フェティッシュの火曜日 2011年7月19日
 

パンの耳がもらえるお店

最後にもちろん食べます
最後にもちろん食べます
パン屋さんのレジの片隅などに、パンの耳が置かれていることがある。
それは格安だったり、場合によっては「ご自由にお持ちください」と、無料だったりもする。
そして、それがとてもうまい。
安くてお得なパンの耳があるパン屋さんを巡ってみた。
1973年北海道生まれ。物心ついた頃から飽きっぽい。そろそろ自分自身にも飽きてきたので、神様にでもなってみたい今日この頃。
> 個人サイト 「月刊 馬泥棒」 ツイッター

たくさん集まった

僕は実をいうとパンがあまり好きではなかった。
給食に出されたパンのボソボソしたイメージと、なによりもパンより白米の方が圧倒的に好きだという理由でだ。
でも、先日「パンのみにて生きる」という記事の企画を考えていたときに食べたパンがうまかった。
そしてパンの耳も。
こんなおいしいものがタダ同然で手に入るなんてスゴい世の中だ。
そこで企画変更して、パンの耳が手に入るパン屋さんを調べることにした。
Twitterで聞いてみたところ、たくさんの情報が寄せられた。
あっというまに情報が集めたので、Togetteにまとめてみた。
街のパン屋さんはもちろんのこと、喫茶店でサンドイッチを作ったときの切れ端をサービスしている店もあるようだ。
集まった情報を見て、日本はつくづくいい国だなと思った。

さっそく行ってみましょう

集まった情報のうちいくつかを巡ってみることにした。
まず最初に向かったのは、浅草・田原町のパンのペリカンさんだ。
田原町 パンのペリカン
田原町 パンのペリカン

ある日もあります

パンのペリカンは下町にあった。
がらがらと扉を開けると壁の棚にずらりとパンが並んでいる。
ざっと見たところ、いわゆる食パンだけでも数種類あるようで、きっとその辺にこだわりがあるお店なんだろうな、と思った。
食パンとロールパンが並んでいる
食パンとロールパンが並んでいる
お店の方に伺ったところ、今日はパンの耳は置いていないそうだ。
近所のとんかつ屋さんからパン粉のオーダーが入ったときに切り落としの耳が発生するので、そのタイミングで分けてくれるとのことで、運がよければありますよー、ということだった。
残念がっていたら、焼きたてのパンをいただいた。
ふわふわしっとりしていて、とてもうまい。
きっとここのパンの耳もさぞかしうまいことだろう。
運がよければありますよ
運がよければありますよ
余談だが、従業員のなかに当サイトの読者がおられた。うれしいことです
余談だが、従業員のなかに当サイトの読者がおられた。うれしいことです
パンのペリカン
〒111-0042 東京都台東区寿4-7-4
http://www.bakerpelican.com/

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZ新人賞

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ