ちしきの金曜日 2011年7月22日
 

鏡の中のアドベンチャー

いざアドベンチャー
いざアドベンチャー
普段は当たり前に感じているが、日本の道というのは何とまあ歩きやすいことか。土地を耕し、アスファルトで舗装された道は文明社会の賜物である。

それはとてもありがたいことではある。だが、ひとつ言わせてもらえば、そこにはアドベンチャーが足りないのではないか。利便性は抜群だが、男の冒険心はこれっぽっちもくすぐられないのだ。

そこで、都会の道でアドベンチャー気分を味わう発明を考案した。
1980年生まれ埼玉育ち。東京の「やじろべえ」という会社で編集者、ライターをしています。ニューヨーク出身という冗談みたいな経歴の持ち主ですが、英語は全く話せません。

前の記事:「メガネ曇る問題と向き合う、葛西ラーメン食べ歩き」
人気記事:「メガネ曇る問題と向き合う、葛西ラーメン食べ歩き」

> 個人サイト Twitter (@noriyukienami)

見上げればそこにアドベンチャーがあった

まず、みなさんも今いる部屋の天井を見上げてほしい。そこには梁やら照明やらがあり、平坦な床に比べて起伏に富んでいることだろう。これを障害物に見立てて歩いたら、それはそれは楽しそうだと思いませんか?

とはいえ天井を歩くといった忍者みたいな芸当はできないので、目線に天井の風景を落としこむソリューションを発明した。
天井を映した鏡を目の前につるす
天井を映した鏡を目の前につるす
すると、目の前にアドベンチャーが出現します
すると、目の前にアドベンチャーが出現します
鼻と口で鏡を挟んで安定させる
鼻と口で鏡を挟んで安定させる
何かをたくらんでいるような自分の顔が映り込んだ
何かをたくらんでいるような自分の顔が映り込んだ

にわかに広がるアドベンチャー

つまりこういうことだ。目の前に天井を映した鏡をつるす。すると視覚的には天井の風景が、目の前に道として広がっているように感じられるのである。
実際の地面は見えていないので恐る恐る移動
実際の地面は見えていないので恐る恐る移動
例えばこんな美しく舗装された床にはアドベンチャーのかけらもないが
例えばこんな美しく舗装された床にはアドベンチャーのかけらもないが
広く平坦な床。目をつぶっても歩けるくらい、なんの変哲もない道である。

だが、今の僕にはここが3000m級の過酷な登山道に思える。なぜなら、こんな風景が見えているからだ。
巨大なクレバス。落ちたらひとたまりもないですね
巨大なクレバス。落ちたらひとたまりもないですね

クレバスを飛び越えろ

登山家の命を容赦なく奪ってきた深いクレバス(じっさいには天井の隙間)。それが今、目の前に広がっている。いや実際にはそんなものはないが、視覚的には恐怖の谷底がバッチリ映っているのだ。
覚悟を決めて
覚悟を決めて
危険なクレバスを
危険なクレバスを
ジャンピング
ジャンピング
…言いたいことはなんとなく分かってもらえただろうか。要は天井の風景を床に見立てるということだ。すると様々な危険地帯が目の前に出現するのである。

この方法を使えば、ノーリスクでアドベンチャーを満喫することができる。
危ないところだった
危ないところだった

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓