ひらめきの月曜日 2016年5月23日

まずい料理、プロのひと手間でおいしくなるか?

「プロのひと手間」で、まずい料理はおいしくなるのか?
「プロのひと手間」で、まずい料理はおいしくなるのか?
困ったことに料理が下手なのである。最近は健康のために自炊を心掛けているが、何を作っても味がぼんやりしてしまう。どんな料理も醤油やソース一辺倒で、舌で感じる奥行きや深みといったものが皆無だ。

しかし、私が作ったそんな素人料理も、プロの料理人に「リカバー」してもらえば少しはおいしくなるんじゃないだろうか? いったん作った料理をプロにひと手間加えてもらい、「お店の味」になるかを検証した。
1980年生まれ埼玉育ち。東京の「やじろべえ」という会社で編集者、ライターをしています。ニューヨーク出身という冗談みたいな経歴の持ち主ですが、英語は全く話せません。
> 個人サイト Twitter (@noriyukienami)

自炊でもおいしいものを食べたい

自炊といってもたいした料理は作っていなくて、たいてい肉を炒めて醤油をドバドバかけるとか、せいぜいがカレーかチャーハンである。まあ特においしいとも思わず、エネルギー源として摂取している。

だが、そんなことではいかん。人生で口にできる料理は限られているのだ。せっかくならおいしいものを食べなくては。

一念発起した私は、スーパーで買ってきたそこそこ高い豚を煮てみることにした。
醤油とみりんと砂糖で豚を煮る。炒める一辺倒の僕にとって「煮る」というのはかなりの進歩だ
醤油とみりんと砂糖で豚を煮る。炒める一辺倒の僕にとって「煮る」というのはかなりの進歩だ

まずいうえに茶色い。誰か助けて

かくして、この日は自分なりに料理らしい料理をこしらえてみた。といっても焼きそば、肉じゃが、豚の角煮と、誰にでも作れるような献立だが、なんとなく「料理をした」という実感が得られて満足である。しかし、味にも満足できるかといったら別で、食べてみたら案の定おいしくなかった。
味もそうだが、見た目が茶色すぎるという問題もある
味もそうだが、見た目が茶色すぎるという問題もある

プロになんとかしてもらおう

ちゃぶ台をひっくり返すほどまずくはないが、決しておいしいわけでもない。彼女がこれを作ってくれて「おいしい?」と聞いてきたら、一瞬間をおいて「うん、うまいよ」と言う。そんな感じの味とでもいおうか。

こんな残念な料理もプロの手にかかればなんとかなったりするのだろうか? 3品をすぐさまタッパーに詰め、私はとある場所へと向かった。
東京・高円寺にあるこちらのお店
東京・高円寺にあるこちらのお店
こちらは東京・杉並区にある「高円寺メタルめし」。以前デイリーポータルZの「狂気の晩餐? メタラーたちが集う食堂に潜入」という記事で取材させていただいた。そのときは、メタル好きでダジャレ好きの店主・ヤスナリオ氏が作る「メタルめし」という一風変わった料理を紹介したのだが、じつはヤスナリオ氏、おおざっぱで簡単な(かつ、激うまという)自炊メシを日々研究する「料理勉強家」でもある。

本人は「ヒドウマ系」などと言っているが、そのレシピ本が何冊も出版されるなど、ただへんな料理を作るだけのおかしな人ではないのだ。
カメラを向けるとかならずポーズをとってくれる、サービス満点の人物でもある
カメラを向けるとかならずポーズをとってくれる、サービス満点の人物でもある
なお、店は「おしゃれなダイニング」というたたずまいだが
なお、店は「おしゃれなダイニング」というたたずまいだが
ところどころメタルが潜んでいるので要注意
ところどころメタルが潜んでいるので要注意

まずは試食。プロの判定は?

まずは持参した料理をヤスナリオ氏に試食してもらおう。しかし、プロに僕の料理を食べさせるなんて、どんな罰ゲームだろう。料理人を夫に持つ妻の気持ちが少しわかった気がした。
まずは焼きそばから
まずは焼きそばから
食ってる、プロがおれの焼きそば食ってる
食ってる、プロがおれの焼きそば食ってる
「あれ? おいしいじゃないですか」
「あれ? おいしいじゃないですか」

やっぱりまずいみたいだ

企画的にはまずいと言ってもらわないと困るのだが、そこはやさしいヤスナリオ氏。「ふつうにおいしいですよ」と高評価だ。まあ、焼きそばなんてむしろまずく作るほうが難しいと思うが…。

そこで聞き方を変えてみた。おいしい・まずいではなく、「この焼きそばを店で出すとしたら、何が足りませんかね?」

すると、以下のようなダメ出しを拝受した。

・ソースを入れすぎでべちゃべちゃしている
・焼きそばとしては酸味が強い(味付けはブルドッグの中濃ソース)
・野菜を炒めすぎていてシャキシャキ感がない

うん、ようするに「まずい」ってことですよね、それ。やはり先ほどは私に気を遣っていたのかもしれない。「店に出す」という自分事としてとらえることで、ヤスナリオさんに当事者意識が芽生えたようだ。
次は豚の角煮
次は豚の角煮
見た目は悪くないと思うのだが…
見た目は悪くないと思うのだが…
「これもおいしそうじゃないですか」と言いつつ、一番小さいやつをとるあたり、私への不信が見て取れる。
うん…おいしい…ですよ
うん…おいしい…ですよ
表情とセリフが一致していない。これもおいしいと言ってくれたが(たぶんまずいんだろうな)、もっと煮込めば脂身が溶けて肉に移り、よりおいしくなるとのアドバイスを頂いた。

最後は肉じゃがだ。
えらいもんで、素人料理でもこうして置くと小料理屋のカウンター風に
えらいもんで、素人料理でもこうして置くと小料理屋のカウンター風に
静かに咀嚼するヤスナリオ氏
静かに咀嚼するヤスナリオ氏
首かしげちゃった
首かしげちゃった
ちなみに肉じゃがは砂糖とみりん、醤油でシンプルに味付けをした、まっとうな肉じゃがである。企画のためにわざとまずくしようなどという意図はなく、全力でおいしく作ろうと試みた。それでもまずいのだ。人と違うことができるのを特殊技能と呼ぶならば、まずい料理を作れるのもひとつの才能といえるかもしれない。まったくありがたくない授かりものだけど。
なにやら思案顔のヤスナリオ氏。引き受けたことを後悔しているのかもしれない
なにやら思案顔のヤスナリオ氏。引き受けたことを後悔しているのかもしれない
なお、それぞれの料理の問題点を整理すると

肉じゃが…甘ったるい、味がぼんやり
角煮…脂っこい、味がぼんやり
焼きそば…べちゃべちゃ、味がぼんやり

それぞれの問題点に加え、味がぼんやりしがちというダメな共通項があるようだ。このぼんやり料理を、どうにかお店の味にしてほしい。いや、してください!
じゃあ、肉じゃがからはじめますか
じゃあ、肉じゃがからはじめますか

DPZトップへ

この記事を送る


@niftyトップ