ロマンの木曜日 2017年1月5日

今年の抱負を看板にする

趣味としての看板作りです!
趣味としての看板作りです!
4年前、会社をクビになった。

そもそもその会社にはいづらかったのだが、そのときやっていた仕事がアクリル板とカッティングシートを使った看板作りで、それ自体は楽しかった気がする。

今趣味として看板を作ってみたい。
1986年埼玉生まれ、埼玉育ち。大学ではコミュニケーション論を学ぶ。しかし社会に出るためのコミュニケーション力は養えず悲しむ。インドに行ったことがある。NHKのドラマに出たことがある(エキストラで)。
> 個人サイト Twitter

看板を作っていたらクビになった

会社をクビになった話は以前書いた。看板を作っていたらクビになったという話だ。(『僕がクビになった日』)
クビになった日の記念写真
クビになった日の記念写真
入社してふつうの事務とかをするのが仕事だったはずなのだが、年があけたころ会社の看板を新調するということになって、それを作る作業を手伝った。本来業者に頼むべき仕事である。しかしやってみると意外と楽しい。看板は何枚かあったので1週間くらいやってただろうか。そうしたら、ある日偉い人に呼び出された。

「君には社会人として必要なあいさつとコミュニケーションが足りない」と言われてクビになった。熱心に看板を作っていたことについては「もっと他にやることがあっただろう」と。入社して2ヶ月半くらいの話である。社会って難易度高いな、と思った。
過日、冷やかしに会社を見に行ったら看板はまだ使われていた。
過日、冷やかしに会社を見に行ったら看板はまだ使われていた。
言われたことをやっていたのに、「やっぱりそうじゃない」とひどい扱いをうけることを「看板を作る」というのはどうか。現代の故事成語として。

看板作りはたのしいかもしれない

しかし問題は細分化しなければならない。あの会社については今もネガティブな気持ちがあるが、看板を作るのは楽しかった。看板に罪はない。

ではいまやってみよう、というのが今回の話である。趣味としての看板作りだ。
材料をホームセンターで買ってきた。基本的に適当なサイズのアクリル板とカッティングシートがあればできる。
材料をホームセンターで買ってきた。基本的に適当なサイズのアクリル板とカッティングシートがあればできる。
320mm×215mmのお手頃なサイズにした。あまり大きすぎても設置する場所がないし、持て余してしまう。何より大きすぎると手間がかかりすぎて苦痛だろう。趣味はほどほどが大切である。

まずアクリル板にカッティングシートを貼っていく。
水で50倍くらいに薄めた中性洗剤を霧吹きで吹きかける。乾いたまま貼る方法もあるが、それだと綺麗に貼るのに神経を使うのでこうした方がいいと思う
水で50倍くらいに薄めた中性洗剤を霧吹きで吹きかける。乾いたまま貼る方法もあるが、それだと綺麗に貼るのに神経を使うのでこうした方がいいと思う
カッティングシートの粘着面にも液を吹きかける。画像が壊れているが、これはなんらかの呪いである。
カッティングシートの粘着面にも液を吹きかける。画像が壊れているが、これはなんらかの呪いである。
位置を調整して、硬いカードで水を抜いていけばぴったり貼れる。
位置を調整して、硬いカードで水を抜いていけばぴったり貼れる。
ちなみに使っているカードは定期のSuicaなので割れると一大事である。なんのカードでもいいが、こういうスリルを楽しむのも一興だ。
きれいに貼れた。
きれいに貼れた。
ここまでは下準備のようなものだ。ここからが看板作りの楽しいところ。

文字を切り抜くのが看板作りの真骨頂

文字を切り抜いていく。架空の会社の看板を作ることにしよう。社名は社会人にとって必要な要素を取り入れて「株式会社あいさつ&コミュニケーションズ」とした。
なんの会社なのかはわからない
なんの会社なのかはわからない
デザインカッターでクリクリと切り抜いていく
デザインカッターでクリクリと切り抜いていく
そういえば、会社で看板作りを一緒にやっていた新人の同僚が、デザインカッターをはじめて使ったらしく「これすごい切りやすいですね、感動しました!」とか言っていて、こいつものを知らないなと思ったものである。一方ぼくはその直後にクビになるのを知らなかった。
あー、いい
あー、いい
それはそれとして、切り文字のちまちました作業は無心になれていい。わくわくする楽しさとはちがうが、落ち着いた気持ちになれる。
できた
できた
完成した看板を持って外に出てみる。適当なところに貼り付けてみよう。
株式会社 あいさつ&コミュニケーションズです
株式会社 あいさつ&コミュニケーションズです
電柱に貼っても
電柱に貼っても
木に貼っても会社
木に貼っても会社
看板を持ち歩けば世界じゅうが会社になる。それがなんなのだと言われると答えに窮するが、ふんわりとした独特の権力感を味わうことが可能である。

光らせよう

いまいち迫力が足りない。これなら画用紙を切り貼りして作ったものとあまり変わりがない。

光らせよう。アクリル板を貼り合わせた箱に、LEDテープというものを敷いて光らせることにした。
車などを装飾するのに使われるLEDテープ
車などを装飾するのに使われるLEDテープ
LEDテープ用のコネクタをつなげる
LEDテープ用のコネクタをつなげる
LEDテープ自体が既に珍しいのだが、さらに「LEDテープを電池につなげるためのコネクタ」という部品が売られていた。はんだ付けをしないでもLEDテープを電源に繋げられる便利なグッズだ。世の中はぼくがしらない専用パーツであふれている(そしてAmazonで売っている)。

さきほど作った看板で箱にフタをして、スイッチを入れる。
光った。
光った。
周囲が暗いと看板だけ明るい写真になってしまって何がなんだかわからなかったので、電灯があって夜でもある程度明るい公園にやってきた。
!
!
!
公園の地面に適当に置いてみたら、禍々しさだけが際立った結果になった。しかし看板自体はなかなかのものである。看板作りの才能もついえていないようだ。なかなか楽しいぞ看板作り。

次ページでは、もう少しちがうバリエーションも試してみよう。

DPZトップへ

この記事を送る