はっけんの水曜日 2011年6月29日
 

ウェルカムベアならぬ「ウェルカムはんざき」を作った

Welcome to Our Wedding!ワァー!
Welcome to Our Wedding!ワァー!
「“ウェルカムはんざき”を作っていただけませんか?」

そんな依頼が来たらあなたはどうしますか?というか、そもそも「はんざき」って何だろう。

つまり結婚式でお客様をお迎えする人形を、はんざき=オオサンショウウオで、私に作って欲しいということなのだ。

予想だにしない依頼ではあるが、はんざき好きとしては、捨て置くわけにはいかない。たぶん世界初の「ウェルカムはんざき」、その制作の様子をお伝えする。
1970年群馬県生まれ。工作をしがちなため、各種素材や工具や作品で家が手狭になってきた。一生手狭なんだろう。出したものを片付けないからでもある。性格も雑だ。もう一生こうなんだろう。
> 個人サイト オツハタ万博

何でもやってみるが吉

その依頼は、このようなメールとしてある日突然、私の元に来た。

「初めまして。いつもデイリーポータルZを楽しく読んでいます。」
(中略)
「さて、お願いなのですが、実は乙幡さんに、結婚式用の『ウェルカムはんざき人形』の作成をお願いできないかと」

たいていの人は、ここでもう一度最初からメールを読み返すはずだ。
「ウェルカム」に「はんざき」と来た。

まあ、もう少し読み進めてみよう。

「なぜかと言えば、妻となる彼女との初デートの時、はんざきを見に行ったのです。彼女は元々、はんざきさんがなぜか大好きで、昔から『自分の前世は絶対はんざきさんだ』と言うほど。」

なぜかはんざきが大好き。この点に関しては、激しく共感だ。

「動かないはんざきを、閉園時間まで2人で飽きずに眺めていました。そんな思い出のはんざきを、彼女の大好きなはんざきをウェルカム人形にしてもらうには、やはりはんざきさんへの愛情をもつ乙幡さんをおいて他にいません。結婚式の当日、彼女へのサプライズとして、ぜひ乙幡さんにお願いしたくメールをした次第です。」

その後に続けて、このデイリーポータルZでの記事にしてくださっていい、との言葉。

まったく知らない方からのご依頼である。はんざき好きという共通点はあるとはいえ、果たして私なんかが、人生の重要なイベントである結婚式の小道具を、作ってよいものだろうか?しかもネタにして記事に書くなど。

その上、本来の「ウェルカム人形」はたいてい「ウェルカムベア」であり、このようなものが定番である。これが「はんざき」版になる、とお考えください。
ザ・ウェルカム人形。未知の領域である。
ザ・ウェルカム人形。未知の領域である。
しかし一方で、こうも考えた。私も、その彼女に負けないくらい「はんざき」が大好きだ。はんざき関連の記事も2本書いている(「“ハンザキ”がハンバーグに似ているので作ってみた」「ハンザキ祭りでハンザキ山車をひっぱってきた」)。そんな私を指名してくれるとは、何と光栄なことだろうか。はんざきといえば乙幡、という方が日本のどこかで私を待っている。

またそれだけでなく、花嫁をなんとかして喜ばせてあげたいという、その気持ちに何より心を打たれた。

承諾の返事を出すと、たいそう花婿は喜んでくださったが、さあこれからが勝負だ。未だ見ぬ「ウェルカムはんざき」をデザインし、花婿・花嫁の2体作り上げる仕事が待っている。さっそく資料集めだ。

しかし、自分の持っているはんざき写真は、どれも皆水槽の中でぐてーっとしている。そしてめったに動かないので、最初に見た姿勢と最後に見た姿勢はほぼ変わらない。立体物を作る参考にならん。
モデルをやる気のない有り様。
モデルをやる気のない有り様。
なので、唯一の資料…以前買った「オオサンショウウオ」フィギュアを引っ張り出してきた。5〜6cm大だが本物そっくりのフィギュア、これは参考になる。
はい、これがはんざき。オオサンショウウオでございます。
はい、これがはんざき。オオサンショウウオでございます。
むーん。つぶらな瞳、てきとうな体形。
むーん。つぶらな瞳、てきとうな体形。
平たい…。そして、はいつくばっている。いったいどうやってこれを「ウェルカム人形」として働かせることができるというのか。

新郎に事前に要望を聞いてみたが、すべて私にお任せしたいとのことだった。それでも、色使いやそっくり度合いの要望を聞いてみたところ、「式場が伝統ある雰囲気の落ち着いた場所なので、それになじむくらいで」とあった。ということは、そんなにデフォルメとかせず、モデルに忠実に作るのがいいと考えた。

そういったことを考慮に入れつつ、じっくり描いたラフが、これだ。
実際は、ぐたーっと寝そべる感じに計画変更。
実際は、ぐたーっと寝そべる感じに計画変更。
モデルに忠実って言ったじゃない!…いや、あのですね、たぶん誰が描いてもだいたいこんな感じになると思うのだよ。そもそものモデルが、のべーっと、ぐてーっとしているのだ。しょうがな…

おっと、今回はめでたい内容にしなければ。文中にも、後ろ向きな言葉や「忌み言葉」などはできるだけ入れないようにしたい。「切る」→「ハサミを入れる」などと、言い換えていきたい。目立たないが真心のこもった仕事を見てくれ。
プラナリアじゃないのだ。
プラナリアじゃないのだ。
この口。手を入れてパクパクできるよう設計。
この口。手を入れてパクパクできるよう設計。
腹と背で色を変えてみた。背はマダラのフェルトが見つかった。「はんざき色」と言っていい。さあハサミを入れよう。
腹と背で色を変えてみた。背はマダラのフェルトが見つかった。「はんざき色」と言っていい。さあハサミを入れよう。
型紙さえ作れば、あとは縫うだけ。「だけ」で済むかどうか。
型紙さえ作れば、あとは縫うだけ。「だけ」で済むかどうか。
腹から手を突っ込む仕様である。ぐえっ。
腹から手を突っ込む仕様である。ぐえっ。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓