特集 2017年8月8日

“トマトソースとマスタードが一度に出せるあれ”の工場見学

今回の主役、これです
今回の主役、これです
ディスペンパックが好きだ。
…といって伝わるだろうか。「ディスペンパック」でピンとこなくとも「アメリカンドッグを頼むとついてくるトマトソースとマスタードが片手で出せるあの容器」と言えばあーあれね!となるとひとも多いと思う。
あの容器が気になる。これはディスペンパックを日本で唯一作る企業に赴き、年間6億個のディスペンパックを生産する工場を見学したりオリジナルディスペンパックを作ってもらったりした記事だ。

※※トマトソースについて、一般的には「ケチャップ」の呼び方が馴染み深いかと思いますが、トマトソースとケチャップは規格で定義が異なるためこの記事では一律に「トマトソース」と表記します。
埼玉生まれ、神奈川育ち、東京在住。会社員。好きなキリンはアミメキリンです。右足ばかり靴のかかとがすり減ります。

前の記事:「宇宙チャーハンの作り方」
人気記事:「宇宙チャーハンの作り方」

> 個人サイト のばなし

日本独自に進化した容器、ディスペンパック

あの容器のことを知りたい!と訪ねたのは日本で唯一ディスペンパックを製造している「ディスペンパックジャパン」。この情報だけでもうなんだか楽しそうな匂いがする。
本社はマヨネーズで有名なキユーピー(親会社なのだ)と同じ建物内にある。おなじみの格子デザインをイメージした建物でかわいい
本社はマヨネーズで有名なキユーピー(親会社なのだ)と同じ建物内にある。おなじみの格子デザインをイメージした建物でかわいい
取材に同席したキユーピーの方の名刺をひっくり返すとまさにその格子デザイン
取材に同席したキユーピーの方の名刺をひっくり返すとまさにその格子デザイン
まずはディスペンパックの歴史を教わる。
そもそもはアメリカの発明家が思いついたこの容器。およそ30年前にキユーピーが目をつけたのがはじまりだ。ひとつの液体(1液)しか出なかったものを「1液じゃおもしろくないよね」とトマトソースとマスタードのように2液出せるように進化させたのが現在の普及につながったそうだ。
2液出せるディスペンパックは日本独自のもの。発祥のアメリカでも普及していないそうだ、てっきり全世界にあると思ってた…
2液出せるディスペンパックは日本独自のもの。発祥のアメリカでも普及していないそうだ、てっきり全世界にあると思ってた…
取材に応じてくれた方々。左からキユーピーの菅原さん、ディスペンパックジャパンの福田さん、江藤さん
取材に応じてくれた方々。左からキユーピーの菅原さん、ディスペンパックジャパンの福田さん、江藤さん

浸透するまではクレームも…

最初の15年程は“使い方がわからない”というクレームもままあったらしい。今でこそみんな当たり前のように使えるけど、確かに前知識もなかったら難しいかも…そう、言わば我々は“ディスペンパック・ネイティブ”なのだ。
逆に持って噴射させ、服が汚れた!という苦情が多かったとか
逆に持って噴射させ、服が汚れた!という苦情が多かったとか
転機はマクドナルドでパンケーキのシロップに採用されたこと。学校の給食で使われたこともあり一気に浸透した。あー確かに給食で使っていたかも!(という反応をしたその場の20~30代と首をかしげた40代。明確に世代の差が分かれた)

トマトソース&マスタード、実はトマトソースの方が少しだけ多い

一番多いシェアはコンビニ。トマトソースとマスタードの組み合わせの「とまと&マスタード」がディスペンパック界の花形なのだ。
江藤さん「実はこれ少しトマトソースの方が多いんですよ」
えー知らなかった!均等じゃないんだこれ!さらに言うとコンビニによって量も比率も違うそうだ。今後確実に彼らを見る目が変わる。
気になって後日3社分を手に入れた。今まで意識してなかったけど見比べると確かに違う
気になって後日3社分を手に入れた。今まで意識してなかったけど見比べると確かに違う
セブンイレブンとファミリーマートは確実にトマトソースの方が多い。ローソンは同じに見えるが、他社より明らかにでかい。各社工夫を凝らした結果なのだろうな…
セブンイレブンとファミリーマートは確実にトマトソースの方が多い。ローソンは同じに見えるが、他社より明らかにでかい。各社工夫を凝らした結果なのだろうな…

「小袋とコンペになります」

正直なところ“片手で使える”“なんか楽しい容器”程度の認識だったけど、様々なメリットも教えてもらった。
・一定の量が出せる。例えば素人のアルバイトでも確実にレストランで同じ味が提供できる
・ 小袋より大量生産できる(!) などなど

コストの小袋vs使い勝手と大量生産のディスペンパックといったところか、ライバルの図式が見える。
江藤さんの「小袋とコンペになります」という響きが印象的だった。小袋とコンペ。
良い話を聞いて良い表情をしている林さんと私の写真です
良い話を聞いて良い表情をしている林さんと私の写真です
フリー素材のような食いつき方だ
フリー素材のような食いつき方だ
果たしてそんな大量生産できる工場とは…?次ページ、工場へ行きます。

DPZトップへ

この記事を送る



イッツ・コミュニケーションズ株式会社