ひらめきの月曜日 2011年7月4日
 

酒場ほうろうき…吉田類ごっこ

うちのテレビで、BSチャンネルが見られるようになってから、ファンになった番組がある。

それが「吉田類の酒場放浪記」(BS-TBS)だ。

03年から放映している番組なのだが、なぜか最近、人気急上昇中らしい。私の周囲にもファンがいっぱいだ。

内容は、酒場詩人ことイラストレーター/コラムニストの吉田類氏が、いろいろな居酒屋(ほとんどが高くない店)に行き、その店の雰囲気を伝え、メニューを堪能するというもの。

味の品評はほとんどしない。グルメ番組というよりは旅番組に近い、何とも不思議な15分番組だ。

ただ、おじさまが酒飲んでるのを映しているだけという、超低予算なプログラムだというのに、魅力的…。

そしてとっても、「マネがしたくなる」番組だ。



というわけで、え〜欲望に負けました、思い切って「吉田類ごっこ」します! 2011年6月27日放送回のルイルイの行動を、トレースしてみたいと思います。



酒場という聖地へ/酒を求め/肴を求めさまよう/大塚幸代の酒場放浪記

ばばば〜(BGM、ジャズ曲『エジプシャン・ファンタジー』)
埼玉生まれ。電子書籍『初恋と座間のヒマワリ』(リイド社刊)発売中。最近、ほぼ毎日ブログを更新していますので、良かったら読んでください。

> 個人サイト 日々の凧あげ通信アネックス

え〜大塚です。今日は森下に来ました、新宿から都営新宿線で18分の駅ですね。類さんは、このへんのことを「江戸時代は湿地帯で、木立がいっぱいあって、森下という名前が付いた、でも今はそんな感じはしない」って説明してましたけど、確かにないですねえ、普通の街ですね。江東区で水辺が近いからか、景色が明るくて、風が吹いてて気持ちいいですね。古い家も多いからかなあ、江戸の香りも少々しますね。「深川めし」屋さんも点在してて。
さて今日は散策の前に、類さんレコメンドのパン屋さん、そこに寄ってから、美味しく飲みに行きたいと思ってます。
おっと、その前に、吉田類さんが番組内CMで宣伝してる、パンシロンAZを買わなきゃ…と思って薬屋さんに寄ったら、AZだけ品切れでした。残念…。
おっと、その前に、吉田類さんが番組内CMで宣伝してる、パンシロンAZを買わなきゃ…と思って薬屋さんに寄ったら、AZだけ品切れでした。残念…。
ここですね、パンのお店、カトレア。明治10年から続く老舗のパン屋さんで、元祖カレーパンの店として有名な名店らしいですよ。
う〜ん、でも看板にマラサダって書いてある…マラサダって、ポルトガル発祥で、ハワイに専門店が多くある、揚げドーナツですよねえ。最近、日本でも流行ってきた菓子パンで…。超老舗なのに、攻めの姿勢ですねえ。いいですねえ。マラサダはもう売り切れちゃって、買えませんでしたけど。
元祖カレーパンを買いましたけど、テレビロケみたいに店内で食べるわけにはいかないので、そのへんの公園で、食べましたねえ。
元祖カレーパンを買いましたけど、テレビロケみたいに店内で食べるわけにはいかないので、そのへんの公園で、食べましたねえ。
これが、具がたっぷり入って美味しい! 給食のカレーみたいに素朴な味なんだけど、食べごたえがあって、満足感ありますねえ。このパン屋さんが近所にあったら、通うだろうなあ…という味ですねえ。昼ご飯によさそうですねえ。いいですねえ。
いちおうロケに出て来た清洲橋も観に行きましたねえ。ドイツのケルン市にある吊り橋をモデルに作られたという、お洒落なデザインの橋で、類さんのお気に入りだそうですよ。かつてヨーロッパに長期滞在していたという、類さんらしいチョイスですねえ。
いちおうロケに出て来た清洲橋も観に行きましたねえ。ドイツのケルン市にある吊り橋をモデルに作られたという、お洒落なデザインの橋で、類さんのお気に入りだそうですよ。かつてヨーロッパに長期滞在していたという、類さんらしいチョイスですねえ。
水上バスも走っていましたねえ。あと川を覗き込んだら、クラゲが浮かんでましたねえ。

さ、開店時間になったので、ぼちぼち、行きましょうか。
『三徳』。駅から徒歩3分くらいでしたか、ここにも、こういう店が…あるんですねえ。魅惑の縄のれんと赤ちょうちんがステキですねえ。
町内の、5時を知らせる時報ぴったりに、店を開けるんですねえ〜。おかみさんに「待ってたんですか?(笑)」って言われましたねえ。吉田類さんの放送があってからずっと、類ファンが押し掛けてきてるんでしょうねえ。
さて、ここからは類さんが頼んだのと同じメニューを同じ流れで頼んでみますよ。楽しみですねえ〜。
ハイボールなんかで喉を潤し、まずは本日のお通し、切り干し大根を。
ハイボールなんかで喉を潤し、まずは本日のお通し、切り干し大根を。
お通し、テレビ放映と同じ「切り干し大根」でした、びっくりしましたねえ。
お通し、テレビ放映と同じ「切り干し大根」でした、びっくりしましたねえ。
毎日同じお通しなんですかねえ。100円なのに、たっぷりと量が入っていますねえ。美味しいです。
そしてハイボール…実は私、そんなにハイボールは飲まない、というか体質的に合わなくて悪酔いするので、節制してるんですよねえ。まあ1杯くらいなら平気なんですけどねえ。独特な甘さが、美味しいですねえ〜。
もつ焼きの店ですけど、魚なんかもありますねえ。
もつ焼きの店ですけど、魚なんかもありますねえ。
テレビで大将は「うちは地元商売なんで、モツだけだと飽きられちゃうんでねえ」って言っていましたけど。マグロブツ、これはね、ハイクオリティでした。たったの500円。築地で仕入れてるそうですが、築地で食べるくらいに美味しかったですねえ。
吉田類さんのよくやる失敗、「わさびつけすぎ(からしつけすぎ)」もやってみたかったんですけどねえ、もったいなくて、普通に食っちゃいましたねえ。

次は、ついにモツに行こうと思います。ガツ刺し、類さんと同じくショウガでいただきます。
タレは、醤油とごま油ベースですねえ。
タレは、醤油とごま油ベースですねえ。
ガツはブタの胃袋ですが、これもう、全然臭みもなにもないですね〜。爽やかでクセがなさすぎて、モツを食べてる感じがしないですねえ。少しふわーっと香りがするくらいですねえ。新鮮なんでしょうねえ。

お次はこのお店の名物、純レバを頼みましたねえ。作ってもらっている間、
・店のご常連に混ざって乾杯
・その中でいちばん可愛い異性の隣に座る
・人のつまみを「それなんですか?」と訊いて一切れ頂く
…というのをやるのが、類さんの技なのですけどねえ、ど−考えても、そんなこと出来る雰囲気じゃなかったですねえ。いや、私にその資質が無いだけかもしれませんけどねえ。普通の人には無理だと思いますね〜。
後ろの席に座った人が「吉田類がさー」と話していて、やっぱりテレビを見て来たお客さんだったので、話かけやすそうだったんですけど、ただのオフ会みたいになっちゃうかな〜と思ったので、やめときましたねえ。
純レバ、鳥のレバーですね。味は濃厚で甘辛いですねえ。
純レバ、鳥のレバーですね。味は濃厚で甘辛いですねえ。
浅草とか、下町では、こういうメニューがあるらしいですねえ。
ハイボールに合いますねえ。
お次は、かしら、つくね肉だんごをオーダー。
お次は、かしら、つくね肉だんごをオーダー。
お次は、かしら、つくね肉だんごをオーダー。
さっそくガブっと食べますよ。コショウ味がアクセントですねえ〜。
つくね、普通は蒸すところを揚げているそうなんですが、独特の食感ですね。味は餃子に似ているんだけど、全体的にはファラフェル(アラブの豆団子揚げ)っぽいですねえ〜。肉なのに。

そんなわけで。
いや〜三徳でしたが。
え〜、類さんをトレースしてみての感想はですねえ…。
マグロのブツが、飛び抜けて美味しかったですけど、他のツマミは、普通に美味しかったですねえ。うちの近所の、美味しい赤ちょうちんと同じくらいでしたねえ。
つまり類さんの行くところって、「近所の美味しい店」なんでしょうねえ。地元の人が愛する店なんですねえ。土地勘のない場所行った時、「一杯飲みたいな、ああそういえば類さんあの店に行ってたな」というふうに思い出して行くのが、いいのかもしれませんねえ。
というか、お店がどうというよりも、まず、類さんのお人柄なんでしょうねえ。類さんは酒飲みといっても、黒ずくめでお洒落で、キサクで憎めない感じで、「ああ、ああいう大人になりたい」っていう、ひとつのモデルですからねえ。

楽しく、マナー良く、ダンディに、ジェントルに、時にはお茶目に。庶民の酒場で、地元の人と一緒に、時を過ごし、店と人のパワーを頂く。そうすれば私もあなたも、吉田類になれるかもしれない。

さて、では類さんのように、一句したためてみますか…。

おトイレに
殴られた跡、凹んでた
何が起きたか、知らぬが下町
(三徳のトイレの壁に捧げます)
実は類さんが行ったお店、もう1件行こうとしてたんですが、閉まってました…。下調べはちゃんとしないとねえ(反省)。
実は類さんが行ったお店、もう1件行こうとしてたんですが、閉まってました…。下調べはちゃんとしないとねえ(反省)。
 ▽デイリーポータルZトップへ  

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓