特集 2017年10月10日

いきなり!シンギュラリティ

シンギュラリティとステーキは関係あるのか。
シンギュラリティとステーキは関係あるのか。
最近「シンギュラリティ」という言葉をよく聞く。

「シンギュラリティは2045年に起きる」、「シンギュラリティが起きたらもう人類は手に負えない」、などなど。

なんだかわかんないけどみんな来る来る言っているという点では90年代に恐れられたハルマゲドンにも似たものがあり、怖いイメージがついてまわっているのも確かだと思う。この「シンギュラリティ」が実のところなんなのか。専門家に聞きました。

そうしたら次の瞬間から世界の見え方が変わったのでみなさんも覚悟して読んで下さい。
1975年愛知県生まれ。行く先々で「うちの会社にはいないタイプだよね」と言われるが、本人はそんなこともないと思っている。

前の記事:「食べ物以外もつまみになるのか」
人気記事:「ラーメン二郎に行ったことがない」

> 個人サイト むかない安藤ツイッター

いきなり聞きます

今回、いきなりシンギュラリティについて詳しい人に聞くということで、舞台をこのステーキ屋さんにした。
いきなり!ステーキ、とライター江ノ島。
いきなり!ステーキ、とライター江ノ島。
きっと難しい話なので長くなると思ったのだ。「いきなり!ステーキ」はお客の回転率を上げることでおいしいステーキを安く食べられるお店である。ここでならば短い時間でぱっとシンギュラリティについて聞けるのではないか。

聞き手は編集部安藤とライター江ノ島茂道。シンギュラリティについての知識はほぼないが、新しいものへの興味は人一倍ある二人である。

そして今回、僕たちにシンギュラリティのことを教えてくれるのは専門家の武さん。
江ノ島くんと武さん。
江ノ島くんと武さん。
武 聡志 Satoshi Take
クリエイティブディレクター。2002年よりデザイナーとしてのキャリアを開始。2005年にはNECとロフトワークのプロジェクト「N+10クリエイター’s」にて 10/1000人に選抜される。 その後独立し、大手携帯電話企業ウェブサイトの全体デザインを担当、 世界的に有名なスマートフォンの紹介コンテンツを担当。 また、自動車および二輪メーカーはじめ、インターネットプロバイダ最大手企業、都市型ハウスメーカー最大手のWebサイトの制作など、国内大手企業のプロジェクトを数多く手がけている。 2013年より渋谷ヒカリエに活動拠点を移し、 クリエイティブプロダクション「SQUARE GARDEN」を設立。 2016年からTEDxTokyoのコアパートナーへ、 2017年からSingularity University Japan SummitのWEBマスターへ就任。
ステーキを注文している間にいきなり聞いてしまおうと思う。

いきなりですけど武さん、シンギュラリティってなんですか?
僕と武さんは200g、江ノ島くんは300gを注文。
僕と武さんは200g、江ノ島くんは300gを注文。

シンギュラリティは「ものごとが急激に変化しはじめる点」

武「日本ではシンギュラリティを『技術的特異点』と定義しています。これまでゆるやかに発展していたものが、ある瞬間から指数関数的に加速発展しはじめる、その点が技術的特異点です。」

シンギュラリティはさまざまな分野で研究されているが、中でも人工知能の権威であるレイ・カーツワイルさんが提示している説が有名なのだとか。

レイ・カーツワイルさんいわく、人工知能の領域では近い将来、人工知能が爆発的に発達して人間を超える瞬間がくるのだと。その瞬間をシンギュラリティと呼ぶ。
「いきなりステーキ」を選んだ僕の選択は「いきなり」という点で間違っていなかった。
「いきなりステーキ」を選んだ僕の選択は「いきなり」という点で間違っていなかった。
武さんいわく、いま人工知能とかVR(バーチャルリアリティ)とかブロックチェーンとか、新しい技術が個々にたくさんあるけれど、これらが複合的に作用しあうことで指数関数的に技術が発展する瞬間がくるのだという。

そんな日が本当に来るのだろうか。来るとしたらいつ来るのか。
注文したステーキはすぐに来るけれど。
注文したステーキはすぐに来るけれど。
シンギュラリティは本当にやってくるんですか。

武「来ます」

江ノ島「来ますか」

武「来ます」
タレを持った江ノ島くんが
タレを持った江ノ島くんが
かけずに置いた。
かけずに置いた。
武さんがいうには、それははっきりとわかるかたちでやってくるという。

しかしテクノロジーが急速に発展しはじめる点というのならば、今みんながスマホを持って、どこにいてもインターネットで知りたいことを調べられる世の中が来ているが、これはすでにシンギュラリティ後の世界と言えないだろうか。

武「スマホの普及も確かにぼくたちの生活をガラリと変えました。そういう意味では大きな変換点だとは思いますが、いま語られているシンギュラリティとはちょっと次元が違います。これから起きるシンギュラリティは経済とか産業とか、そういうレベルでは計り知れない変化になると考えられています。」

江ノ島「それはどのくらいのレベルの変化なんでしょう」

武「人間レベルの変化です」
「人間…」
「人間…」
それでは人間レベルの変化が起きる、というシンギュラリティ後の世界を想像してみましょう。

DPZトップへ

この記事を送る



イッツ・コミュニケーションズ株式会社