特集 2017年8月12日

天使突抜を天使になって突き抜ける(デジタルリマスター版)

自称天使(35)
自称天使(35)
京都に天使突抜(てんしつきぬけ)という地名があるらしい。

「天使」という西洋的なイメージが地名に入っているだけでも珍しいのに、さらに「突抜」とくる。動きを含んだ言葉が地名に入っているのも面白い。

これは、天使になって突き抜けるしか無い。

※2011年4月に掲載された記事の写真画像を大きくして再掲載したものです。
鳥取県出身。東京都中央区在住。フリーライター(自称)。境界や境目がとてもきになる。尊敬する人はバッハ。

前の記事:「社長に聞くチロルチョコ誕生秘話」
人気記事:「あの「HG創英角ポップ体」の元となった直筆生原稿を見た」

> 個人サイト 新ニホンケミカルTwitterID:tokyo26

目立つということは孤独になること

くどいようだけど、35歳です。
くどいようだけど、35歳です。
そもそも、ネタ会議で「京都に天使突抜があるので、天使の格好で突き抜けたい」とネタ出ししたのは、その場をなごませるためのちょっとしたジョークのつもりだった。 しかし、いろいろあって、なんやかんやで結局やることになった。

前日にドン・キホーテで買ってきた天使セットを品川駅で装着。
メタモルフォーゼ!
メタモルフォーゼ!
シューマイ弁当下さい(羽は付け忘れ)
シューマイ弁当下さい(羽は付け忘れ)
目
周囲のひとは、天使の羽と輪っかをつけたおっさんを発見すると、遠巻きに眺めるか無視をする。 なるほど、こういう感じか。 「目立つかっこう」というのは、度が過ぎると孤独になるものなのだな。

ドレスはやめた

乗車予定の新幹線よりひとつ前の新幹線で「新幹線に乗っているところ」を写真に撮ることにした。 実は、白いドレス姿で写真を撮ったのだけど、あまりにもひどいものになったので、急遽、羽と輪っかだけにすることにした。
新幹線に並ぶ天使。ドレスはやめた。
新幹線に並ぶ天使。ドレスはやめた。
乗りますよー
乗りますよー
……
……
発車ベルだ!
発車ベルだ!
!
写真を撮ってもらうために同行してもらったウェブマスターの林さんに「林さんもピエロ姿で大阪まで行ったんですよね?」と尋ねたところ「ピエロはそのへんに居てもおかしくないけど、天使は居たらおかしい」と言われた。その時は「なるほど」と思ったのだけど、今考えるとどっちもおかしい。

京都でも遠巻きに観察される

新幹線は早い。あっという間に京都だ。さすが新しい幹線というだけある。
トイレに財布を忘れて次に入ったひとが出るのを待つ
トイレに財布を忘れて次に入ったひとが出るのを待つ
財布を忘れたエンジェル 
財布を忘れたエンジェル 
トイレの中に財布を忘れるというアクシデントに見まわれるものの、無事に財布を回収し、「天使突抜」に向かう。
よーし、天使でつきぬけるぞー!
よーし、天使でつきぬけるぞー!
……
……
「天使突抜」は地下鉄五条駅が最寄り駅なので、地下鉄で移動する。
なかなか来ない電車にイラっとする天使
なかなか来ない電車にイラっとする天使
電車通勤の天使
電車通勤の天使
全員下を向いている
全員下を向いている

中学生に天使と認めてもらう

地下鉄駅構内に人がないことをいいことに調子にのる天使
地下鉄駅構内に人がないことをいいことに調子にのる天使
地下鉄五条駅から天使突抜へ向かう途中、中学生の団体とすれ違った。すれ違いざまに「あ、天使」という声が聞こえてきた。とりあえず、中学生には天使と認めてもらうことができた。
中学生も認める天使 
中学生も認める天使 
そして、何らかの撮影かと思ったのか、自転車に乗った中学生が後ろから追いぬきざまにふりかえってぼくの顔を確認した。 若手芸人とかじゃなくてごめん……。

面白い地名はテンションが上がる!

駅から歩くこと数分、天使突抜に到着する。
天使突抜に天使!
天使突抜に天使!
あ、あった! 天使突抜だ!
珍しい地名にニヤける天使
珍しい地名にニヤける天使
変わった地名、珍しい地名を訪ねるというのは、それだけでわくわくしてしまう。
京町家の家並みが続く
京町家の家並みが続く
天使突抜は、その珍しい地名で町おこしをしようとか、そういう安易な考えは一切持ち合わせていないらしく、ごくごく普通の静かな住宅街だ
ちなみに、今回は時間がなくて行けなかったのだけど、この天使突抜からもう少し東に行ったところに「悪王子町」という町がある。天使とか悪王子とか、ビックリマンシールみたいでいちいちかっこいい。

さて、天使突抜を天使で突き抜けるか

「突き抜ける」をどのように表現するかはちょっと悩んだのだけど、とりあえず、走り抜ければ突き抜けたってことになると思うので走り抜けることにする。
突き抜けるぞー
突き抜けるぞー
ついにぼくは
ついにぼくは
天使突抜を
天使突抜を
史上始めて
史上始めて
天使で突き抜けた!
天使で突き抜けた!
おわり
おわり

よく見ると、羽の向きがずーっと逆だったっぽい

なぜか天使突抜にはタイムズがやたらある
なぜか天使突抜にはタイムズがやたらある
ところで、この記事を読んでいて、ぼくの天使姿に違和感を感じていた方も多いと思う。 その違和感、たぶん羽の向きです。

品川で羽を背負う時「たしかぎょう虫検査の天使はこういう向きだったなあ」と思って背負ったのだけど、あとで「ぎょう虫検査 天使」で画像検索してみたら羽の向きが上下逆さまでした。

DPZトップへ

この記事を送る