フェティッシュの火曜日 2011年7月19日
 

パンの耳がもらえるお店

工場併設のパン屋さん

続いてやってきたのは江戸川区平井にあるサンワローランというパンメーカーの工場に併設されているパン屋さんだ。
工場のとなりにパン屋さんがある
工場のとなりにパン屋さんがある
周辺は大きな工場と団地が並ぶ地域で、そこにどどんとサンワローランの工場がある。
となりはスーパーで、買い物客も行き来しているので、そのついでに寄ってパンを買ってゆくのだろう。
外で休むこともできるようになっている
外で休むこともできるようになっている

耳ありました

店内のレジ脇に、ビニール袋に包まれたパンの耳があった。
カゴいっぱいに入っている。
ご自由にお持ちください
ご自由にお持ちください

夕方にはなくなります

お店の方によると、いつでもあるわけではなく、また店頭に並べても、夕方くらいにはなくなってしまうことが多いそうだ。
もちろん他のパンもおいしそう
もちろん他のパンもおいしそう
無料でもらえる
無料でもらえる
サンワローラン株式会社
〒132-0035 東京都江戸川区平井7丁目2番21号
http://www.sanwaroland.co.jp

メガ盛りパンの耳

たくさん情報をいただいたので全部は紹介しきれないが、最後におじゃましたのは武蔵小山商店街にあるパン屋さん「コミネベーカリー」だ。
ここはテレビなんかにもときおり取り上げられる有名店なので、ご存じの方も多いと思う。
ここ巨大な袋に入ったパンの耳を60円で販売していた。
こんなにたくさん入っているのに、品切れになるほどの人気なのだそう。
僕も買おうかと思ったが、どう考えても自分では食べきれない量なので思いとどまった。
コミネベーカリー
コミネベーカリー
信じられない量の耳だ
信じられない量の耳だ
コミネベーカリー
東京都品川区荏原3-5-11

おやつに最適

お店を回って入手したパンの耳、さっそく味見してみよう。
ちょうど京都に行く機会があったので、途中のおやつとして食べてみた。
マヨネーズをつけて
マヨネーズをつけて
お手軽スナック感覚
お手軽スナック感覚
祇園祭で賑わう京都福寿園本店前にてぱくり
祇園祭で賑わう京都福寿園本店前にてぱくり
手軽に食べることができて、お腹にもたまるし、なによりも食べる量を調節できるのがうれしい。
同行していた当サイトのライター三土たつおさんにも試食してもらった。
三土さんは「マヨネーズがたくさん食べられていいですね」とよろこんでいた。
たんなるマヨネーズ好きなのではないか、という気もするが、とても好評だった。
マヨネーズをよろこぶ同行のライター三土さん
マヨネーズをよろこぶ同行のライター三土さん

料理にも使える

マヨネーズやジャムをつけるのもおいしいが、パンの耳でもうちょっと手の込んだ料理を作ることもできるのではないだろうか。
試してみよう。

<もどる▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓