特集 2017年7月14日

夫が言った「料理のレシピを路線図にしてみたい」

そんな夫の願いが叶った図(こちらの記事</a>より)
そんな夫の願いが叶った図(こちらの記事より)
夫が言った「料理のレシピを路線図にしてみたい」。

さらに言う。

「銀行の統合を樹形図にしたい」
「電車の柄の鯉のぼりを作りたい」
「地下鉄の清掃マシンを思い出みたいな画像にしたい」

なにいってんだろううちの夫は。私だったらそう思ってしまうかもしれない。
しかしそうは思わないパターンがあった。
1979年東京生まれ、神奈川、埼玉育ち、東京在住。Web制作をしたり小さなバーで主に生ビールを出したりしていたが、流れ流れてニフティ株式会社へ入社。趣味はEDMと先物取引。

前の記事:「「ハーゲン」ではなく「ダッツ」がいけてる ~そうきたかという略し方」
人気記事:「決めようぜ最高のプログラム言語を綱引きで」

> 個人サイト まばたきをする体Twitter @eatmorecakes

料理のレシピが、本当に路線図になった

冒頭で紹介した“夫”は当サイトの人気ライターである西村まさゆきさん。そしてその記事のデザインの凝った画像の多くを実は奥さんである西村ゆきさんが製作しているのだ。

お話の前にまずは一気にその成果物の一部を見ていこう。
銀行の統合は本当に樹形図になった(こちらの記事</a>より)
銀行の統合は本当に樹形図になった(こちらの記事より)
地下鉄の柄の鯉のぼりが本当にできた(こちらの記事より)
地下鉄の柄の鯉のぼりが本当にできた(こちらの記事より)
福岡と東京のバス乗客の乗り方の違いがこんなにも明確に(こちらの記事</a>より
福岡と東京のバス乗客の乗り方の違いがこんなにも明確に(こちらの記事より)
地下鉄の清掃マシンも思い出みたいな画像になった(こちらの記事</a>より
地下鉄の清掃マシンも思い出みたいな画像になった(こちらの記事より)
ライター西村まさゆきは、いってみれば奥さんであるゆきさんを巻き込んだ編集プロダクション「西村プロ」みたいな部分があるのだ。

戦地で死んだときのために足のサイズを履歴書に書きました

というわけで、いつもありがとうございますとゆきさんにナボナを渡した
というわけで、いつもありがとうございますとゆきさんにナボナを渡した
赤いシャツのゆきさんと白いシャツの筆者。うっかり紅白歌合戦みたいな状態でお中元を手渡す。「盆と正月がいっぺんに来る」を体言した我々だが、それは置いておこう。
西村夫妻はナボナを食べたことないそうで喜んでくれました
西村夫妻はナボナを食べたことないそうで喜んでくれました
ゆきさんは美大出身で普段はテレビ局でWEBディレクターをしている。いろいろあって勤務会社自体は報道カメラマンの派遣会社なのだそうだ。

「最初の履歴書を書くときに足のサイズを書く欄があったんです。どうしてですか?って聞いたら『そりゃあ戦地で死んだときに身元確認するためだよ』って。そんな履歴書はじめて書きました」

……のんびり友人夫婦をたずねるような気持ちでふらりとうかがったらいきなり濃いエピソードトークがはじまった。

Web担当として入社したので以降異動で報道カメラマンになり足のサイズで身元確認されることなく、そうしてゆきさんは会社から帰るとまさゆきさんの仕事を手伝っている(今回どっちも「西村さん」なので以降は下のおなまえで呼んでいきますね)。

「木じゃ」の裏にある苦労

現在はディレクターだがかつては製作にも携わっていたそうで、なるほど画像製作などはお手のものだろう。しかし夫の仕事を、自分の仕事が終わったあと自宅で手伝うのは…………大丈夫なんだろうか。

実は仕事についてはまさゆきさんがライターになる前、編集プロダクションに勤めていたころから手伝ってきたのだそうだ。
そんなむかしから!(暑かったので店に移動しました)
そんなむかしから!(暑かったので店に移動しました)
なのでお話を聞いていると息をするようにごく普通のこととして手伝っているのが伝わってきた。

しかし最近になってこれまでで一番大変だった仕事があったという。今年のエイプリルフールだ。
つらかったのはこないだ銀行の統合のやつ。事情も聞かされず明日までなんだけどって。しかも3つも!
明日まで、っていうタイミングだったんですね!
なんとも説明しづらいのだが当サイトでは今年のエイプリルフールにライターが全員「木」の格好をして木になりきって記事を書くという謎企画を推し進めた。

まさゆきさんは木になって銀行の統合の歴史を語るという記事を書いたのだ。
「ごきげんいかがかな? 木じゃ」ではじまる強気の記事
「ごきげんいかがかな? 木じゃ」ではじまる強気の記事。そしてこの画像にふわふわ浮いている3つの木の画像がゆきさん作
もうちょっと早めに言ってくれればうれしいんですけど。ギリギリに思いついてるんですよね。
なんかご飯食べたあとすごいくつろいでテレビ見てるときに「そういえば」みたいな感じで切り出してくるんですよ。
「水曜日のダウンタウン」見終わったあとでなんで今いうの? って。
録画したやつな!
録画したやつなの?! それいつでも観られるやつですよね?! ちょっと!
そう、録画したやつなのに…。でもやんないと困るっていうので、やります。もっと良い木の形ないの?とか言うんですよ。3つあって、木の形を全部変えてよって。そこから素材を探して。めちゃめちゃ項目が多くて、指示書の殴り書きを確認しながらのの清書が大変でした。
しかしやりきった(メガバンク3行、本当にバックの木の絵が違う…!)
しかしやりきった(メガバンク3行、本当にバックの木の絵が違う…!)
徹夜…ですよね。
ほぼ。4時とか。で、寝て朝7時に子供学校に行かせて自分は会社に行きました。
怒ったりとかってあるんですか?
めっちゃ怒ります。指示があいまいだって。
あ、そういう怒り方なんですね! 「私をなんだとおもってるの!」みたいな怒りとはぜんぜん違いますね。怒るというよりも困る、だ。
どうなの、これどうなの? わかんないだけど、書けないんだけどって。普段は発注側の仕事をしているので、なるべく作る人にストレスかけないように指示は明確にとか思っているんですけど、ものすごいラフな指示がくるんですよ。ディレクターとして納期の考え方がゆるすぎるんじゃないかと。
頼まれた側にストレスかけないような明確な指示を…だいじ…。
怒ってもう画像作んねえよ、プンプン、みたいなことはないですね。仕事でやってるのに画像がないのは困るだろうなと。
その仕事がふざけた内容で。「木じゃ」って出てくるという。
指示では最後どうなるかまでは教えてもらってないんですよ。で、記事に画像がうまったのを公開されてから見て、あ、こういうことだったのかと。
徹夜してがんばって画像を仕上げて夫に渡して出社する。そうして会社で公開されているのを見たら夫が木になっているというなにがどうしたらそうなるのかという状況である。

しかし木が語るという謎記事にもかかわらずこの図がはんぱなさすぎて記事はツイッターで大いにバズった。

あのバズの裏に一家の徹夜があるのだ。

「はあ?」とは思わない

なんかこの仕事おかしいな? と思うことってないですか。たとえば…この画像も作ったのゆきさんですよね?
せっかくなので冒頭につづいてもう一度、銀座に浮かぶ清掃車掲載していいですか
せっかくなので冒頭につづいてもう一度、銀座に浮かぶ清掃車掲載していいですか
ああ…これは「清掃車を思い出っぽい画像にしたいんだけど」っていわれて、「なるほど、じゃあこうしようか」と。
「なるほど…じゃあ」って思うんですね?! 「はあ?」って思うんじゃないんですね!
思いついたアイディアについて「それは違うんじゃないか」と言ったことはたぶんなくて。作業者として発注者のアイディアに応えたいというのはあるんですよね…。
まじめだ!

しかしなんだろう、お話を聞いていると単純なまじめさや責任感というだけではない雰囲気がある。

夫婦で生活していると、仕事が変っただとか子供が生まれただとか、がらっとそれまでの生活スタイルが変るタイミングで夫婦間のパフォーマンスバランスがおかしくなることがある。

そういうアンバランスな時期をうまいことそれを乗り切きった、その先にある生活を共にする共同体である家族の日常を見る思いだ。

発注者のニーズにあわせた対応をしたまで

福岡と東京のバスの乗り方のも結構ちゃんとやりました。シルエットの素材からサラリーマンとか学生とかいろんなパターンのやつを配置して大きさをそろえて…バスは最初作ったら「こういうバスじゃない、路線バスだよ、これじゃ観光バスじゃん」っていわれて。
ハイデッカーじゃなくて路線バスにしてって言ったんだ。ドアがほら、前後にないと。
それでドアをもう一個付けて。発注者のニーズにあわせて対応させていただいております。
対応!
赤丸のバスの部分みてください! この対応!
夫が「ハイデッカーじゃなくて路線バスにしてよ」といって妻が対応する、そういうことで齟齬がない(指示があいまいだとコラ~と思うことはあるとしても)。

ああ、これが西村家なのだと思った。夫婦のどっちがどうとかじゃない、家だ。強靭な西村家力を感じる。

……。

ちょっと待て。

「木じゃ」だったり「清掃機を思い出っぽくしたい」だったり「ハイデッカーじゃなくて路線バスにして」の話題からなんで私はこんな夫婦というものについて考えさせられているのか。

画像製作のほかに、つらかったエピソードがあるというので聞いたらこちらもなかなかだった。次のページに続きます。

DPZトップへ

この記事を送る