フェティッシュの火曜日 2011年7月5日
 

立ち食いそばの長さくらべ

そばの長さに違いはあるのか
そばの長さに違いはあるのか
サラリーマンのお供である立ち食いそば。
東京にもいろんなチェーンの立ち食いそば屋がある。
それぞれ店の雰囲気や味に特徴があり、それぞれがうまい。

ところで、そばといえば、年越しに長寿を願って食べるくらいに、「長い食べ物」の定番である。
そのそばの長さに、店ごとの違いはあるのだろうか。
1973年北海道生まれ。物心ついた頃から飽きっぽい。そろそろ自分自身にも飽きてきたので、神様にでもなってみたい今日この頃。

前の記事:「洞窟の中で宴会ができる旅館があった」
人気記事:「洞窟の中で宴会ができる旅館があった」

> 個人サイト 「月刊 馬泥棒」 ツイッター

品川駅ホーム 常盤軒

ということで、そばの長さをくらべてみようと思う。
まあ普通の考え方として、こういうのは規格のようなものがあるだろうし、製麺機の種類なんかである程度長さは決まっているのではないか、と予想していた。
そんな中でもきっとチェーンごとに多少の差があったら面白いだろうし、逆にまったく差がなかったら、それはそれですごい発見だ、と思いながら、食べくらべに挑んだ。
品川駅ホームの立ち食いそば
品川駅ホームの立ち食いそば
まず最初に向かったのは品川駅ホームの立ち食いそば屋だ。
細かい話で恐縮だが、東京の駅そばはほとんどがJR東日本系列の会社が運営しているのだが、この品川駅ホームにある常盤軒はめずらしく、JR系列の企業の経営ではない。
そして僕は圧倒的にこっちが好きだ。
こういう比較記事では、メジャーどころを選ぶべきなんだろうけど、好きな方を食べる。

かけそばを

券売機で躊躇せずかけそばボタンをプッシュして食券をキャッチ。
今日も暑いが男は黙ってかけそばだ。
町の中にある座って食べるそば屋に入った時は季節を問わず冷たいそばを食べるのだが、立ち食いそばは真夏でも温かいそばを食べることにしている。
そのほうがうまい気がするのだ。
店員さんに食券を手渡して「おそばで」と伝えると、手早く麺を湯にほぐし入れ、シャッシャッと湯を切ってどんぶりによそってくれる。
この手際の良さに敬意を払う意味で、僕は食券をできるだけ手際よく買うように心がけている。
これぞ ザ・立ち食いそば
これぞ ザ・立ち食いそば
濃いめのつゆにつかったそばをずるずるっと食べて、ほんの少し麺をのこして持ち帰った。
さすがに混み合う店内でそなの長さを測るのはどうかと思うので、お店の外で測ろう。
ジップロックでお持ち帰り
ジップロックでお持ち帰り

箱根そば

つづいてやってきたのは、小田急線新宿駅の改札外にある立ち食いそば「箱根そば本陣」だ。
ここは小田急レストランシステムという小田急グループの会社が運営している。
昼時で混雑している箱根そば
昼時で混雑している箱根そば
ここのそばも好きだ。
乗り換えの時にわざわざ改札を出て食べにきたくなるくらいである。
ただ、いつ来ても券売機のボタンに「かけそば」を見つけることができない。
たぶんメニューにないのだと思うが、券売機の前でじっくりと探しているのは僕の信念に反するので、ピッとたぬきそばのボタンを押した。
たぬきそばを選択
たぬきそばを選択

あいかわらずうまい

つゆに天かすが入るとうまいのか、天かすがつゆを吸うとうまいのか、どちらがどうなのかは難しすぎてわからないけど、たぬきそばはうまい。
たいへん満足だ。
幸せな気分でつぎの店に向かう。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓