特集 2017年8月12日

40年前の父と同じ写真を撮りたい(デジタルリマスター版)

一枚の写真を頼りに
一枚の写真を頼りに
私の父は12年前、50歳の若さで亡くなった。
当時私は家を出ていたから、最後の1年はほとんど会っていない事を考えると、父に会えなくなってから約13年が過ぎた。

誰に対しても優しくて、ユーモアがあり、笑顔が印象的だった父。そんな父のアルバムを見返していたら、気になる写真があった。

今回はその写真と同じ格好で、同じ場所に行き、父が見た風景を見に行くことにした。

※2010年12月に掲載された記事の写真画像を大きくして再掲載したものです。
東京葛飾生まれ。江戸っ子ぽいとよく言われますが、新潟と茨城のハーフです。 好物は酸っぱいもの全般とイクラ。ペットは犬2匹と睡魔。土日で40時間寝てしまったりするので日々の目標は「あまり寝過ぎない」

前の記事:「彦根の心霊スポットが本気で怖い~地元の人頼りの旅in滋賀県~」
人気記事:「「コーラと同じ量の砂糖が入った水は飲めたもんじゃない」は本当か」

> 個人サイト twitter

父の写真

父の写真を見るのが好きだ。
もう会えない事を考えると悲しくなるが、好きだ。
特に若い時の父は、私が言うのもなんだが男前で好青年風で好きなのだ。
父の高校時代(右)。私の大きな口は父親ゆずり。
父の高校時代(右)。私の大きな口は父親ゆずり。
右から2番目。陸上部だった。
右から2番目。陸上部だった。
たぶん弾いてるフリ
たぶん弾いてるフリ
アルバムをめくっていくと、父は高校時代に陸上部に精を出していたんだなとか、仲の良かった友人はこの人かとか、ギター弾けるフリしてたんだなとか色々と分かって楽しい。

それらの中には、学校やら新潟の実家というように場所が大体想像のつく写真や、説明が書かれているものがある。
陸上部の合宿写真。(右から2番目、上)
陸上部の合宿写真。(右から2番目、上)
場所と共になぜか上の写真のサングラスの人の絵が。絵はあまり上手くなかったようだ。
場所と共になぜか上の写真のサングラスの人の絵が。絵はあまり上手くなかったようだ。
しかし大抵はどこだか分からないものや、これと言った特徴のない風景ばかりだった。
どこでしょうここは
どこでしょうここは
分かったとしても、何せ40年以上も前の写真。新潟の家も改装したし、学校や街の景色はきっと随分と変わっている事だろう。そう思いながらページをめくる。

すると「棒乃折山」という山の頂上らしき所で笑顔で旗を振っている写真を発見した。それが冒頭の写真だ。
大学時代の父
大学時代の父
今までなら次へとページをめくっている所なのだが、この時は「ん、まてよ」と思った。

山なら40年経ってもきっと変わらずあるだろう。ならば父がそこで見た風景を私も見られるんじゃないか、と。

さらによく見たらこの写真、後ろの景色がボンヤリしていてよく分からない。霧がかっているのもあるだろうし、白黒写真だからというのもあるだろう。

そこにはどんな景色があったのだろうかとさらに気になった。
「棒乃折山」を調べてみると、奥多摩にあるようだ。そんなに遠くないと知った私は、その週末にさっそく登る事にしたのです。
行ってきます
行ってきます

その前に準備

いや、ただ登るだけではつまらない。
どうせなら父と同じ格好で、同じポーズの写真を撮ったら面白いのではと思った。という訳で写真を改めてジックリと見てみた。


・白いシャツを着ている
・旗を振っている
・案内板に帽子をかけている

ポイントはこの3つだ。
白いシャツというのを私は持っていないのでワイシャツを買ってきた。帽子もそれっぽいものを用意。旗は・・・100円ショップでつっぱり棒と、布切れを買ってきた。
無地の布切れはこの色しか無かったがまあいいか
無地の布切れはこの色しか無かったがまあいいか
そんな訳で下にシャツ着てます
そんな訳で下にシャツ着てます
それでは高尾山以来の登山に行ってまいります。

DPZトップへ

この記事を送る