特集 2018年9月13日

建設現場の角のディスプレイが進化している

さいきんこういう角を見ませんか
さいきんこういう角を見ませんか
建設現場の角が、透明のプラスチックで覆われてショーウィンドウみたいになっているのを見かける。

現場の人はなんでここをディスプレイにするのか、そしてどんな傾向があるのか。いろいろ見てみました。

建設現場の角にこういうのある

こういうのがあると教えてもらったのは去年、岡山市内を歩いていたときだ。
植物が飾ってある
植物が飾ってある
「ピクトさんの本」などの著書がある内海慶一さん(@pictist)と街を歩いていて、この角にさしかかった。そのとき「角がこういうふうになってるの最近見かけますよね」と教えてもらったのだ。

写真では分かりづらいけど、下のほうにはLEDが巻きつけてあり、夜はピカピカ光るものと想像された。凝ってる。
これも岡山で
これも岡山で
別のところにも植物があった。こんなふうにとりあえず緑を置く、というのはよくあるパターンのようだった。工事現場の仮囲い(かりがこい)が真っ白なので、緑で目を落ち着けてもらおうということだろうか。

他のもこういう感じなのかな、と思っていたある日、通勤途中にこんなのを見かけた。
角になにかある
角になにかある
ここもセオリーどおり、建設現場の角が透明のディスプレイになっている。ただし中がずいぶん凝っている。
花輪だ
花輪だ
オリンピックをイメージしているんだろうか。覗き込むとこんなのもいた。
カエルだ
カエルだ
大量のカエルがいた。表情も色も少しづつ変えてある。もちろんぜんぶ手作りだろう。凝ってる。

明らかに、ものすごいサービス精神で手間暇かけてこれを作ってる人がいる。すごいものを見ているという予感がした。5月のことだ。
6月末。建物ができてきた。
6月末。建物ができてきた。
そして一ヶ月後、ディスプレイががらりと変わった。
七夕飾りだ
七夕飾りだ
願いがかけられている
願いがかけられている
建設会社の人たちの願いだろう。「配属が田舎になりませんように」のようなものに混じって、きれいな字で「この現場の皆さんが竣工まで無事故で作業できますように」というものがあった。ちょっと泣きそう。
君はだれだ
君はだれだ
そして7月末。夏休みが始まった。
一面のひまわり!
一面のひまわり!
昆虫たちもいる!
昆虫たちもいる!
このカブトムシとクワガタムシ、ずいぶんリアルだ。ひまわりも昆虫も、そろえるのには間違いなくお金もかかるし、手間もかかる。どうしてここまでして人々の目を楽しませようとするんだろう?

そのとき、通りかかった女性会社員たちが「あの虫きもちわるくない?」と言っているのを聞いてしまった。そんな…。

まあそういう人もいるだろう。でもぼくは好きだよ!と、これを設置した人に勝手にエールを送った。

とにかく、工事現場の角がいま盛り上がってきている。そう感じた。

DPZトップへ

この記事を送る

お知らせ

デイリーポータルZをサポートする
じゃあせめてこれだけでも メルマガ SNS!


イッツ・コミュニケーションズ株式会社