ちしきの金曜日 2017年3月17日

チェーンでつながれた二人が一緒に飯を食う

これからチェーン・デス・ランチに挑む二人
これからチェーン・デス・ランチに挑む二人
プロレスの試合にチェーン・デスマッチという形式がある。チェーンでつながれた二人がリング上で戦う。動きを制限された中での戦いで、時にはチェーンを凶器として使用したりするクレイジーなデスマッチだ。このクレイジーな設定を日常生活にもちこめないだろうか。例えばランチだ。チェーンでつながれた二人が一緒にランチを食べる。チェーン・デス・ランチである。
1970年神奈川県生まれ。デザイン、執筆、映像制作など各種コンテンツ制作に携わる。「どうしたら毎日をご機嫌に過ごせるか」を日々検討中。
> 個人サイト すみましん

チェーンをカスタマイズする

前述のチェーン・デスマッチの始まりは、インディアン・ストラップ・デスマッチだと言われている。チェーンではなく、皮製の紐で両者をつないで行う試合だ。相手を引きずって4つのコーナーポストにタッチして1周した方が勝者である。ルールだけ聞くと、危険なのか牧歌的なのか判断が難しいが、そんなインディアン・ストラップ・デスマッチから派生した試合形式がチェーン・デスマッチである。皮製の紐をチェーンに変えることで、デンジャラスな要素が更にアップしている。

今回は、そのチェーン・デスマッチをランチの場に導入する計画である。人類史上、もっとも危険なランチとなることが予想される。

まずは二人をつなぐために、手錠を調達する。

ドン・キホーテのパーティグッズコーナーでおもちゃの手錠が売られていた。値段は300円。手錠の隣には「愛のムチ」というグッズが並んでいる。手錠とムチ。人によって使い方は様々なのだろう。
おもちゃの手錠
おもちゃの手錠
隣には愛のムチ
隣には愛のムチ
おもちゃの手錠の裏には「逮捕しちゃやーよ」というセリフが。「逮捕しちゃうぞ!」という言葉があった上での「逮捕しちゃやーよ」なのだろう。パーティグッズの裏面から行間を感じ、ドン・キホーテの売り場でニンマリである。
パッケージの裏面
パッケージの裏面
手錠の次はチェーンだ。ドン・キホーテから東急ハンズへと移動した。

鉄製のチェーンとプラスチック製のチェーン、どちらにするか悩んだ結果、今回はプラスチック製を採用することにした。なぜなら、僕たちはレスラーではないからだ。厳しいトレーニングを積んだレスラー同士をつなぐには鉄製の鎖が必要だろう。鍛えていない我々のような一般人をつなぐには、プラスチック製で十分である。
プラスチック製のチェーン各種
プラスチック製のチェーン各種
手錠のチェーンと延長用のプラスチック製チェーンをつなぐ役割として、クイックジョイントというコネクターを購入した。手錠の鎖を外しクイックジョイントを使ってチェーンを長くする。延長チェーンの長さは1メートルだ。
クイックジョイントを購入
クイックジョイントを購入
手錠の鎖を外しクイックジョイントを装着
手錠の鎖を外しクイックジョイントを装着
プラスチック製のチェーンをそれにつなぐ
プラスチック製のチェーンをそれにつなぐ
チェーン・デス・ランチ用のチェーン完成
チェーン・デス・ランチ用のチェーン完成
以上のチェーン・カスタマイズはルノアールにて行った。
ルノアールにて
ルノアールにて
席に着くなり手錠を出してチェーンをつないだりしていたので、サービスのお茶がいつもより早く出てきた。早めに片付けておいた方がいい客。ウエイトレスがそう判断したのだと思う。

僕が知ってる仲の良いカップル

二人をつなぐチェーンが完成したので、次の段階に移る。

仲の良いカップルを探して、実際にチェーン・デス・ランチに挑戦してもらうのだ。

仲の良いカップル。

すぐに1組、思い浮かんだ。
仲の良い夫婦
仲の良い夫婦
坂入夫妻である。旦那の坂入さんは、以前渋谷で居酒屋を経営していて、過去のデイリーポータルの企画でも何度かご協力いただいている。(「いつでもどこでも生ビールが飲める方法」

現在、坂入さんは渋谷の居酒屋をたたみ、別の食堂を切り盛りしている。

仲の良い夫婦として、なぜ真っ先に坂入夫妻が浮かんだのか。

それは、坂入さんのSNSに現れている。坂入さんの投稿は奥様を撮影した写真が多く、どれもとても幸せそうなのだ。

例えば、坂入さんの次のような投稿に、
【春休み】大崎駅前で反省会…しかし帰国した途端この右も左も紫煙の洗礼はまぢで…(涙💧)正月の韓国といい台湾といい喫煙可の飲食店は一軒も無し。どういうプロセスで徹底できたのか??(汗💧)
!
奥様の写真である。

また、次の投稿でも、
【春休み】温泉の食堂で一杯…ここは飲食すると入浴代返してくれるんです~ってか刺身厚っ!?(汗💧)
!
!
奥様の写真とお刺身の写真。

次の投稿のように、
【春休み】しばし別行動…(汗💧)
これから別行動という悲しい局面で、奥様が見送る姿を写真に残している。
!
投稿の度に坂入さんが汗をかいているのが気にかかるが、そこも含め奥様への愛情の深さが感じられる。

奥様への愛に溢れた数々の投稿の中で、特に好きな写真がある。
ダルマにタグ付けされた奥様
ダルマにタグ付けされた奥様
Facebookが隣のダルマを奥様と認識した時に坂入さんが切ったスクリーンショットである。僕はこの写真をカメラロールの「お気に入り」に保存している。

とにかく、こんなに仲の良い夫婦を僕は他に知らない。

坂入さんに協力を仰ぐことにした。

チェーン・デス・ランチ。炎の2番勝負

チェーン・デス・ランチのお誘いに坂入夫妻は快く乗ってくれた。

早速、お互いを手錠で拘束していただく。
奥様に手錠をかける坂入さん
奥様に手錠をかける坂入さん
しっかりとカギをかける
しっかりとカギをかける
続いて、奥様が坂入さんに手錠をかける。
奥様から旦那へ
奥様から旦那へ
手首周りが太めなため、手錠の強度が心配される
手首周りが太めなため、手錠の強度が心配される
選手たちには真剣に戦いに挑んでもらいたい。そんな気持ちから手錠のカギを没収することにした。
カギを
カギを
ゴックン
ゴックン
こうして、チェーン・デス・ランチの舞台は整った。

第1試合のメニューは、カレーライスとミートソーススパゲッティである。
カレーライス VS ミートソーススパゲッティ
カレーライス VS ミートソーススパゲッティ
試合開始のゴングが鳴る
試合開始のゴングが鳴る
まず、最初に仕掛けたのは奥様の方だった。
奥様がスパゲッティを食べようとすると引っ張られる旦那さま
奥様がスパゲッティを食べようとすると引っ張られる旦那さま
旦那さまを引っ張りながらスパゲッティを食べる奥様
旦那さまを引っ張りながらスパゲッティを食べる奥様
奥様が最初の一口を飲み込んだタイミングを見計らって、旦那さまが反撃に出る。
次は俺の番だ!
次は俺の番だ!
引っ張られる奥様の右手
引っ張られる奥様の右手
カレーライスなんて、こうしてやるわっ!
カレーライスなんて、こうしてやるわっ!
引きつ引かれつの攻防が続いているが、この辺りで賢明な読者のみなさんはある事にお気づきのことだろう。

そう、坂入夫妻には顔芸があるのだ。

僕がカメラを向けると、常に面白い顔をしてくれる。
このスパゲッティは誰にも渡さない!
このスパゲッティは誰にも渡さない!
カレーライスも食べさせてくれよう!
カレーライスも食べさせてくれよう!
坂入夫妻はこの顔芸をどこで学んだのだろう? しかるべき養成機関があるのだろうか。

そのことを確かめる暇もなく、二人の攻防は続き、それぞれが食べ終わるまで引きつ引かれつのやり取りを繰り返すのかと思っていたその時!
奥様の腰が浮いた
奥様の腰が浮いた
奥様が腰を浮かせた!

チェーンのストレスに耐えられなくなったのだろうか。腰を浮かせて上体を旦那さまに近づけ始めた。

それにより、お互いが引かれ合うことなく、同時に食事を取ることが出来るようになっている。
奥様の機転に旦那さまも大喜び
奥様の機転に旦那さまも大喜び
しかし、これではチェーン・デス・ランチにならない。

ここで一旦勝負を止めることにした。

条件をさらに過酷に、過激に

次の勝負であるが、ここで僕はさらに厳しい条件を突きつけることにした。

チェーンの長さを半分にして戦ってもらう。
チェーンの長さを50センチに縮めた
チェーンの長さを50センチに縮めた
もう、お互いが腰を浮かせても無駄である。
次の料理が来るのを待つ両選手
次の料理が来るのを待つ両選手
そして、次のメニューは熱々のうどん! 汁物である。
熱々のうどんで勝負だ!
熱々のうどんで勝負だ!
この勝負でも、最初に仕掛けたのは奥様だった。
最初の一口は奥様から
最初の一口は奥様から
バチーンと右手を引かれる旦那さま
バチーンと右手を引かれる旦那さま
右肘をつき、なんとか麺をすくい上げることに成功した旦那さま
右肘をつき、なんとか麺をすくい上げることに成功した旦那さま
旦那さまの反撃開始
旦那さまの反撃開始
負けないわよ!と奥様
負けないわよ!と奥様
俺だって負けるか!と旦那さま
俺だって負けるか!と旦那さま
チェーンが短くなった、熱々の汁物、と最初の勝負よりも難易度が上がっているが、さらに勝負を難しくしているポイントがある。

それは、箸だ。
箸使いが困難
箸使いが困難
奥様がうどんに添えられていたゲソ天を箸ですくおうとするが、なかなかうまくいかない。

「ちょっと、引かないで!」

思わず奥様の声が大きくなる。

奥様から厳しめの口調で指示を受け、自分の箸を止める旦那さま。
チェーンを少し緩める優しさをみせた旦那さま
チェーンを少し緩める優しさをみせた旦那さま
少し緩んだチェーンにより、奥様はうまくゲソ天を食べることができた。

この一部始終を見て、チェーン・デス・ランチにお二人を招いて本当に良かったと思った。

そう、僕は二人を困らせるためにこのランチを企画した訳ではないのだ。箸を持つ手を引いて引かれて、とやっているうちに気づいて欲しかったこと。それは、病める時も健やかなる時も、お互いがお互いを思う気持ちが大事。そこに気づいて欲しかったのだ。
たとえ強く引かれて右肘をついたとしても
たとえ強く引かれて右肘をついたとしても
たとえ強く引かれてうどんの汁がこぼれそうになっても
たとえ強く引かれてうどんの汁がこぼれそうになっても
いつまでも愛し合うことを誓って欲しい
いつまでも愛し合うことを誓って欲しい
二人に対する僕の気持ちに呼応するかのように、二人は距離をどんどん近づけていく。
奥様が腰を浮かせ
奥様が腰を浮かせ
続いて旦那さまが腰を浮かせ
続いて旦那さまが腰を浮かせ
二人の間に、もうチェーンなんてなくなった
二人の間に、もうチェーンなんてなくなった
二人の愛に、50センチのチェーンが負けた。

チェーン・デス・ランチという試練を乗り越え、さらに絆を深めた二人に敬意を示し、最終的に僕を逮捕してもらった。
逮捕しちゃやーよ!
逮捕しちゃやーよ!

ちょっと最近倦怠期だなぁ…。そんな悩みを抱えている紳士淑女の皆さんには、是非、チェーン・デス・ランチを試していただきたい。相手を思いやる気持ち、譲り合う気持ち。もしかしたら忘れかけていた自分の気持ちに気づけるかもしれない。逆に相手へのストレスが大きくなる、ということもない話ではないので、試す前には一旦考える時間が必要かもしれませんが。
チェーンない方が食べやすいね!(カギは飲み込んでませんでした)
チェーンない方が食べやすいね!(カギは飲み込んでませんでした)

DPZトップへ

この記事を送る