ちしきの金曜日 2015年7月10日

スイッチバックが好きになりかけてる

箱根登山鉄道に乗ります 

で、なんと、このかわいいような感じのする物体の中に実際に入ってしまうわけです(あたりまえだけど)。
近づく
近づく
車内は渋くてよい
車内は渋くてよい
!
いや、しかし本当は座っている場合じゃなかった。

僕は今回「スイッチバック」を体験しにきている。どうせならスイッチバックの折り返し地点の写真を撮りたい。

とすると先頭車両の一番前方からみたいのだが……。
すでに前方部分はめちゃこみ
すでに前方部分はめちゃこみ
みんな考えることは一緒だった。

この路線、急勾配世界2位である。ほとんどジェットコースターの登る部分みたいな感じ。線路がよく見えて、スイッチバックに興味ない人でもみんな前に行きたがる。

でも、景色観ないでふつうにスマートフォンでパズドラやってる人もいた。どちらかというと、ぼくもそっち側の人間だったはずだ。しかし今はもう……ああ、魔法石買ってあげるからその席おれにくれ!
すごい山の中を進んでゆく
すごい山の中を進んでゆく

スイッチバックの一回目の折り返し地点だ

やがて電車は第一のスイッチバック地点に到着。「これからスイッチバックをするよ」と車内アナウンスも流れた。

乗客にかすかな緊張感が高まる(パズドラやってる人は関係ないけど)。
これがスイッチバックの折り返し地点。ふつうの行き止まりだね
これがスイッチバックの折り返し地点。ふつうの行き止まりだね
そして電車が一度停まって、ゆっくりと逆方向に動き出した。

「オオ~」
「これがスイッチバック…」
「へー逆向きになるのね……」
「……」(パズドラ)

ボソボソと車内にスイッチバックを喜ぶ声が浮かぶ。ただ電車の向きが変わるだけなのだが、この折り返し地点がだんだん遠ざかってゆくのを見ると感慨深い。ほかの乗客もそう思ってるっぽい。
!

二回目のスイッチバック

今度は駅でスイッチバック
今度は駅でスイッチバック
ほどなくして二回目のスイッチバックである。今僕が乗っているのは最後尾の車両なので、折り返し地点は見に行けない。

見たいという気持ちがあったが、見えないままのスイッチバックもまた味があって良かった。
本当にすごいところを走る
本当にすごいところを走る
▽この記事のトップへ

DPZトップへ

この記事を送る