特集 2018年7月12日

駅の出口はだいたい黄色 ~JISがつくる風景~

JISが決める景色
JISが決める景色
キーボードに「JIS配列」というのがあるが、あれに限らず工業製品全般の規格を定めているのがJIS(日本工業規格)だ。

趣味で路上のあれこれを調べていると、あれもこれもJISで定められていたのか!と驚くことが結構ある。対象範囲があまりに膨大なのだ。

ぼくたちの見る風景の一部は確実にJISが形作っている。いくつか調べてみた。
1976年茨城県生まれ。地図好き。好きな川跡は藍染川です。

前の記事:「なんでもない景色を語る会」
人気記事:「マクドナルドが一斉に閉店した日」

> 個人サイト ツイッター(@mitsuchi)

街の色の一部はJIS

たとえば駅の風景を見てみよう。
JR
JR
東京メトロ
東京メトロ
都営地下鉄
都営地下鉄
この3つの風景の中に、共通点がある。それがこれだ。
ぜんぶ、出口の表示が黄色
ぜんぶ、出口の表示が黄色
これ、知ってました? 出口の表示は黄色であることが多いのだ。ぼくはぜんぜん気づいてなかった。

そしてこれは偶然じゃない。JIS Z 9103「図記号-安全色及び安全標識-安全色の色度座標の範囲及び測定方法」という規格に、黄色が「駅舎、改札口、ホームなどの出口表示」を明示する色として規定されているのだ。

その他、黄色が使われている例としてはこんなのもある。
注意を表す信号灯。意味:注意。
注意を表す信号灯。意味:注意。
踏切の遮断機や警報機など。意味:注意警告。
踏切の遮断機や警報機など。意味:注意警告。
どの信号機にも「黄色」がある。当たり前すぎて逆になにを言っているのかという感じはあるが、これも同じJIS Z 9103に黄色が「注意を表す信号灯」として載っているのだ。
JIS Z 9103フィルターを通した景色
JIS Z 9103フィルターを通した景色
緑色は逆に安全などを示す色として、非常口や信号で使われる。こんなふうに、ぼくたちはJISがつくる風景のなかに暮らしている。

DPZトップへ

この記事を送る

お知らせ

デイリーポータルZをサポートする
じゃあせめてこれだけでも メルマガ SNS!


イッツ・コミュニケーションズ株式会社