ロマンの木曜日 2015年3月19日

無人島にある日本版ストーンヘンジ「王位石」の謎

鳥肌たちました。
鳥肌たちました。
長崎県は野崎島に、「王位石(おえいし)」という日本版ストーンヘンジとも言うべき謎の巨石がある。

サークル状にこそなってないものの、巨大な石が鳥居のように積み重なっている。その大きさは高さ24メートル。上に乗ってるテーブル状の石の大きさが5m×3m。人工物なのか自然にできたものなのかすらわかってないという。

これに間近まで迫ってきたのでレポートしたい。
長崎より九州のローカルネタを中心にリポートしてます。1971年生まれ。茨城県つくば市出身。2001年より長崎在住。ベルマークを捨てると罵声を浴びせられるという大変厳しい家庭環境で暮らしています。
> 個人サイト 長崎ガイド

Sランク級の訪問難易度

王位石がある野崎島は、完全な無人島となるのを避けるために一人だけ住民表を置いてる人がいる「ほぼ無人島」。そこには世界遺産候補になっている教会があったり野生の鹿が住んでいたりして、昨年訪れて大変感銘を受けた。(その時の記事はこちら

その時も行きたかったが行けなかったのが王位石だ。
地図に見えないけどこれ地図です。(「-」のところをガシガシクリックして縮小して見てください)
なにしろ船が1日2便しかなく、野崎島に行くだけでもなかなか行けないというのに、さらにHPの情報によれば往復5時間以上の登山をしないと辿り着けない。

で、2度目の野崎島訪問となる今回はここを目指した。
遠くから望遠で見た王位石。巨大な石が鳥居のカタチに組んである。その下に見えるのは神社。沖ノ神島神社という。
遠くから望遠で見た王位石。巨大な石が鳥居のカタチに組んである。その下に見えるのは神社。沖ノ神島神社という。

まずは小値賀島(おぢかじま)へ

私が住む長崎から野崎島までの行程は以下。
長崎 → 佐世保 → 小値賀島 → 野崎島
同じ県内なのに3ホップもかかる。いわんや県外をや。

小値賀で一泊し、翌朝の便で野崎島へと渡る。
高速船シークイーンに乗って佐世保から小値賀島へ上陸。所要時間は1時間25分。
高速船シークイーンに乗って佐世保から小値賀島へ上陸。所要時間は1時間25分。
小値賀島のフェリーターミナルにはこんなスペースがある。家か。
小値賀島のフェリーターミナルにはこんなスペースがある。家か。
おぢかアイランドツーリズム理事長の尼崎さん
おぢかアイランドツーリズム理事長の尼崎さん
小値賀島では、NPO法人「おぢかアイランドツーリズム」の理事長を務める尼崎さんに島内を案内して頂いた。

で、やって来たのは地ノ神島神社。
小値賀島にある地ノ神島神社は、野崎島の沖ノ神島神社と対になっており、
小値賀島にある地ノ神島神社は、野崎島の沖ノ神島神社と対になっており、
その鳥居の延長線上の山の上に、
その鳥居の延長線上の山の上に、
王位石が見える。(スケールでけー!)
王位石が見える。(スケールでけー!)
これを見てますます王位石への期待が膨らんだ。

沖ノ神島神社が作られたのは飛鳥時代の704年という(!)。
小値賀島にはかなり古くから人が住んでいたとのことで、長崎市や佐世保など現在中心地となっているところよりずっと歴史が古いのが興味深い。
古墳にも案内して頂いた。案内板も何もない民家の横を入って行くと
古墳にも案内して頂いた。案内板も何もない民家の横を入って行くと
唐突に古墳が出てくる。
唐突に古墳が出てくる。
石室だ!わかりやすい古墳。
石室だ!わかりやすい古墳。
面白いのは、こういった遺跡がまったく何の説明もなくポンとあること。看板やら標識やらが一切ない。囲いすらなく、うっかり祠を踏んでしまいそうになった。
古代の中国船の碇石(いかりいし)。これも何の説明もなく林の中に置いてある。
古代の中国船の碇石(いかりいし)。これも何の説明もなく林の中に置いてある。
ロープを括りつけるための溝がついている。
ロープを括りつけるための溝がついている。
前回訪問時は一人で島内をふらふらと見て回っていたが、ガイドが有る無しじゃずいぶん違う…というかここはガイド無しだったらわからないところだらけだな、ということがわかった。
その他、島内のあちこちを案内して頂いた。
その他、島内のあちこちを案内して頂いた。

DPZトップへ

この記事を送る