特集 2018年1月8日

ホウキを手作りして空を飛んだ

2018年の正月は、河原でホウキを作って飛びました。
2018年の正月は、河原でホウキを作って飛びました。
昨年末、友人から正月にホウキを作らないかと誘われた。なぜホウキ。熊手を飾って商売繁盛みたいな話だろうか。

詳しく聞いてみると、別にそういう文化的・歴史的な行事がある訳ではなく、ただ作りたいだけらしい。一応実用品として使えるものだが、ほぼ道楽としてのホウキ作りだ。

大掃除を放棄した私にホウキを作る資格があるのかとも思ったが、それも一興だと参加してみた。
趣味は食材採取とそれを使った冒険スペクタクル料理。週に一度はなにかを捕まえて食べるようにしている。最近は製麺機を使った麺作りが趣味。

前の記事:「冬の佐渡の一大イベントだった羽茂大市の今を楽しんだ」
人気記事:「一番安い寝台車のシート、ノビノビ座席で寝てきた」

> 個人サイト 私的標本趣味の製麺

デイリーポータルZを運営する会社の前でホウキを作る

元旦の翌日、1月2日にホウキを作るためにやってきたのは、偶然にも当サイトを運営しているイッツコムのビルが見える河原だった。

もしこのホウキ作りが楽しかったら、編集部の方々を誘って、会社で使うホウキ作りを一緒にしよう。職場ホウキの会だ。
中央の四角いビルにニフティ……じゃなかったイッツコムが入っている。
中央の四角いビルにニフティ……じゃなかったイッツコムが入っている。
集まったのは私を入れて4人。そのうちの1人が、一度作ったことがあるという程度のホウキ素人集団である。ワークショップや講習会というほどでもない、ただの名もなき集まりだ。

まずは河原を歩いてホウキの材料となる草と柄になりそうな棒を探す。少し離れたところでは、凧がたくさんあがっていた。いろんな正月があるなと思った。
この草でホウキを作る。
この草でホウキを作る。

材料はオギという草

ホウキの履く部分になる素材は、竹やらホウキギ(コキア)やら様々だが、今回使用するのは河原に生えている背の高い草である。

こういう草は全部ススキだと思っていたが、小穂(穂の最小単位)の先端に芒(ノギ)という細い毛のようなものがないから、これはススキではなく荻(オギ)という植物だそうだ。
小穂部分がほとんど落ちていてよくわからないが、オギなのだそうです。
小穂部分がほとんど落ちていてよくわからないが、オギなのだそうです。
その説明を聞いて、鈴木さんと荻原さんと萩原さんが浮かんできてしまい、全然頭に入ってこなくて、ハギでホウキを作るんだったかなと混乱した。

質の良い穂を集める

ススキを使ってホウキを作ったことがあるというHさんに教わりながら、穂がしっかりしたオギを選んで茎を切り、余計な葉や枝を掃ったものを40本くらい集める。これでホウキ1本分だ。

この作業はオギの破片が手や目に刺さりがちなので、軍手やメガネを用意するべきだったか。

風を受けて育つオギは地面に対して斜めに生えていて、その流れに逆らって歩くと、体にグサグサとオギが刺さった。
荻の原っぱ、今にして思えばこれがホントの荻原だ。ということで、この状態にしたオギを集めていく。
荻の原っぱ、今にして思えばこれがホントの荻原だ。ということで、この状態にしたオギを集めていく。
この日は空が綺麗で、余計に「正月から何をしているんだろう」という気分が強くなり、それがとてもよかった。
この日は空が綺麗で、余計に「正月から何をしているんだろう」という気分が強くなり、それがとてもよかった。
この素材集めは、量が重視される食べるための収穫とはちょっと違い、芸術的なセンスが問われる作業である。

これは穂の形がいいぞとか、茎の細さが最高だなんて、まだ一度も作ったことがないのに、伝説のホウキ職人、あるいは村で一番手先の器用なおじいさんになった気分が味わえる。
「私のホウキに使える穂はね、まあ100本生えているうち1本あればいい方ですよ」と熱く語る玉置氏(私)。
「私のホウキに使える穂はね、まあ100本生えているうち1本あればいい方ですよ」と熱く語る玉置氏(私)。

DPZトップへ

この記事を送る



イッツ・コミュニケーションズ株式会社