ひらめきの月曜日 2011年7月11日
 

おんなじ日の日本語&英語新聞読みくらべ

訳すのをあきらめてる番組もある
訳すのをあきらめてる番組もある
個人的には普段から縁のない英字新聞。ときどき電車内などで読んでいる人を見かけると、「かっこいいなー」と、なんとなく思うくらいだ。 その日もたまたまそんな光景を見かけた。ただ、いつもと違ったのは、同じ日の日本語と英語の新聞にはどんな違いがあるのかだろうかと、ふと思ったことだ。

身近にあるけど実はちょっとした未知の世界である英字新聞。そういうわけで、調べてみた。
1973年東京生まれ。今は埼玉県暮らし。写真は勝手にキャベツ太郎になったときのもので、こういう髪型というわけではなく、脳がむき出しになってるわけでもありません。→「俺がキャベツ太郎だ!」

前の記事:「閉店間際半額食品ハンティング」
人気記事:「閉店間際半額食品ハンティング」

> 個人サイト テーマパーク4096 小さく息切れ

手に入れろ、英語の新聞

どんな違いがあるのかふと興味をもった、日本語と英語の新聞の違い。その差を確かめるには、同じ日のものがよいだろう。

ただ、日本語の新聞同士でも新聞社が違えば紙面が違ってくるのは当たり前のこと。そこで今回は、同じ会社が出している日本語と英語の新聞を調べることにした。具体的には、読売新聞とデイリーヨミウリとを比べてみることにしよう。

まず必要なのは両者を入手すること。確実なのは、販売店に行って買うことだろう。あるかどうかを確かめるため、電話で聞いてみよう。
真面目な質問なので変な緊張はない
真面目な質問なので変な緊張はない
そういうわけで何軒か新聞販売店に電話をしてみたのだが、共通した答えは「店頭では売ってない」。これは少々意外だった。

どの店でも「定期購読者に配達はしているけれども、店頭で売る余剰分はない」とのこと。きっちり定期購読者分の数しか入れていないのだそうだ。

どうしたものかと思っていたら、三軒目のお店の人が「駅の売店に行けば売ってると思いますよ」と教えてくれた。確かにキオスクなんかで目にしたことがある。
今日の分はまだあるのだろうか
今日の分はまだあるのだろうか
その方、「実は私もキオスクに買いに行ったことあるんですよ」とも話してくれた。それも意外だが、配達事故があって定期購読者に配れない分が出たときに訪れたという理由を聞いて納得した。先に書いた通り、英字新聞の入荷数は購読者数きっちりなので、緊急事態が発生した場合はそういう手立てをとるしかなくなってくるのだ。

続けて曰く、「ただ、駅の店の分はやっぱり買う人が決まってるみたいで、いつでも並んでるというわけでもないんですよ」。それは困る。近くの駅のキオスクへと急いでみた。
何種類かあるぞ
何種類かあるぞ
どうかと思って店頭を見ると、まだいくつかの英字新聞が並んでいる。よく見ると目的としていたデイリーヨミウリを発見。これで実家からもらってきた読売新聞と比べることができる。
一面はそれぞれこんな感じ
一面はそれぞれこんな感じ
同じ日の新聞同士で比べてみる
同じ日の新聞同士で比べてみる
そうか、開く向きが違うわけだ
そうか、開く向きが違うわけだ
まずすぐ気づいたことは、開く向きが違うこと。学校の教科書でも国語と算数では開く向きが違ったが、縦書きと横書きとの違いでこういうことになる。

ただ、新聞というのは必ずしも本のように1ページ(面)から読んでいくわけではないので、実際に読む段階ではこれはあまり気にならないところだろう。では一面同士を比べて見てみよう。
関連性はあるけど別内容
関連性はあるけど別内容
トップニュース、日本語版が原発の影響で電気料金が上がっていくだろうという記事。英語版は福島の災害で高齢者に多くの犠牲が出ているという記事だ。

関連はしているが、別のトピックという感じだろうか。トップニュースからして実は違う両者。同じ会社が出していても日本語/英語の新聞はどうやら別編集だということらしい。

この点、もし同じ記事が載っているなら一緒に読んで互いの表現を確認することで英語の学習にもなるかと思っていたが、そういう使い方はできないようだ。
電気とコーヒー
電気とコーヒー
同じ一面、右下の角という同じ場所にはそれぞれ広告があった。日本語は電気関係の雑誌、英語はドリップコーヒーのものだ。

内容も違うのだが、はっきり違うのは広告の量。日本語は下部5分の1ほどが広告であるのに対し、英語は右下の一角だけ。これは一面だけでなく、新聞全体を通して言える。
日本語版だと見開き全てが広告という面もある
日本語版だと見開き全てが広告という面もある
カタカナでも発音が本格的な英語版の広告
カタカナでも発音が本格的な英語版の広告
日本語版はかなりの面の何分の一か、あるいは全面が広告であるのに対し、英語版はスポット広告がポツリポツリとあるだけ。これは大きな差があるポイントだ。

今回意図的に見て、日本語版の広告の多さを改めて感じた。一体どれくらいが広告なのか、確認してみよう。
各面の広告量メモ
各面の広告量メモ
新聞全体の紙面量の差は2倍
新聞全体の紙面量の差は2倍
調べてみると、日本語版の広告は合計で約17面分。全体で36面だから、ほぼ半分は広告ということになる。

ちなみに英語版は全18面。厚さとしては日本語の半分だが、広告はとても少ないので、記事部分の面積としては日本語とあまり変わらないことになる。

一部売りの値段はともに130円。とすると、記事の面積あたりの価格はほぼ同じとも解釈できる。手にとったときの厚みの違いからすると、意外な発見だった。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓