フェティッシュの火曜日 2011年7月19日
 

食べられるバスボムを作る

浴用か食用か。
浴用か食用か。
以前、バスボムを自作する試みをした。
(参照記事:100円ショップの材料で簡単バスボム作り
とても楽しいのでその後も何回か作り、大人数で作ったりもした。その度に「おいしそう」という声が耳に入ってくる。
確かにお菓子みたいでおいしそう…。でも、食べてはだめだ。食べたらお腹が炭酸ガスで破裂してしまう。一体どうすればいいの!

というわけで食べられるバスボムを作り、食べたい欲求を晴らしてみたいと思います。
1975年生まれ。千葉県鎌ヶ谷市在住。猫好き。人生においての目標は食べたことのないものをひとつでも多く食べること。旅先ではまだ見ぬ珍味に出会うため目を光らせている。
> 個人サイト 晴天4号 Twitter (@hosoi)

おいしそうなバスボム

材料は主に重曹とクエン酸なので、少しなら食べられない事もない。ただ、おいしくない。見た目はこんなにおいしそうなのに。
浴用なので、
浴用なので、
食べられません。
食べられません。

バスボムクッキング

見た目からして、お菓子で再現するとしたらラムネだろう(言ってしまうと、この記事は大きなラムネを作るという内容です)。
主な材料はコーンスターチ。バスボムにも少し入れるとお湯が柔らかくなるので入れたりします。
主な材料はコーンスターチ。バスボムにも少し入れるとお湯が柔らかくなるので入れたりします。
重曹を少しと、粉糖とクエン酸。これらをレシピ通りに混ぜるだけ。
重曹を少しと、粉糖とクエン酸。これらをレシピ通りに混ぜるだけ。
ラムネの作り方は検索するといくらでも出てくるので割愛するが、重曹やクエン酸を使うあたり、バスボムはお菓子寄りの気がする。砂糖さえ入れなければ、ほぼバスボムとして使えると思う。
バスボム作りと同じように、霧吹きでシュッシュしながら水分を加える。
バスボム作りと同じように、霧吹きでシュッシュしながら水分を加える。
水を入れ過ぎると発泡してしまう…(失敗)
水を入れ過ぎると発泡してしまう…(失敗)
ちょっと食べてみると、あ、ラムネの味だ。
ちょっと食べてみると、あ、ラムネの味だ。
食紅で色をつけて、これくらいのポソポソ具合になったら、
食紅で色をつけて、これくらいのポソポソ具合になったら、
丸い製氷皿に詰めて、
丸い製氷皿に詰めて、
渾身の力を込めてギュッギュッと押します。
渾身の力を込めてギュッギュッと押します。
材料も似ているし、本来のバスボム作りと工程が同じだ。失敗すれば発泡もするし、型に詰める時のキシキシした感触も同じ。食べ物になるかバス用品になるかの分かれ道は紙一重の違いしかない。そりゃ食べたくもなるというものだ。
一日乾燥させます。
一日乾燥させます。

翌日の悲劇

一昼夜置き、そろそろ型から外せるかなと思って見に来たところ、とんでもない光景が目に飛び込んできた。
でろーーーん
でろーーーん
水分を入れ過ぎて、型にはまった状態から発泡して盛り上がってしまったようだ。
悪夢。
悪夢。
餅みたいになっていて型から取り外せない。アメリカ製のカルメ焼きみたいなどぎつい色の物体を前に途方に暮れる。
卵焼きみたいでおいしそう。
卵焼きみたいでおいしそう。

無事なやつがあった

唯一ちゃんと固まっている物があったので、それを型から取り外してみる。
あ!バスボムだ!(商品名:ごちそうラムネ)
あ!バスボムだ!(商品名:ごちそうラムネ)
無事に取り出せてホッとした。なかなかLUSHっぽいぞ。
大きさからしてラムネに見えない。LUSHの袋から出しておもむろに食べ出したら見ている人は慌てるだろう(今年の忘年会の一発芸でやろうか)。

いただきます

さて、食べられるバスボムを食べよう。
入浴剤系スイーツ
入浴剤系スイーツ
バスタブでいただきます。
バスタブでいただきます。
まずい。
まずい。

バスボムまずい

だめだこりゃ。どこをどう間違えたのか、コーンスターチの苦味ばかりが舌を貫いた。食べられるバスボムがどうのより、お菓子作りの時点で失敗してるじゃないか。
味を知った今、お風呂に入れたい気持ちが抑えられない。いや、それはだめだ。

泣きながら食べた。

結論:バスボムは食べられなくてもいい

普通にレシピを見てラムネを作ったのに、バスボムを食べたらまずかったみたいな記事になった。ラムネに罪はありません。
この時点ではおいしいラムネだったんだけど…なぜ。
この時点ではおいしいラムネだったんだけど…なぜ。
 ▽デイリーポータルZトップへ  

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓