土曜ワイド工場 2011年7月23日
 

コンビニで昆虫採集

カブトムシまで捕れました。
カブトムシまで捕れました。
先日、デイリーポータルZ編集部の石川さんたちと虫捕りに行った(こちらの記事「素手で虫捕りまくり」)。
それが思いのほか楽しく、皆ついつい夢中になってしまった。
真剣なまなざしで草むらを見つめ、はじける笑顔で捕った虫を掲げる石川さんたちを見て、
虫捕りは大人も楽しめるホビーであると僕は確信した。
しかし、虫を捕るには野山を駆け回る必要がある。体力に自信の無い人や足腰の弱いお年寄りには少々厳しいかもしれない。
いっそコンビニエンスストアに行くような感覚でカジュアルに虫捕りができればいいのに。
…ん?コンビニ?
1985年生まれ。生物を五感で楽しむことが生きがい。好きな芸能人は城島茂。

前の記事:「カブトムシよりレアな虫、それはタガメ」
人気記事:「カブトムシよりレアな虫、それはタガメ」

> 個人サイト Monsters Pro Shop

虫はコンビニの明かりに集まる

そうだ。コンビニだ。
皆さんも夜間にちょっと田舎のコンビニに立ち寄った際に、入り口や誘蛾灯の下に昆虫が落ちているのを見たことがあるだろう。
コンビニの前に陣取って夜通し落ちている虫を拾い集めれば立派な昆虫採集になるのではないか。実践してみねば。
ミニストップは虫が少ない気がする。
ミニストップは虫が少ない気がする。
セブンイレブンは黄、緑、赤のストライプで人の目は引くが青白さに欠ける。虫にはあまり人気がなさそうだ。
セブンイレブンは黄、緑、赤のストライプで人の目は引くが青白さに欠ける。虫にはあまり人気がなさそうだ。
コンビニ昆虫採集をするにあたって、まず舞台となる店舗を決めなければならない。
第一にコンビニと一口に言っても様々なチェーンがあるわけだが、何を基準に選定すればよいか。悩んだ挙句僕が導き出した答えは、「看板の色」だった。
というのは、虫にも明かりの色の好き嫌いがあるためである。明かりに集まる虫は特に青白い光を好み、先のミニストップのような黄色がかった色の明かりはあまり好まないと以前に聞いたことがある。
それが分かればおのずと狙うべきコンビニは絞られてくる。
ココストアは節電中でした。素晴らしい取り組みだと思いますが虫捕りには致命的。
ココストアは節電中でした。素晴らしい取り組みだと思いますが虫捕りには致命的。
ファミリーマート。これはかなりいい線いってる気が。しかし上には上がいるもの。
ファミリーマート。これはかなりいい線いってる気が。しかし上には上がいるもの。
コンビニで青白い光を放つ看板を掲げているといえばあのチェーンをおいて他に無い。そう我らがローソンである。
ローソン。青白いというかもはや青い。
ローソン。青白いというかもはや青い。
…ちょっと青すぎるか。青さを求めるあまり肝心の明るさを犠牲にしてしまっている気もするがまあいいだろう。
対象チェーンが決まったところで次は店舗の立地について考える。まず虫の住処である山や林が近くにあるという点ははずせない。さらに田んぼなどの水辺があれば捕れる虫の幅も広がるだろう。

虫捕り開始!いきなり大物!!

そんなわけでやってきましたのは茨城県小美玉市のローソン。この時すでに深夜1時。これからここで夜を明かす。
そんなわけでやってきましたのは茨城県小美玉市のローソン。この時すでに深夜1時。これからここで夜を明かす。
実はこのローソン、これまでに何回か利用したことがあるのだが、その度に店の前に落ちている虫の多さに度肝を抜かれてきた。数もさることながら種類が多いのだ。 いい虫出してるコンビニなのである。
さっそく入り口付近に蠢く影を発見。
さっそく入り口付近に蠢く影を発見。
拾い上げるとなんとカブトムシのメス。
拾い上げるとなんとカブトムシのメス。
いきなりカブトムシ。虫の王様(メスだけど)を捕まえてしまった。幸先が良すぎる。
ここからは店先で拾った虫たちを簡単に紹介していきたい。
巨大なミヤマカミキリ。
巨大なミヤマカミキリ。
凶悪な顔立ち。でも実は草食系。
凶悪な顔立ち。でも実は草食系。
このローソンで最も多く見られた虫がこれ。全部で11匹もいた。「ミヤマ」とは深い山を指す語らしいのだが、そんな名前を冠する虫が人里、しかもコンビニにごろごろいていいのだろうか。
小さめのノコギリクワガタ。
小さめのノコギリクワガタ。
カブトムシに続いてクワガタまでゲット。小さくてもクワガタの造形には迫力と説得力があります。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓