特集 2017年8月9日

「当店から当たりが出ました!」を足してみました

大金をゲットするノウハウは一文字もありません。
大金をゲットするノウハウは一文字もありません。
世の景気がどうであれ、とにかく景気のいい場所は宝くじ店である。店が発信している「当店から億万長者誕生!」のあまりの景気良さにくらくらした私は、それを足したらすごく気持ちいいんじゃないかと思ったのだ。
1975年神奈川県生まれ。毒ライター。 普段は会社勤めをして生計をたてている。 有毒生物や街歩きが好き。つまり商店街とかが有毒生物で埋め尽くされれば一番ユートピア度が高いのではないだろうか。 最近バレンチノ収集を始めました。

前の記事:「あのでかいアオサギも、みんな昔子どもだってね」
人気記事:「夏は池袋で毒づくし! 毒毒毒毒毒毒毒毒毒展(もうどく展)」

> 個人サイト バレンチノ・エスノグラフィー

ほろほろと億が舞う

春にグリーンやドリームだったかと思いきやすぐさまサマー、涼しくなったらオータムで締めに年末よと、季節の節目で我々庶民にジャンボな夢をもたらす宝くじ。
億の細道。買わず飛び込むわけにはいかない。
億の細道。買わず飛び込むわけにはいかない。
街のあちこちにある宝くじショップの一番の集客策は何か、それは「実績の誇示」である。
150円でジュースを買う自販機の横で7億。
150円でジュースを買う自販機の横で7億。
街で評判のパン屋さんの創作パンみたいな亀だが5億円をもたらしている。
街で評判のパン屋さんの創作パンみたいな亀だが5億円をもたらしている。
これぞバナー広告。
これぞバナー広告。
この実績をたよりにするとビッグサクセスにつながりやすいのかどうかはよくわからないが、買うなら縁起のいい売場で、というのは当然の心理だろう。
BIGやロトなど、ジャンボ以外の景気いい情報も
BIGやロトなど、ジャンボ以外の景気いい情報も
POP体が躍動する。
POP体が躍動する。

そうだ、こいつら足してみよう

食べ放題で○○○円!とか○○○円均一セール!とか、デフレメッセージで発信される街の販促物の中で、億単位の圧倒的なインフレ感で見るものに夢を振りまく「当店から出ました」を眺めていたら、これ足したらいくらになるかな、多幸感でるかなと。よくわからない思考がとぐろを撒きはじめた。
これだけですでに3億ですよ。いったいいくらになるのよ。
これだけですでに3億ですよ。いったいいくらになるのよ。
さすがに全てをくまなく見る事は不可能なので、対象をJR山手線の駅近くにある宝くじショップとした。
巣鴨からスタート!
巣鴨からスタート!
宝くじ公式サイトのマップを頼りに行脚する。
宝くじ公式サイトのマップを頼りに行脚する。
いきなりひとつも見つからずにへこんだ。
いきなりひとつも見つからずにへこんだ。
めげずに降りては探り、探っては乗る。
日暮里で2000万ゲット!。
日暮里で2000万ゲット!。
鴬谷3億6千万!好景気!
鴬谷3億6千万!好景気!
10万からあるのかと思ったら関係ないやつだった(大塚)
10万からあるのかと思ったら関係ないやつだった(大塚)
得た情報を表計算ソフト、エクセルに入力していく。TDDB(当店から出ましたデータベース)である。
駅名、店名、くじの種類、等級、金額をインプット。作業の大変さに初日で表情が曇った。
駅名、店名、くじの種類、等級、金額をインプット。作業の大変さに初日で表情が曇った。
池袋や新宿など、でかい駅になってくるとかなり賑やかになる。
億がさく裂!
億がさく裂!
スタッフスクロールのようにずらりと億。しめて73億7千万円。
スタッフスクロールのようにずらりと億。しめて73億7千万円。
1000万が小遣いに見える。
1000万が小遣いに見える。
3億と5億の差は2億もあるのにもはやありがたみを感じない。
そういえば子供の頃観ていたテレビアニメのロボット、マジンガーZは胸からブレストファイヤーという摂氏3万度の熱線を発射してあらゆるものを溶かしていた。続編のグレートマジンガーはさらにパワーアップして熱線は摂氏4万度(ブレストバーン)になっていたが「その1万度のパワーアップ、必要なのか?」と思っていた。
(甘い)予想よりはるかに時間がかかる。ついに始発で出かけて朝活するようになった。
(甘い)予想よりはるかに時間がかかる。ついに始発で出かけて朝活するようになった。

DPZトップへ

この記事を送る



イッツ・コミュニケーションズ株式会社