞに、21世紀を生きる我々が新しい解釈を与え「いじわるなぞなぞ」のいじわるに知性の光を灯し、新時代の言語遊戯として新たな息吹を吹き込もう。

第2回の結果発表です。
鳥取県出身。東京都中央区在住。フリーライター(自称)。境界や境目がとてもきになる。尊敬する人はバッハ。

前の記事:「トリックアート風の記念写真を東京の観光地で撮る」
人気記事:「料理のレシピを鉄道路線図っぽく表現してみる」

> 個人サイト 新ニホンケミカルTwitterID:tokyo26

大人の屁理屈をぞんぶんに

目の覚めるようなトンチの効いた解答がたくさん寄せられた前回に比べ。今回は酸いも甘いも噛み分けた大人の老獪な知恵を使った屁理屈が多く届いた。

それではさっそく、各問題におくられてきた解答を見てみよう。

問1

小学校の音楽の先生が♪海は広いな大きいな…とうたいました。すると、つづけて生徒たちは、なんとうたったでしょうか?
いじわるなぞなぞのこたえは「うんこ」
この問題の正解は「♪おしっこしてもわからない」
(ギターソロ)
毒サラダ
しかも長い。
されど縮むは我らがアラル海
黒猫屋倫彦
カザフスタン第二小学校校歌。
実際見たことないけれど

遠足で海へ行くのでしょうか
ウウタルレロ
長野県の悲哀……。
ハァ どっこい
こあら2号
それからどしたぁ!

問題2

浦島太郎は、竜宮城につくやいなや、乙姫さまになぐられてしまった。どうして?
いじわるなぞなぞの答えは「ひまだったから」
この問題の正解は「スケバンの乙姫だった」
「乙姫がスケバン」という設定のヒントが、なぞなぞ内には皆無なのに、なぜこの答えを設定したのか、謎に包まれる至高のなぞなぞのひとつ。
本番禁止なのに、やっちゃったから。
ハンター
仕方がない。
バネの原理が働いた。
ババア伝説
からくり人形?
シャーク(癪)にさわったから
AOKI
「触っちゃだめって言ったでしょ!」安全を再優先に考えてくれる優しい乙姫。
乙姫の眼を一目見て浦島は思った。

「乙姫様のカウンターパンチはどれほどの力だろうか」と。

浦島は、ゴングが鳴るや否や、わざとガードガラ空きの状態で乙姫にジャブを出す素振りを見せ、挑発した。

「ふぅん、あんた、わかってんじゃないの……」乙姫は、浦島の意図を本能的に察して、得意の右フックを打ち込んだ。

「……さすが乙姫様だ。やるじゃないか」脳天に軽いダメージを覚えながらも、浦島は悪くない手応えを感じた。

浦島太郎と乙姫は、拳でわかり合える仲であった。 紅茶男
泪橋あたりにありそうな竜宮城
そういった行為が一番のご褒美であることを、浦島太郎の雰囲気から察したから。
タルテツ
五反田あたりにありそうな竜宮城
乙姫様は「理由もなくグーで殴る女子」、通称リュグジョだった。竜宮城なだけに。
せぼねん
「竜宮城は、あります!」
浦島太郎がムカつく顔をしていた。
マシマロ
ジャイアンか。

問題3

新聞が得か? テレビが得か?
この問題の正解は「一度飛んだら、そのかっこうが悪かったので」
この問題の正解は「新聞、新聞にはテレビ欄があるが、テレビに新聞欄はない」
新聞やテレビを、損得の視点から考察したことはあまりないと思うが、ぜひとも考えていただきたい。
それが問題だ
ありた
そう、それが問題なんです。シェイクスピア先生もおっしゃっておりました。
新聞。しんぶんしんぶんって繰り返すと分身するから
貴様の病も卵とじ
「分身した方が勝ち」という斬新な視点。ねじ伏せられるような説得力がある。
新聞。新聞は読んどく(四得)ものでテレビは見とく(三得)ものだから
節足レトリバー
決まったー! たぶん、これが正解。
テレビ受信料
・民放(地上波)
0円
・NHK
1310円/月(地上波/口座・クレジット払い)
2280円/月(衛星/口座・クレジット払い)
・WOWOW
2300円/月

新聞購読料
・読売新聞
4037円/月(朝夕刊セット版)
3093円/月(夕刊なし)
・朝日新聞
4037円/月(朝夕刊セット版)
3093円/月(夕刊なし)

よって、テレビが得

本塁MAX
だそうです。

以上、30年ぐらい前の不可解ななぞなぞに対し、新世紀の我々が知恵を絞り、より適切な解答を考えてあげた「いじわるなぞなぞの答えを考えてあげよう」。

残念ながら今回で最終回となる。

30年前に考えだされた、いびつなミュータントのようななぞなぞの答えに、情報化社会の最先端を生きる我々が、新たな知性の生命を、いくらか吹き込むことができたのではないかと自負している。

また忘れた頃にでも復活し、みなさまのお知恵を拝借することになるかもしれない。

それではごきげんよう。

DPZトップへ

この記事を送る



イッツ・コミュニケーションズ株式会社