ちしきの金曜日 2011年7月15日
 

鉄道の有名撮影スポットに行ってみる

トンネル、カーブ、海、山、国鉄カラー。
トンネル、カーブ、海、山、国鉄カラー。
鉄道好きにはさまざまなタイプがあるが、その中でも鉄道写真を撮るのが好きなタイプを「撮り鉄」という。

鉄道写真とは、鉄道が写ってさえいればどんなものでも鉄道写真なわけだが、できれば背景はなるべく美しいところがいいし、列車がより美しく見えるアングルがいい。

背景で言えば、橋、トンネル、海、山、川。線路ならカーブ。それとカメラを遮る障害物がないこと。

長い路線の中から、それらの条件に合致した場所を探すのは容易ではないが、愛好家の間では
「ここで撮ればバッチリ!」
という有名撮影スポットが幾つも在り、知られている。

そこに行って、自分も撮ってみた。
長崎より九州のローカルネタを中心にリポートしてます。1971年生まれ。茨城県つくば市出身。2001年より長崎在住。ベルマークを捨てると罵声を浴びせられるという大変厳しい家庭環境で暮らしています。

前の記事:「人の頭そっくりの奇岩」
人気記事:「人の頭そっくりの奇岩」

> 個人サイト 長崎ガイド

長崎本線の有名撮影スポットへ

まずは、こちら。
記念切符の写真にもなってる有名撮影スポット
記念切符の写真にもなってる有名撮影スポット
「有名」と言っても鉄道ファンの中での話で、世間一般でいうとどれくらい有名か微妙なところだが、少なくとも私の中ではAKB48の誰よりも有名だ。長崎本線と言えばココ!という印象がある。

ポイントは、
・カーブ
・バックに海
・ヤシの木
といったところだろうか。

場所は、鉄道ホビダスというサイトの「お立ち台通信」というコーナーを参考にさせてもらった。このサイトは大変素晴らしく、今回撮影スポット巡りをしてみようと思ったのも、このコーナーを熟読していたことがきっかけだ。

大きな地図で見る
場所はこのへん。
何度か車で通ったことがある場所だが、具体的な撮影スポットがいまいちピンと来ない。ま、気にして行けばわかるだろうと、向かってみると…。
ん?ここ??
ん?ここ??

イメージとぜんぜん違う

最初、思わず通り過ぎてしまった。

が、ヤシの木が見えたのでひょっとして、とUターンして車を停めると、そこがどうやら目的の場所のようだ。

写真のイメージと全然違う。
辺りは草がいっぱい生えていて、アングルによっては草に遮られて線路が隠れてしまう。

が、望遠レンズをつけてファインダーを見ると、そこに切り取られた風景はたしかに見たことがあるものだった。
おお。たしかにここだ!
おお。たしかにここだ!

今回の撮影方法: 動画+静止画

私が使ってるカメラ(EOS7D)は、動画も撮れるのだが、動画撮影中にシャッターを押せば普通に静止画の写真も撮れる。

今まで一度も使ったことがない機能だが、今回は意外と臨場感が出るんじゃないかと思いこれでやってみることにした。
三脚にカメラをセット。
三脚にカメラをセット。
列車が訪れるのをしばし待つ。

山手線のようには次々とは列車はこない。
ここでは計90分待った。
その間に来た列車は上下合わせて4便。

列車が間近まで迫ると、ゴォォォォという重低音が聞こえてくるので、ドキドキしながらスイッチを押し動画の撮影を開始する。
ピントと構図は固定。
列車が狙った位置に来た瞬間にシャッターを1回だけ切る。(このへん詳しくは次ページにて)

で、こんな感じに撮れた。
有明海沿いを走る「白いかもめ」。
有明海沿いを走る「白いかもめ」。
列車が来た時の興奮感がすごい。
動画だと列車が来た部分だけを切り取ってるのでとても楽に見えるが、上の動画は炎天下の中、90分待ったうちの30秒だ。

この日は梅雨明けの真夏日で、
身の危険を感じるほどの暑さだった。
喉が渇いて死にそうな時に飲んだこいつが最高にウマかった。
喉が渇いて死にそうな時に飲んだこいつが最高にウマかった。
とにかく、ひたすら景色がいいところでボーッと待つ。それだけに、列車が来た時の興奮感はかなりのものだ。しかも一瞬で通り過ぎてゆく。

それはまるでビデオが無かった時代のウルトラマンみたいなものがあった。
これは47分待って撮った一枚。場所は同じ。
これは47分待って撮った一枚。場所は同じ。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓