ひらめきの月曜日 2017年3月20日

趣味でピザの配達をする

あの! ジャイロキャノピーが3,000円でレンタルできる
あの! ジャイロキャノピーが3,000円でレンタルできる
ずっと前から「ジャイロキャノピー」に乗ってみかった。ジャイロキャノピーとは「ピザ屋の配達の人が乗っているバイク」のことだ。三輪車で、屋根がついていて、荷台が超でかいあれ。

実はあのバイクは定価で50万くらいする。乗りたいと思っても、そう気軽に手が出せる金額じゃない。ところが、ジャイロキャノピーをレンタルしてくれるところをつい最近発見した。これなら夢のジャイロキャノピーでのドライブが気軽にできるぞ。ついでにピザも運ぼうか!
1982年、栃木県生まれの指圧師です。自分で企画した「下北沢ふしぎ指圧」で施術しています。何をしているときでも「みんなが自分の治療院に来てくれるといいな~」って思っているのですが、ノイローゼでしょうか。
> 個人サイト 下北沢ふしぎ指圧

ジャイロキャノピーへのあこがれ

ぼくはちょっと前まで、原付バイクで高齢者の人の家を回ってリハビリをする仕事をしていた。1日に10件くらい回る仕事で、どうしてもバイクで移動している時間が長くなる。その時に路上でよく見かけたのがジャイロキャノピーだ。屋根があって、背もたれがあって、荷台がでかくて、超快適そうなバイクライフ(バイクといっていいのか?)に見えた。
買えないから写真を撮って記事にしていたジャイロキャノピー
買えないから写真を撮って記事にしていたジャイロキャノピー
ぼくも購入を検討していたが50万という値段がネックになり、どうしても購入に踏み切れなかった。仕方がないので路上でジャイロキャノピーを見つけたら写真を撮って当サイトの記事にした(街で働く原付バイクをじっくり観よう)。今思えばなんとも歪んだあこがれである。

ところが、あれ、レンタルできるらしいのだ。もうバイクを使う仕事はしていないのだが、あの時のあこがれは未だに胸の内にくすぶっている。

レンタルバイク屋で借りられる

バイクや電気自動車を中心にレンタルしているお店。そういうのがあるんですね
バイクや電気自動車を中心にレンタルしているお店。そういうのがあるんですね
借りに行ったのは板橋区のレンタルバイクショップ。宅配ピザの繁忙期などにジャイロキャノピーのレンタル需要があるという。もちろん完全に業務用。普段は1か月26,000円の料金設定しかない。

しかし「1日だけ貸してくれ」と言ったら、3,000円で貸してくれることになった。やった! ディズニーランドの入園料の半額以下だ。比べる対象はそこで間違っていないと思う。
乗り方を教えてもらっている段階、本当にワクワクする
乗り方を教えてもらっている段階、本当にワクワクする
店員さんに「三輪は普通のバイクとはちょっと違うので、慣れるまで運転しづらいかもしれませんよ?」と言わる。ああ、やっぱり普通のバイクとは乗り心地違うんだ! この際運転しづらさ大歓迎である。
リアボックスがすごくでかい! これなら何でも入るぞ。何でも全部だ!
リアボックスがすごくでかい! これなら何でも入るぞ。何でも全部だ!
行くぞ!
行くぞ!

ジャイロキャノピーの乗り心地

とりあえずその辺をぐるっと一周
とりあえずその辺をぐるっと一周
乗ってみると確かに二輪のバイクとはちょっと違う。曲がるときは二輪のバイクもジャイロキャノピーも車体を傾けるんだけど、その重心のかけ方が独特な感じ。

屋根がついているが、風の抵抗をモロに受けてけっこう車体がグラつくのも意外だった。真冬だったら正面からの風を受けない分快適だろうけど。

意外だったのは地面のデコボコに弱いところだ。二輪のバイクよりもずっと揺れるような気がする。もっともぼくが慣れていないだけかもしれない。
計器類、異常ナシ
計器類、異常ナシ
行ってきまーす
行ってきまーす

ピザを届けよう

このままただドライブしていてもいいんだけど、せっかくなので業務用のポテンシャルを味わいたい。ピザを運ぶのだ。
ドミノピザに来た
ドミノピザに来た
向かったのはドミノピザ赤塚店。ここでピザを買ってデイリーポータルZ編集部に配達しよう。

今回ドミノピザでMサイズを1枚テイクアウトで買ったら1,000円引きになった。ジャイロキャノピーのレンタル料が3,000円だったので、宅配ピザを三か所に届ければもう元がとれる計算だ。儲かるね。

いや、これよく考えたらぼくの人件費を無視しているな。こうしてブラック企業が生まれるのか……。なるほど……。
いったいピザ何枚入るんだ
いったいピザ何枚入るんだ
キャリアボックスの上段にMサイズのピザを1枚入れた様子。むちゃくちゃ広い。普段は何十枚も一気に届けるだろうから、ピザもこんな独りぼっちでリアキャリアに入れられて困惑しているんじゃないだろうか。

イージスPROの話

環七をひたすら走る
環七をひたすら走る
スマホのナビを見ると、ドミノピザ赤塚店からデイリーポータルZ編集部のあるニフティは50分くらい。環七から青梅街道に行けばいい。単純な道のりで助かる。

さて、ここからは道路を走っているだけなので写真もないし、特に書くこともないので、ぼくが今着ている服の話をさせてほしい。
イージスPROが最高にいい
イージスPROが最高にいい
ぼくが今着ているこのジャケットは「イージスPRO」という。ものすごく安くて、ワークマンで上下1万円くらいで買える。これがバイクの運転にはとても向いているのだ。防寒防水設計で、真冬の寒さもへっちゃら、雨が降っても安心だ。

冬のバイクは本当につらくて、防寒のためなら多少お金がかかってもいいと思っていた。そこで当初は高いアウトドアブランドのジャケット(パタゴニアとか)を買っていた。それでも「なんか寒いなあ」と思っていたのだが、あれは完全に用途違いだった。答えはワークマンだったのだ。

これさえ着ちゃえば、中に着るものはわりとテキトーでもOK。ぼくはイージスPROに加えてユニクロの「防風フリース」というのを中に着込んでいた。これでもう真冬でも完璧な装備である(ただし原付バイクのレベル)。

一度これを買ってみると、道路ですれ違うバイクの人たちがイージスPROを着ている率がとても高い事にも気づいた。すでにバイク乗りの間では有名なものだが、もっと一般にも知られてもいいと思う。この性能なら釣りやスキーなどの用途にも使えるのではないか。なんかもう、見た目がダサいのも逆にかっこいいぞ。

みなさんも何かの折に急に真冬にバイクで移動しなくちゃいけない仕事に就くことになったらこの記事を思い出してほしい。

ピザを届けたぞ!

みょうに愛想のいい業者、みたいな写真になった
みょうに愛想のいい業者、みたいな写真になった
とか何とか言っているうちに、滞りなくデイリーポータルZ編集部のあるニフティに到着。
結局1時間くらいかかってしまった。ピザ屋のバイトだったら店舗にクレーム入るレベル
結局1時間くらいかかってしまった。ピザ屋のバイトだったら店舗にクレーム入るレベル
外で編集部の古賀さんが撮影のために待っていてくれたのだが「同じような三輪バイクが何回も通って、全部に合図しちゃいましたよ!」なんて言っていた。そうそう、その気になってよく見るとジャイロキャノピーって本当によくその辺を走っている。そのことに気づいてほしい。気づいたからなんだってわけじゃないけど。
会議室で持ち寄りの料理と宅配ピザでワイワイしている女性たち
会議室で持ち寄りの料理と宅配ピザでワイワイしている女性たち
ピザを届けた先では、編集部古賀さんがお昼休みに女子会のようなことをしていた。女性会社員ってこんな行動をしょっちゅうしているんだろうか? それはともかくとして「斎藤さん完全に業者って感じですね!」と言われてうれしい。
「斎藤さんもピザどうぞ」といわれて「ぼくが食べていいの?」と思った。業者としての自覚が芽生えていたのかもしれない
「斎藤さんもピザどうぞ」といわれて「ぼくが食べていいの?」と思った。業者としての自覚が芽生えていたのかもしれない
自分が宅配したピザを食べる。こんな業者があるかよ。でも自分で届けたピザ、うまいな……。

その辺のコンビニでカップラーメンを食べる

ピザもそこそこにまたキャノピーに乗る。実はどうしても食べたいものがあったのだ。カップラーメンである。
キャリアはちょっとした物が置けて便利。カップラーメンも置ける
キャリアはちょっとした物が置けて便利。カップラーメンも置ける
その辺のコンビニに停めてカップラーメンを買った。

以前、コンビニの駐車場でジャイロキャノピーの座席に乗ったままカップラーメンを食べている人を見たことがある。そのカップラーメンがなんだかすごくうまそうに見えて、ずっと頭の中に焼き付いている。
ここで食べるの、そんなに食べやすくないな…… 置くところも何もないし……
ここで食べるの、そんなに食べやすくないな…… 置くところも何もないし……
実際にやってみたらキャノピーの座席で食べるのは全然快適じゃない。たぶんぼくが以前見た人も忙しくてやむにやまれず、そんな食事をしていたんだろうな……。
外で、晴れていて、なかなか気持ちいい
外で、晴れていて、なかなか気持ちいい
でも、いつもよりうまいような気がしなくもない。けっこう満足! いや、最高! だんだんそんな気になってきた。 

ピザ屋のバイトも1件だけなら楽しい

二輪のバイクと比べてジャイロキャノピーのいいところは
・屋根があって雨風を防げる
・スリップしにくそう
・背もたれがあって休憩できる
・荷物を大量に運べる
・カップラーメンがうまくなる気がする

逆にデメリットは
・強風が吹いてくるとあおられてけっこう怖い
・地面がデコボコしていると安定しない
・値段は高い

というところだろうか。街でよく見るジャイロキャノピーを乗っている人たちがどんな気持ちだったかがわかってうれしい。あとピザ屋のバイト、今回は1か所だけだったけど、これあちこちまわるとしたら超大変そう! みんながんばっているなあ。

取材協力

楽笑計画
東京都板橋区成増2-35-5
tel.03-5967-1837

DPZトップへ

この記事を送る


@niftyトップ