日曜たのしさ一万尺 2017年11月12日

誤読四天王を(勝手に)決定しました~それっぽい誤読~

!
前回前々回と募集した、わかっているのについ間違えて読んでしまう・途中まで間違えて読み方を覚えていたために、いまだに引きずられてしまうといった「それっぽい誤読」が今回もたくさん集まりました! 今回は勝手に「誤読四天王」も大決定。いや、改めて日本語というのは難しい。
1986年生。大人げない大人を目指し、日夜くだらないことを考えています。ちぷたそ名義でも活動しています。

前の記事:「「所謂」←なんて読む? みんなの「それっぽい誤読」大集合」
人気記事:「小川軒の「レーズンウィッチ」、食べくらべてみよう」

!
こちらは前回ご紹介した「所謂(いわゆる)」と「所詮(しょせん)」。このふたつを意識するようになってからかなり揺さぶられるようになった私ですが、今回さらに揺さぶられる投稿を頂きました。
所以 所謂と所詮の仲間に入れてやって下さい!私は記事を読むまで、「所謂」を間違って「所以」と読んでいました。
かるぱかさん
所為
わかってても書くときはしょいしょい言いながら書いてます
しょーんさん
!
「所謂」「所詮」「所以」「所為」……所から始まる似たような2文字の漢字、こんなにあったの……。これらの読みはこちらです。
!
「所謂(いわゆる)」と「所詮(しょせん)」「所以(ゆえん)」「所為(せい)」、もうダメだ。
私は今後これらが出てきたら、他の3つがぐるぐる頭の中を回ってしまって、正しく読むことができないかもしれない。これはなんという恐ろしい呪いなんだ……。というわけでこちらに関する投稿をいくつか紹介します。
所以
「この漢字の読み方を問うと『しょい』と書く奴が毎年いる」と古文の授業で釘刺されたのを思い出した。
しいこ(@aCExAt)さん
「所以」ゆえん。所謂と混ざって混乱します。
hiront758さん
「所謂」は「いわゆる」じゃなくて「しょせん」って読みたくなるし、「所以」は「ゆえん」じゃなくて「せい」って読みそうだし、「所謂」「所詮」「所以」「所為」の4つに関しては、勝手に「それっぽい誤読四天王」認定したいと思います。日本語って難しい!

それっぽい誤読女王候補

前回「月極(つきぎめ)」を誤読の王様? として紹介しましたが女王候補の投稿も。そのまんま「女王」。地味にみんな間違えてないですか。私は間違えていました。
!
誤読の王様が出たなら誤読の女王様が出てないのはナゼだ......!さて皆様『女王』をなんと読まれたでしょうか。
(正しい読みよりも慣用的な読みが浸透している例は他にもあるのでしょうか。)
通りすがりさん
誤読の女王といえば、やっぱり「女王」(じょうおう=本来のヨミはじょおう)でしょう。ただし最近の辞書などでは「じょうおうとも」と但し書きがありますね。
星ピューマさん
考えてみれば「じょおう」という読みは自然なはずなんですけども、どうして「じょうおう」と読んでいたのだろう……。

「耽美」はちんびって読みたくなる

!
耽美→ちんび
どうしても脳内で一度は「ちんび」って読んでしまうwww
あめ(@TheWomanOfRain)さん
耽美=ちんび と、ついよんでしまう
朕と読み違えたのか、沈と読み違えたのか…共通点もあまりないのに、脳内で「 ちんびちんび」と浮かぶのをねじ伏せながら、「たんび」と発音しています
耽美派を「ちんびは」と認識していた青春、聞くたびに「あぁ、この人らは色者だったのかー」と考えていました
ダータケクソボクロさん
誤読界の一大勢力でもある「耽美」を「ちんび」と読みたくなる人たち。「朕と読み違えたのか、沈と読み違えたのか」というのはこの「ちんび問題」の核心に迫っていそうな気がします。

忖度はふどでよくない?(ダメです)

!
続いてはニュースなどで見かけるようになったこちらの言葉。ふどって読みたくなるからふどでよくない?(ダメです)。しかし、同じような気持ちの方がたくさんいることがわかったので私は嬉しいです。
「忖度」って、忖が付っぽいから『ふど』って読んでた。
『そんたく』という読みを知った今でも『ふたく』って読みたくなる。
今夜が☆山田(@tonightisyamada)さん
忖度→つけど
ウユニ塩子(@uyunienko)さん
忖度に関しては「ふど」と読んでしまう人が多かったものの、なかには「つけど」と読んでしまうという方も。
続いては、ネットの普及で見かけるようになったこの漢字。

履歴をふくれきと読むのはみんな通る道

!
ネットが広がり始めた頃、検索履歴を「けんさくふくれき」と読んでいました。脳が「復」と勘違いしたのだと思いますが、ネット初心者の母に、ふくれきふくれき言いながら閲覧法を教えたため、後日母が知り合いの前で恥をかいたそうです。アホな娘でごめんなさい‥
チェロさん
こういう人が他に居るかはわかりませんが、うちの母は「履歴」の「尸」を無視しちゃって、「ふくれき」と読んでいました(現在進行形かも知れません)。
癖になっているのか、私自身にも刷り込まれていたらしく、正しくは「りれき」だと知るまで私も「ふくれき」と読んでいた記憶があります。
青海苔嫌いさん
私も昔履歴のこと「ふくれき」って読んでいました!! 今でも「一見ふくれきっぽいけど違うんだよね、りれきなんだよね」の工程を経るので微妙に時間かかります……。正直不便です。人間の脳って微妙にバグあるよね。

ふいんき(なぜか変換できない)

!
「雰囲気」
ふいんき(←なぜか変換できない)
塾長 RAINMAKER( @NYPD_LAPD)さん
定番ですが雰囲気、ふいんきですかね?
パソコンであまりに出ない出ない文句言うので日本語変換に登録してあげました。
ぬるぬるさん
定番ですが私はこの雰囲気、「読めるけど言えない」というやつで、「ふんいき」と読むことはわかっているのに、言葉に出す時は「ふいんき」と言ってしまいます。あれ? 今気づいたけどそれってただバカ丸出しなような……。

結論:日本語って難しい

元は読み間違えていて恥ずかしかった漢字を笑い飛ばして供養しようと思いはじめた企画なのですが、現在みなさんのいろいろな投稿を見て引きずられ、今少なくともご利益(ごりやく)ってすんなり言えずに「ごりえ……ごりやく」みたいになるようになってしまいました。自分で確認できる範囲でこれなので、他にもいろいろありそう……。
!
『御利益』9割以上の確率で『ごりえき』と読んでしまいます。
なんと、今ここに書いたときも『ごりえき』で変換しました…
Dafkさん
ちなみに引きずられる元になった投稿です。投稿ありがとうございました! 
なにはともあれ、投稿に引きずられつつもたくさん勉強になりました。スマホの普及で、「なんとなく見かけるけど読みをしっかり知らない漢字」が増えているのかなとなんとなく思いました。誤読の沼は深かった。

DPZトップへ

この記事を送る



イッツ・コミュニケーションズ株式会社