はっけんの水曜日 2011年7月20日
 

空中ブランコ12万6000円!サーカス用品専門店へ

リアルなピエロのイラストってどうしてこんなに怖いのか
リアルなピエロのイラストってどうしてこんなに怖いのか
前回の「本当に馬鹿な鍋を食べてみた」を取材した時に訪れた、みなとみらいからほど近い横浜の野毛地区で、すさまじく怪しげな看板を掲げているお店を発見した。

リアルすぎて異様な雰囲気をかもし出しているピエロのイラストの横には「サーカス用品店」の文字。一体、どんな商品が売られているのだろうか。
1975年群馬生まれ。ライター&イラストレーター。 犯罪者からアイドルちゃんまで興味の幅は広範囲。仕事のジャンルも幅が広過ぎて、他人に何の仕事をしている人なのか説明するのが非常に苦痛です。変なスポット、変なおっちゃんなど、どーしてこんなことに……というようなものに関する記事をよく書きます。

前の記事:「本当に馬鹿な鍋を食べてみた」
人気記事:「24時間営業おにぎり屋の謎に迫る」

> 個人サイト Web人生

サーカス用品店を見つけました

スナックや立ち飲み屋が立ち並ぶ飲み屋街に
スナックや立ち飲み屋が立ち並ぶ飲み屋街に
異様な空気を放ちまくりなお店が
異様な空気を放ちまくりなお店が
マッチ専門店やハニワ専門店、計器専門店など、ものすごくターゲットを絞り込んだニッチなお店って色々ありますが、それにしても「サーカス用品店」って。ニッチにもほどがありますよ!

まあ確かに、サーカスで使われている定番アイテムってあるわけで、サーカス団の人たちもアレをどこかで手に入れているのは間違いないんでしょうけど、サーカス用品を専門で扱っているお店があるなんて考えてみたこともなかったです。
おそらくこういう商品が売られているんでしょうね
おそらくこういう商品が売られているんでしょうね
さあ、そんなサーカス用品店、すごく興味ありますよね。さっそくお店に入ってみたいと思いますが……。
あれ、開いてない?
あれ、開いてない?
残念なことにお店は閉まっているようです。

定休日なのかなー、ということで後日、看板に書かれていた電話番号に連絡してみると。
そういうシステムなんすね
そういうシステムなんすね
まあ確かに、通りがかりの人がフラッと買いに来るようなお店じゃあなさそうだし、しょっちゅう開けてといても仕方がないんでしょうね。

……というわけで日を改めて取材をさせてもらうことになりました。
今日はお店を開けてもらっています
今日はお店を開けてもらっています
異世界に吸い込まれそうなスゴイ階段を上がると……
異世界に吸い込まれそうなスゴイ階段を上がると……
サーカスの楽しさと怪しさが凝縮されたようなポスターたち
サーカスの楽しさと怪しさが凝縮されたようなポスターたち
これまた怪しげなピエロが貼られていて、ものすごく入りづらい入口
これまた怪しげなピエロが貼られていて、ものすごく入りづらい入口
お店に入る前から「さすがサーカス用品店!」といった非日常的な雰囲気がビンビンに漂っています。

一見さんにはすさまじく入りづらい入口ですが、ドキドキしながらお店の中に入ると……!
うおおおおおっ! なんだかよく分からないものがいっぱい
うおおおおおっ! なんだかよく分からないものがいっぱい

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓