チャレンジの日曜日 2011年7月10日
 

ブドウと大根おろしは相性がいい

ブドウと大根、食用菊とカボスを用意。あと、醤油や酢も使います。
ブドウと大根、食用菊とカボスを用意。あと、醤油や酢も使います。
ブドウは通常皮から出した実をそのまま食べます。何かをかけて食べたりすることはほとんどありません。

しかし、江戸時代にはブドウに大根おろしをかけて食べる「はじき葡萄」という料理がありました。いったいどんな味なのか。実際に作って食べてみました。
1972年生まれ。体力系、料理系の記事を多く書いています。ライター以外に日本酒と発酵食品をメインにした飲み屋も経営しています。利き酒師で、元機械設計屋で元プロボクサー。ウルトラマラソン走ります。米の飯と日本酒が有れば大体なんとかなります。
> 個人サイト 酒と醸し料理 BY 個人ページ「走れば大体大丈夫!」

料亭で出される料理だった

はじき葡萄は、文政五年(1822年)に出版された料理本「料理通」に出てくる料理です。

「料理通」は、文化文政の頃(19世紀初め頃)に江戸で繁盛した料理屋「八百膳」の4代目主人である栗山善四郎により書かれた本。葛飾北斎の描いた挿絵が使われていたりと、当時の流行の最先端を行く料理本だったようです。諸藩の武家や商家が江戸を訪れた際に、手頃な土産として持ち帰ることもあったのだとか。

はじき葡萄は、そんな「江戸のイケてる料理本」に載っていた小洒落た料理だったようです。でも、味はどうなのさ?

むいて、おろして混ぜるだけ

何はともあれ、実際にはじき葡萄を作ってみます。作り方は簡単です。
ブドウの皮を剥きます。ツルッと出るブドウなら包丁要らず。
ブドウを皿に盛ります。種は取っておくと食べやすい。
大根をおろします。怒って荒くおろすと細胞が壊れて辛くなりますよ。あと、おろして5、6分経過したものが一番辛いそうです。
大根おろしをブドウにかけます。適量で。
食用菊を散らします。ちょっとしか使わないので、残った食用菊はお浸しやサラダでどうぞ。
酢醤油を作ります。市販のポン酢とかでもいいようです。または醤油だけでもいいらしい。お好みで好きなものをどうぞ。
はじき葡萄完成。見た目涼やか。
はじき葡萄完成。見た目涼やか。
これではじき葡萄は完成です。酢醤油をかけてスダチやカボス、レモンなどを搾って食べます。
大根おろしと酢醤油を魚介類じゃなくて果物へかける、味はいかに。
大根おろしと酢醤油を魚介類じゃなくて果物へかける、味はいかに。
食えない味じゃないと思うけどねー。やっぱり違和感がある・・
食えない味じゃないと思うけどねー。やっぱり違和感がある・・

予想外に美味しい

はじき葡萄、思った以上に美味しいです。清涼感があって、サラダ的なサッパリとした味わいです。

大根おろしと酢醤油の味にひっぱられて最初は魚貝のようにも感じます。凄く柔らかいホタテの貝柱のような感じです。しかし、最後にブドウの甘さがやってくる。

夏の暑い頃、小鉢に少しだけ出てくる程度ならちょっと変わった爽やかな1品としてはいいかもしれません。
予想外に美味しいぞ!
予想外に美味しいぞ!

ブドウ以外の物だとどうだろう?

予想に反してはじき葡萄は美味しい料理でした。見た目だけを狙い、味は二の次という珍妙な料理かと思ったら、そんなことはない。また作ってもいい味です。大根おろしは色々な料理に合わせやすいといいますが、ブドウの甘さにも合うとは思わなかった。意外な発見でした。

ところで、ブドウの甘さに大根おろしが合うのならば、他の何か甘い食材でも大根おろしに合うのでしょうか?その辺りも少し探ってみたいと思います。

まずはこんなものから試してみましょう。
子供の頃大好きでした。缶ミカン。大根おろしとの相性はいかに!
子供の頃大好きでした。缶ミカン。大根おろしとの相性はいかに!

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓