ひらめきの月曜日 2011年7月25日
 

うちの炊飯器と人んちの炊飯器を比べる

のんのん生きている毎日、自分の家の白いご飯の味に疑問を持つことはほとんどない。家族の間でおかずの味や品揃えになにがしか問題が出ることはあるが、ご飯についてやいのやいのすることというのは今までなかった。

私は自分の家のご飯が毎日おいしい。

それでいいと思う。

でも実際ご飯の味は各家庭でかなり違うはずだ。この世の中には、格別おいしいお米というのがちゃんとあるし、格別おいしく炊けるという炊飯器もある。

特に気になるのは炊飯器だ。みんなどんな炊飯器を使ってるんだろう。

みんながいつも普通に使ってる炊飯器でご飯を炊き比べてみたい。
1979年東京生まれ、神奈川、埼玉育ち、東京在住。Web制作をしたり小さなバーで主に生ビールを出したりしていたが、流れ流れてニフティ株式会社へ入社。趣味はEDMと先物取引。

前の記事:「バーゲンの名前観察 東京編」
人気記事:「バーゲンの名前観察 東京編」

> 個人サイト まばたきをする体 Twitter @eatmorecakes

きっかけはTVの高級炊飯器の炊き比べ

各家庭によってそれはもう食べているご飯のあり方は違うと思う。

お米の種類や産地、炊きかた、炊き加減などなど、味の違いの要素もさまざまだ。そんななかで今回スポットを当てたいのは炊飯器である。

というのも、高価格帯の炊飯器でのご飯の炊き比べ、という企画をテレビで見たときのこと。
メカっぽい炊飯器=高級、と思ってたのですが、最近はメカテイストのにも手ごろなのがあったり色々なんですな
メカっぽい炊飯器=高級、と思ってたのですが、最近はメカテイストのにも手ごろなのがあったり色々なんですな
「これは、、残念なご飯ですね・・・」

何種かの高価格の炊飯器と比べるために1種だけ用意されていた、いわゆる普通の炊飯器で炊いたご飯を食べた食の専門家的な誰かが言ったのだ。

残念な、ご飯!

ガビーン! と思った。残念なご飯ってなに! だって、私の家の炊飯器は、かなり安いやつなのだすよ。

安くても、それでも信頼してかなり長期にわたって使っている。保温機能には若干心もとなさがあるが(ヘンな蒸れ方をしてしまうことがあるのだ。さすがには寿命が近いせいか)、炊き立てのご飯は普通においしいと思って食べている。
がんばれメカメカしくない炊飯器!
がんばれメカメカしくない炊飯器!

リアルな炊飯器で炊き比べたい

テレビではそれこそ10万〜5万くらいする高級な炊飯器数台と手ごろな炊飯器を比べていたわけで、あれでは普通の炊飯器にはあまりにも部が悪かった。

多くの家庭は最新型の高級炊飯器を使っているわけではない。 もっとリアルな炊飯器の炊き比べをしてみたらどうだろう。各家庭で何年も使っている年季の入った炊飯器で、だ。

というのが今回の趣旨である!

説明が長かった。でも仕方がない。家族が毎日食べてる自分ちの白いご飯の話だ。こんなにデリケートなトピックが他にあるだろうか。どれだけ長くても説明は必要だ。
で、4台集めた
で、4台集めた

炊飯器貸して、と、友達に頼みづらかった

今回あつめた炊飯器は全部で4台。実はこのうち3台がわが古賀一族の保有する炊飯器なのだ。私の家の物と、あとは祖母の家のもの、両親の家のものを借りた。

本当は知人友人からかき集めるべきだったのだが、「炊き比べるから炊飯器貸して」 と人に頼むのはやはり勇気がいってできなかった。

友達に借りた炊飯器で炊いたご飯がもし万が一まずかったらと思うと汗が出る。記事に「まずい」なんて書いたら絶交ものだ。 近しい人の毎日食べてるご飯を否定するなんてできない。

白いご飯が友情を壊す。「美味しんぼ」じゃなくてもあり得る話だと思う
この3台が古賀領
この3台が古賀領

1台のみ高級機

それでも3台では炊き比べとしてちょっと寂しい。せめてあともう1台・・・と思って頼んだのが当サイトの編集部 工藤さんだった。

編集部の面々であれば、記事に使うのだから炊飯器を貸すのも仕事のうちだ。ビジネスライクに炊飯器を貸してくれればそれでいい。
ビジネスライクに炊飯器を貸してくれた工藤さん(ビジネス中)
ビジネスライクに炊飯器を貸してくれた工藤さん(ビジネス中
工藤さんはこれぞ快諾という具合で了承してくれた。どうやら最近買い換えたばかりということで、自分ちのご飯にかなり自信ありのようだ。まさか、と思って聞いてみると、やはりちょっと値の張る機種らしい。

なるほど、そっち側か!

いやしかし、こちらは3台も年季の入ったごく普通の価格の炊飯器をそろえたのだ。高級機はたったの1台。勝機は十分にある。

いや、数で戦える問題ではないんだけど。
工藤さんの「あっち側」の炊飯器
工藤さんの「あっち側」の炊飯器
祖母宅の渋い塗りのテーブルにもまさかのマッチング
祖母宅の渋い塗りのテーブルにもまさかのマッチング

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓