はっけんの水曜日 2011年7月20日
 

アンテナショップ国盗り合戦

日本全国のアンテナショップをまわります(写真は福島県のゆるキャラ「キビタン」)
東京の日本橋から銀座、有楽町、新橋にかけての約3キロ程度のエリアには、日本各地のアンテナショップがみっちりと集中している。その数約22県。さらに、有楽町駅前の「東京交通会館」には、アンテナショップだけで北海道、秋田、富山、滋賀、香川・徳島、福岡……など、10県以上のアンテナショップが入っているのだ。

以前、当サイトでもアンテナショップ巡りの企画(地方ショップお土産コレクション)はやっているけれど、今は当時と比べ物にならないほどアンテナショップの数が増えた。当然、こんなに狭い地域にこれだけ集中していると「アンテナショップめぐり」をしてみたくなるのが人情というもの。今回、その増えたアンテナショップを巡って国盗り合戦をすることを思いついたので、やってみた。
鳥取県出身。東京都中央区在住。フリーライター(自称)。境界や境目がとてもきになる。尊敬する人はバッハ。

前の記事:「手ばなし運転する路線バスに乗ってみた」
人気記事:「手ばなし運転する路線バスに乗ってみた」

> 個人サイト 新ニホンケミカル TwitterID:tokyo26

アンテナショップみっちりの銀座周辺

「集中している」なんて軽く言ったけれど、わかりにくいと思うので、具体的にどの程度みっちり集中しているのか、以下のマップをご覧いただき、そのみっちりぐあいをみてほしいと思う。

より大きな地図で 有楽町近辺のアンテナショップ を表示
今回、これらのアンテナショップに加えて、池袋や新宿、表参道にもいくつかあるアンテナショップを含めてアンテナショップ国盗り合戦をしたいと思う。
ルールは次のように決めてみた。

「アンテナショップ国盗り合戦」ルール

1. 軍資金(所持金)は各軍5000円とする。
2. 各県のアンテナショップで買い物をすればその県を占領できる。
3. 同じ県のアンテナショップで買い物をしていた場合、より金額の高いものを買った方がその県を占領できる。
3-1. 値段が同じだった場合、レシートの時間が早い方が勝ち。

4. アンテナショップで売っているものであれば、食品、民芸品、おみやげ、グッズ何を買ってもOK。ただし、日持ちのしない生ものはNG。(暑いので)
5. 同じ県で複数のアンテナショップがあるばあい、どの店で買っても占領できるのはその県ひとつだけ。
6. ひとつのアンテナショップに複数の県が同居しているばあいは、それぞれの県の物産を買えばそれぞれの県を占領できる。
7. 時間内であれば、銀座周辺以外のアンテナショップに行ってもよい。

8. 最終的に占領できた県が多い方が勝ち。勝った軍は相手の買った物産を総取りできる。
8-1. 占領した県が同数だった場合、一番最後に買った品物のレシートの時刻が早いほうが勝ち。
大まかなルールは以上の通りに決めてみた。
なお、アンテナショップ巡りの時間は11時から15時までとし、15時からは有楽町の交通会館に集合して最終決戦というスケジュールにした。

まじめに対決します

本日対決するのは、デイリーポータルZ編集部から古賀及子率いる古賀軍と、ライター西村率いる西村軍だ。語感がいいので「率いる」とかいっちゃったけど、ひとりでまわります。

まずはスタート地点のアンテナショップをコイントスで決める。
銀座周辺のアンテナショップで、一番北にある島根のアンテナショップが古賀軍、一番南にある鳥取のショップが西村軍となった。お互い、この地点からじわじわと有楽町の交通会館に向かって進軍するというわけだ。

西村軍、新橋に到着

西村軍は、古賀軍と銀座四丁目交差点でわかれ、一路、新橋方面に南下。
しかし、改めて考えると、どのようにペース配分して買ったらいいのか、皆目見当がつかない。とりあえず、敵が攻めてこないだろうと思われる県は100円程度の物産。敵が攻めて来そうな県は400円前後の買い物をすればいいのかな? などと考えているうちに、新橋の「食のみやこ鳥取プラザ」に到着。
水木しげるの鬼太郎グッズの充実ぶりには目をみはるものがある。
水木しげるの鬼太郎グッズの充実ぶりには目をみはるものがある。
鳥取県民のソウルドリンク「白バラ牛乳」 
鳥取県民のソウルドリンク「白バラ牛乳」 
古賀軍がここまで攻めて来ることはないだろうと踏んで、鳥取では「塩らっきょう」210円を購入。そう、鳥取は梨だけではなく、らっきょうの産地でもあるのだ。
割と安めの物産を二つ買って、愛媛・香川同時に占領
割と安めの物産を二つ買って、愛媛・香川同時に占領
二郎さん……
二郎さん……
鳥取を占領後、鳥取のアンテナショップのすぐ横にある香川・徳島のアンテナショップ「せとうち旬彩館」でもそれぞれの県の物産を購入。その後自転車で移動し、銀座5丁目の「銀座熊本館」、日比谷の「かごしま遊楽館」でも物産を購入。
基本的に有楽町より南のこちら側は敵も攻めてこないだろうと踏んで、あまり高くないものを購入。
なんか、戦略を考えつつ品定めするのが意外と楽しいぞ、これ。
ここまでの西村軍の戦果

一方そのころ、古賀軍は

はい! 対戦相手の古賀です。

この戦い、私もかなり戦術をどうするか悩みました。

「たくさんのアンテナショップをまわって、小さくお金を使う」

もしくは

「まわるショップは少なくても、各店にお金をかけて確実にその県をとる」

とにかく、このどちらかをはっきり決めて戦わなければ1日文字通り迷走することになるぞと思ったのですが、結局思いは定まらず、どうしようどうしようと思って……。迷走しました。
1県目は何を買っていいか本当に分からず、20分くらい費やしてしまった(超打撃)
1県目は何を買っていいか本当に分からず、20分くらい費やしてしまった(超打撃)
奈良は食べ物以外のグッズもかわいいものが多く、どれも欲しい!
奈良は食べ物以外のグッズもかわいいものが多く、どれも欲しい!

結局、ほしいもんを買う戦法に

結局、まわっている間に「欲しいものを買う」という戦い方になってました。それ、戦法なのか。
(栃木の物産テントにて)わあ、これがかんぴょうですか〜! と、もはや勝負を忘れるひとときも
(栃木の物産テントにて)わあ、これがかんぴょうですか〜! と、もはや勝負を忘れるひとときも
ここまでの古賀軍の戦果

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓