ひらめきの月曜日 2016年6月13日

清龍酒造の蔵元見学はパラダイス

酒蔵見学ツアーの概念を変える、予想以上のパラダイスでした。
酒蔵見学ツアーの概念を変える、予想以上のパラダイスでした。
埼玉県蓮田市に清龍酒造という酒蔵があり、そこの蔵元見学ツアーがすごいらしい。

訪れたある人は酒好きのパラダイスだったと空を見上げ、またある人は埼玉の竜宮城でしたと手を合わせる。

そんなにすごいならと行ってみたところ、これが想像以上のパラダイス蔵元だったのだ。うー、マンボ!
趣味は食材採取とそれを使った冒険スペクタクル料理。週に一度はなにかを捕まえて食べるようにしている。最近は製麺機を使った麺作りが趣味。

前の記事:「60円の稲庭うどんはペペロンチーノ味だった」
人気記事:「足立区に40円のラーメンを食べにいく」

> 個人サイト 私的標本趣味の製麺

系列の居酒屋にだけ出している蔵元、清龍酒造

清龍酒造という蔵元はちょっと特殊な経営スタイルで、醸造した日本酒や米焼酎を都内に10店舗ある直営酒場だけに卸しているらしい。

ならばと酒蔵見学へ行く前に、まずは居酒屋清龍へといってみた。
池袋本店は全295席の酒場ビル。午後2時からやっていて素敵。
池袋本店は全295席の酒場ビル。午後2時からやっていて素敵。
さすがは酒造会社の直営だけあって、升酒が180円からと超リーズナブル。220円のコーラよりも安い。1000円もあればグデングデンになれそうだ。

ちょっとしたつまみや刺身もうまく、せっかくだからと贅沢に飲み食いしたのだが、一人3000円を超えることはなかった。
今後の飲み会は、もうずっとここでいい気がする。
今後の飲み会は、もうずっとここでいい気がする。
さて私が清龍の存在を知ったのは、清龍酒造の蔵元見学ツアーに感動しすぎて、ついつい作ってしまったファンブック(ここで買えます)。

友人の漫画家さん達が出しているのだが、ブログとかSNSを通り越して、清龍の同人誌を作ってしまったのだ。
お酒の話なので大人向けだがエロではないよ。詳しくはうどん会のブログにて。
お酒の話なので大人向けだがエロではないよ。詳しくはうどん会のブログにて。
その話を聞いて、「そこまでかよ!」と思ったのだが、ファンブックを読んでみると、「そこまでなのか!」と驚いた。
うどん会発行の清龍ファンブックより。こんな蔵元見学ツアーってあるのか。
うどん会発行の清龍ファンブックより。こんな蔵元見学ツアーってあるのか。
なるほど、これはいかねばならないだろう。

蔵元見学ツアーへ行ってみよう

清龍の蔵元見学は完全予約制で、毎週土曜日は2500円の蔵元見学コース。私が今回申し込んだのがこちらで、有料だがお酒以外に料理がしっかりとついてくる。

そして日曜日は料理がさらに豪華になって、見学を省いた3000円の蔵元おすすめコースとなる。蔵元なのに蔵を見学させないという謎のコースは、リピーターが多すぎて予約がとりにくいために追加されたコースだとか。

リピーターってなんだ。酒蔵って何度も見学するものなのかと不思議に思ったのだが、帰る頃にはそりゃ何度でも来たくなるさと納得することになる。
とりあえずハイチオールCでも飲んでおこうか。
とりあえずハイチオールCでも飲んでおこうか。
駅でタクシーを待つ間、同行者にファンブックを読ませる。自分が描いた本のように誇らしい。
駅でタクシーを待つ間、同行者にファンブックを読ませる。自分が描いた本のように誇らしい。
タクシーの運転手さんによると、蓮田で清龍の蔵元見学ツアーを知らない人はおらず、試飲は6合くらい出てくるらしい。6合といったら1リットル以上。なんだそれ、飲み放題で飲むよりより多いぞ。

酒蔵で飲む出来立ての酒は足がヒクヒクする程うまく、飲み過ぎて吐いちゃうお客さんも多いので、帰りは是非バスで帰ってくれとの言葉で送り出された。

私の適量は1時間に一合。飲めなくはないが強くもないのですぐに眠くなる。どうにか程々を守って楽しもうと思う。

DPZトップへ

この記事を送る